10分でOK!「副詞」の意味と位置・形容詞の違いが学べる

 

 

インドネシア語も英語のように非常に副詞の種類が多いです。

 

副詞と言えば一般的には動詞や形容詞を修飾するもの!と参考書などでは言われていますが、僕のように、英語の授業は早弁(昼休み前にお弁当を食べること)する!と決めていた者にとっては少しめんどくせ~と感じてしまいます。

 

YANTI
日本語にしたら少しわかりやすいかも!

 

たとえば、「走る」という動詞に「早く」を付けて「早く走る」にすると動詞は「走る」で、動詞を修飾している「早く」が副詞の役割を果たしています。

 

そして、「きれい」に「とても」を付けて「とてもきれい」にすると形容詞は「きれい」で、形容詞を修飾している「とても」が副詞の役割を果たします。

 

YANTI
この動詞や形容詞を修飾する言葉が「副詞」!分かったかな?
YANTI
俳優の「福士蒼汰」と往年の三冠王、落合博満の息子「落合福嗣」の大ファンのヤンティがインドネシア語の副詞についてお教えしよう!
TAIKI
ああ、、、、「副詞」だけにね・・・福士蒼汰はまだいいけどさ、落合福嗣ってそれはそれでなかなかやぞ。。。日本人でも知名度そんなにないし・・・大が付くほどのファンになる要素も見当たらんし・・・
YANTI
タイキはまだまだ若いからね~、ayo(さあ)始めるよ!

 

副詞はいくつかの種類に分類される

 

YANTI
まず、知っておいてもらいたいのは、副詞って本当にたくさんの種類に分類されるんだよね~、だからまずは副詞の種類を見ておこう。別にここでは何も覚えなくってオッケーラ!「こんなのあるんだ~」って確認だけね。

 

  1. 「時」を表す副詞
  2. 「気持ち」を表す副詞
  3. 「許可・禁止」を表す副詞
  4. 「頻度」を表す副詞
  5. 「程度」を表す副詞
  6. 「否定」を表す副詞

 

TAIKI
こんなにたくさんあるんだ~!
YANTI
そうだね~、でも、インドネシア語でもたくさん使われているから簡単だよ!じゃあ、早速く詳しく見ていこう!

 

1.「時」を表す副詞

 

  • sekarang(現在)
  • hari jumat(金曜日)
  • biasanya(普段)
  • setiap jam(毎時)
  • setiap hari(毎日)
  • setiap minggu(毎週)
  • setiap bulan(毎月)
  • setiap tahun(毎年)
  • seminggu sekali(一週間に一回)
  • sebulan sekali(月に一回)
  • sebulan 2 kali(月に二回)
  • seminggu 3 kali(月に三回)
  • setahun sekali(年に一回)

 

などなど、要するに「時」を表すのは、必然的に副詞の役割もあります。そしてほかにも「時」を表す副詞というものがありますので、確認しておきましょう。

 

  • sudah(すでに)
  • telah(すでに)※sudah と同じ
  • sedang(~している)
  • tengah(~の最終)※sedangとほぼ同じ
  • lagi(また、もう一回)
  • akan(~する予定、つもり)
  • belum(まだ~しない)
  • masih(まだ~している)
  • baru(~したばかり)
  • pernah(~したことがない)
  • sempat(~する機会がある)

 

このように、akanやbaru助動詞も副詞的な役割を果たしています。助動詞に関することをもうちょっと勉強したい方は「「mau」「harus」「bisa」!助動詞を使いこなして会話を盛り上げよう!」を参考にしてください。

 

例文

 

Dulu, setiap hari saya berlari di taman, tapi sekarang saya berlari sebulan sekali.

以前、毎日私は公園を走っていました、でも今は一か月に一回しか走りません

 

 

Waktu saya pergi ke Indonesia, saya tidak sempat bertemu dengan teman.

私がインドネシアに行ったとき、私は友達に会う機会がありませんでした。

  • waktu~(~の時)※英語のwhenと一緒
  • sempat(~する機会がある、する余裕がある)
  • bertemu(会う)
  • dengan(~と)※英語のwithと一緒
  • teman(友達)

 

 

Biasanya saya makan makanan Jepang.

普段私は日本料理を食べます。

  • biasanya(普段)
  • makan(食べる)
  • makanan(料理)

 

 

2.「気持ち」を表す副詞

 

YANTI
次に見ていくのが「気持ち」を表す副詞。たとえば「楽しく演奏する」、の「楽しく」は「演奏する」という動詞を修飾しているから副詞だよ!
TAIKI
なるほど!
YANTI
※ でも、「演奏は楽しい」って文章だと「演奏」という名詞を修飾しているから「楽しい」の品詞は形容詞になるからhati hati ya!(気を付けてね!)

じゃあ、インドネシア語で「気持ちを表す副詞」はどんなのがあるのかチェーック!

 

  • ingin(~したい)
  • mau(~したい)inginと同じ
  • hendak(~したい、希望する)
  • suka(好き)
  • segan(気乗りがしない)

 

例文

 

Saya mau makan nasi goreng.

私はナシゴレンを食べたい。

  • mau~(~したい)
  • nasi goreng(ナシゴレン)※nasi(ごはん)、goreng(揚げる)

 

 

Dia hendak mengajar muridnya nanti siang.

彼女は午後に生徒を教えたいです。

 

 

Saya segan menerima surat dari pacar.

彼は彼女の手紙を受け取るのに気乗りがしない。

  • segan(気乗りがしない)
  • menerima(受け取る)※原型terima(受けとる)
  • dari~(~から)
  • pacar(恋人)

 

 

3.「許可・禁止」を表す副詞

 

YANTI
次に、「~してもいい」、「~するのはダメ」をやろう!実はこれも副詞の役割を果たすんだよ!

 

  • boleh(~してもいい)
  • wajib(~する義務がある)
  • mesti(~すべき)
  • harus(~すべき)※mestiと同じ
  • jangan(~するな)
  • dilarang(~するな)※ janganとほぼ同じ

 

Saya boleh masuk mesjid.

私はイスラムの寺院に入ってもいいです。

  • boleh~(~してもいい)
  • masuk(入る)
  • mesjid(イスラム寺院)

 

Bagi orang islam wajib melakukan sembahyang satu hari lima kali.

イスラム教徒にとってはお祈りを1日5回する義務があります。

  • bagi~(~にとって)
  • wajib~(~する義務がある)
  • melakukan(行う)
  • sembahyang(イスラム教徒が行うアラーに対する祈り)
  • satu hari lima kali(1日5回)※satu hari(1日)、lima kali(5回)

 

 

Jangan merokok disini ya !

ここでタバコを吸うな!

  • jangan~(~するな)
  • merokok(タバコを吸う)
  • disini(ここで)

 

 

4.「頻度」を表す副詞

 

YANTI
そして、「しばしば」とか、「めったに」などの頻度を表す単語も副詞の役割を果たすんだよ!下に紹介してみたよ。

 

  • jarang(めったに~しない)
  • sering(しばしば~する)
  • sekali(一度)
  • tiga kali(三度)

 

例文

 

Saya jarang tidur sebelum jam 12.

私は12時前にめったに寝ません。

  • jarang~(めったに~しない)
  • tidur(寝る)
  • sebelum(~の前に)
  • jam 12(12時)

 

 

Mereka telah bertemu dengan guru saya sekali.

彼らはすでに私の先生と一回会っています。

  • mereka(彼ら)
  • telah~(~すでに)
  • bertemu(会う)
  • dengan~(~と)
  • guru(先生)
  • sekali(一度、一回)

 

 

Saya sudah tiga kali pergi ke Bandung.

私は3回バンドゥンに行きました。

  • sudah(すでに)
  • tiga kali(三回)
  • Bandung(バンドゥン)※インドネシアの地名

 

 

5.「程度」を表す(数を修飾する)副詞

 

 

YANTI
次のものは名詞を修飾して、一見「形容詞」じゃないの?と思うかもしれないけど、ここは面倒なこところで、以下に紹介する単語はすべて副詞になるからhati hati ya!
TAIKI
へー!なるほど!
YANTI
で、この数(数を修飾する)副詞にはルールがあって、必ず副詞+名詞の順番になるから覚えておこう!

 

  • banyak(たくさん)
  • sedikit(少し)
  • kurang(足りない、あまり~でない)
  • cukup(十分に)
  • semua(すべて)
  • beberapa(いくつかの)
  • seluruh(全部の)
  • sejumlah(いくつかの)※beberapa とほぼ同じ
  • sebagian(一部)
  • sebagian besar(大部分)
  • separuh(半分、一部)
  • kira-kira(およそ)
  • kurang lebih(およそ)※kira kiraと同じ
  • sementara(一時的に)

 

例文

 

Sebagian besar orang Indonesia mandi 2 kali sehari.

大部分のインドネシア人は1日2回お風呂に入ります。

  • sebagian besar(大部分)
  • orang Indonesia(インドネシア人)
  • mandi(風呂に入る)
  • 2 kali sehari(1日に2回)

 

 

Kira kira 100 orang berkumpul di sekolah.

およそ100人の人が学校に集まります。

  • kira kira(およそ、約)
  • 100 orang(100人)
  • berkumpul(集まる)
  • sekolah(学校)

 

 

Cukup saya yang mengerti Taiki.

タイキを理解するのは私で十分。

 

 

YANTI
次にやるのは否定文!実は否定詞「tidak」も副詞の用法として使われているよ!

 

6.「否定」を表す副詞

 

YANTI
tidakなどの否定詞も副詞!次の否定詞をまずは覚えて!

 

  • tidak(~しません)※動詞・形容詞をおもに否定します。
  • tiada(~のない)
  • bukan(~でない)※名詞を否定します

 

Saya tidak suka kamu.

私は君が嫌いです。

  • tidak suka(好きではない)
  • kamu(君)

 

 

Kamu sangat aneh, tiada duanya.

君はとても変、2人としていない。

  • sangat(とても)
  • aneh(変な)
  • tiada(ない)※ tidak adaの略です
  • duanya(その2)※dua(数字の2)+nya=itu(その)

 

 

Taiki ! Jangan mencuri BH saya ! Itu bukan punya kamu !

タイキ!私のブラジャーを盗るな!これはあなたのじゃないよ!

  • jangan~(~するな)
  • mencuri(盗む)
  • BH(ブラジャー)
  • punya(持つ、所有する)

 

TAIKI
またふざけてるな・・・

 

よく会話で使われる副詞!

 

TAIKI
いっぱいあんのは、分かったんだけどさ~、特にインドネシアに行ってよく使われる副詞ってどんなのがあるの?
YANTI
まあ、どれも使うんだけども、その中でもたくさん使われるものを紹介するからぜひ参考にしてね!

 

Memang(当然)

 

Memang pembangunan ini harus kita teruskan.

当然私たちはこの工事を続けなければいけません。

  • memang(当然)
  • pembangunan(工事)
  • harus~(~しなければならない)
  • kita(私たち)
  • teruskan(~を続ける)

 

 

Mereka memang orang asing.

彼らは当然外国人です。

  • mereka(彼ら)
  • memang(当然)
  • orang asing(外国人)※asing(外国)

 

 

Pasti(きっと)

 

Pasti kamu akan bertemu dengan Yanti di Sapporo.

きっとあなたはヤンティと札幌で会うでしょう。

  • pasti(きっと)
  • akan(する予定、~するだろう)
  • bertemu(会う)

 

 

Kamu belum pasti bisa hadir di acara itu.

あなたはまだそのプログラムに出席できるか定かでない。

  • belum pasti(まだ定かでない)※belum~(まだ~ではない)
  • bisa~(~できる)
  • hadir(出席する)
  • acara(予定、プログラム)

 

 

Tentu(もちろん)

 

Taiki tentu marah kalau Yanti banyak berbicara di dalam rumah sakit.

ヤンティが病院で大きな声で話せばもちろんタイキは怒ります。

  • marah(怒る)
  • kalau(もし~ならば)
  • berbicara(話す)
  • dalam(~の中で)
  • rumah sakit(病院)

 

 

Dia tentu akan bekerja dengan baik.

彼女はもちろんよく働くでしょう。

  • tentu(もちろん)
  • bekerja(働く)
  • dengan baik(よく)

 

 

YANTI
インドネシア語ではtentuだけで「もちろん」という意味があるけど、tentu saja(aja)でも「もちろん」という意味になるよ。これはたくさん使われるからぜひ覚えておこう!

 

Mungkin(たぶん)

 

Mungkin dia orang nakal.

たぶん、彼はいたずらっ子だ

  • mungkin(たぶん)
  • nakal(いたずらな)

 

 

Orang itu mungkin tahu kamu ya.

その人はたぶんあなたを知っています。

  • tahu(知る)

 

 

Barangkali(たぶん)

 

barangkaliはmungkin(たぶん)とほとんど一緒!

 

YANTI
インドネシア人の中では「たぶん行く」をmungkin pergiというときと、barangkali pergiと2種類言うんだけど、mungkinはだいたい20パーセントぐらい行く気持ちはあるけど、あとの80パーセントはたぶん行かないよ~ってニュアンスを持っていて、いけない、あるいは断る可能性高いよ~って言い訳できるように使う。

barangkali pergiはその逆で80パーセントぐらいの可能性で行くよ!といった肯定的なニュアンスがある。駐在員でインドネシア人と仕事をする場合には、このことは頭に入れておいていいかも!

 

Barangkali dia sakit hari ini.

たぶん今日彼女は病気です。

  • barangkali(たぶん)
  • sakit(病気)
  • hari ini(今日)

 

 

Barangkali besok hujan ya.

たぶん明日は雨だ。

  • besok(明日)
  • hujan(雨)

 

 

Kiranya(~のようだ)

 

Kiranya kamu tidak jadi datang hari ini.

どうやら君は今日来れないようだね。

  • tidak jadi(キャンセルする)
  • jadi(なる)
  • datang(来る)

 

 

Kiranya dia tidak mau pergi ke Indonesia.

彼はインドネシアに行きたくないようだ。

  • tidak mau~(~したうない)
  • pergi ke~(~へ行く)

 

 

Rasanya(~のようだ)

 

Rasanya aku tidak pernah menyakiti kamu.

私はあなたを傷つけたことがないようだ。

  • pernah(したことがある)
  • menyakiti(~を傷つける)※原型sakit(痛い、病気)に「共接辞me-i」が付いた形

 

 

Rasanya kedua orang ini bukan orang baik.

どうやらこの2人目の人間は良い人ではないようだ。

  • kedua(第二の、二番目の)
  • orang baik(良い人)

 

YANTI
KiranyaとRasanyaはほぼ同じ意味を持ってるけど、kiranyaはただ状況を見て「頭を使わずに」~のようだ。と判断しているのに対して、rasanyaは実際に頭や心で感じで、~のようだ。と判断してる。

ちょっとニュアンスが違うんだよね~

 

副詞が付く位置

 

そして次に副詞が付く位置を見ていきましょう。

 

実は、副詞を付ける位置は基本的にはどこでもOKなんです。

 

たとえば、sekarang(今、現在)という副詞を使って文章を作ります。

 

例文:私の年齢は現在25歳です

 

Umur saya 25 tahun sekarang.

今の私の年齢は25歳です。

 

 

Skarang , umur saya 25 tahun.

今の私の年齢は25歳です。

 

 

Umur saya sekarang 25 tahun.

今の私の年齢は25歳です。

 

これ全部OKなんです。

 

でも、今日触れた「程度」を表す(数を修飾する)副詞の位置は固定されるんですよね。これは例外ですがこちらを頭に入れておいてください。

 

  • banyak(たくさん)
  • sedikit(少し)
  • kurang(足りない、あまり~でない)
  • cukup(十分に)
  • semua(すべて)
  • beberapa(いくつかの)
  • seluruh(全部の)
  • sejumlah(いくつかの)※beberapa とほぼ同じ
  • sebagian(一部)
  • sebagian besar(大部分)
  • separuh(半分、一部)
  • kirak-kira(およそ)
  • kurang lebih(およそ)※kira kiraと同じ
  • sementara(一時的に)

 

YANTI
これらは、副詞+名詞の順番になるんだったね!

 

Banyak orang pergi kesana.(○)

たくさんの人はそこへ行きます。

 

 

Orang pergi kesana banyak.(×)

 

 

TAIKI
そうだったね、これだけは例外で、あとは基本的に副詞の位置はOKって覚えておこう!

 

まとめ

 

副詞はよく使われますし、今日紹介したことを覚えておけば、会話もよりスムーズになりますし、しっている動詞や名詞と組み合わせるだけで、会話が盛り上がりますし、一気にインドネシア語が上達した感じになりますので、今日の例文を見て、音声を聞いて何度も身体になじませるようにしてくださいね。

 

YANTI
OK、じゃあ、インドネシア語の文法の副詞は終わったということで、今度は福士蒼汰と落合福嗣の勉強を始めるよ!じゃあ、先に落合福嗣くんから勉強して、、
TAIKI
もうええ!なんだそれ!何が学べるんだ?

 

 

ブログで書けない話を!


ブログではなかなかかけない話をメルマガで!
なかなか集まれないインドネシアが大好きな日本人と勉強会を開いたり、おすすめの勉強方法をシェアしたり・・・
そんな情報はこちらから!
今ならプレゼント付!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

TAIKI

インドネシア語学習アドバイザー。Bahasa Indonesia Speech Contest 2016、2017優勝、インドネシア語の勉強法というのがまだまだ難しく、何冊も本を買ったり、先生を変えなきゃいけない現状で、「どうにかスムーズに、しかも楽にインドネシア語を学べる」環境づくりをしています。インドネシア語ウェブメディア【美容メディアkamu cantik】【日本観光メディアperjalanan ke jepang】を運営中。飛行機には慣れません。