頻出するし触れんとしゃーない【接頭辞se-】の意味と正しい使い方

 

 

TAIKI
インドネシア語の文章を読んでいると、やたらと「se」から始まる単語を見かけるんだけど、、、
YANTI
おい!それは、接頭辞だぞ!
TAIKI
そうなの?

 

 

「接頭辞se-」には「satu」と「sama」のどっちかの意味がある!

 

YANTI
「接頭辞se-」satusamaのどっちかが省略されたと思っておけばいい!
TAIKI
「どっちか」ってなんだよ!
YANTI
まあ、そんなに怒るな!どっちかの意味しか持ってないんだから仕方ないでしょ!順番に説明していくよ!

 

1.「1」=satuを表す「接頭辞se-」

 

YANTI
実は数字のsepuluh(10)とかseratus(100)も(接頭辞se-)、つまり数字の「1」=「satu」を表してたんだよ!
TAIKI
へ~!そうなんだ!
  • sepuluh(10)
  • sebelas(11)
  • seratus(100)
  • seribu(1,000)
  • sejuta(1,000,000)
  • seorang⇒satu orang(人)
  • setahun⇒satu tahun(年)
  • sebuah⇒satu buah(個)
  • segelas⇒satu gelas(一杯)
  • sebatang⇒satu batang(本)
  • seekor⇒satu ekor(匹)
  • selusin⇒satu lusin(ダース)
  • sehari⇒satu hari(日)
  • seminggu⇒satu minggu(週間)
  • sejam⇒satu jam(時間)
  • sebiji⇒satu biji(つ)
  • sebutir⇒satu butir(粒)
  • seharian⇒satu harian(日中)
  • semalaman⇒satu malaman(晩中)

 

YANTI
ざーと挙げてみたけど、「satu」が「接頭辞se」に略されてるでしょ!こんな感じなんだ~って感覚をつかんでね!

 

 

2.「同じ」=samaを表す「接頭辞se-」

 

  • kelas(クラス)⇒sama kelas⇒sekelas(同じクラス)
  • kantor(会社)⇒sama kantor⇒sekantor(同僚)
  • kampung(村)⇒sama kampung⇒sekampung(同郷)
  • rumah(家)⇒sama rumah⇒serumah(同じ家=同居)
  • ranjang(ベッド)⇒sama ranjang⇒seranjang(同じベッド)
  • kamar(部屋)⇒sama kamar⇒sekamar(同じ部屋)
  • nasib(運命)⇒sama nasib⇒senasib(同じ運命)
  • panjang(長さ)⇒sama panjang⇒sepanjang(同じ長さ)
  • pendapat(意見)⇒sama pendapat⇒sependapat(同じ意見)

 

YANTI
これもイメージするだけでオッケーラ!じゃあ、次に実際の文章でどんな感じで使われているのかを見ていこう!

 

Dia mungkin sekampung dengan saya,tetapi saya belum pernah bicara dengannya.

彼はたぶん私と同じ故郷だけど、私はまだ彼と話したことがない。

  • sekampung(同じ故郷)※kampung(故郷)
  • mungkin(たぶん)
  • bulum pernah~(~したことがない)

 

 

Ibu Dessy sekantor dengan Yanti dua puluh tahun yang lalu.

デシーさんはヤンティと20年前は同僚でした。

  • sekantor(同僚)※kantor(会社)

 

 

Anak dia tidak bisa tidur sendiri, jadi kadang kadang seranjang dengan ibu.

彼女の子供は一人では寝られません、だから時々一緒に同じベッドにいてあげます。

  • kadang kadang(時々)
  • seranjang(同じベッド)※ranjang(ベッド)

 

 

Tiga mahasiswa tinggal serumah karena mereka bisa menghemat uang.

3人の大学生は節約するため同じ家に住んでいます。

  • mahasiswa(大学)
  • tinggal(住む)
  • serumah(同じ家)※rumah(家)
  • menghemat(節約)

 

 

TAIKI
なーんだ、こんなの余裕、余裕!
YANTI
よく言う・・・まだまだ、「接頭辞se-」は終わらないよ!どんどん複雑になってくる!!

 

 

3.「同じぐらい」を表す「接頭辞se-」

 

YANTI
形容詞に「接頭辞se-」が付くと「sama dengan~」=「同じぐらい~」って意味になるよ!

 

  • sebesar~(~と同じぐらい大きい)
  • setinggi~(~と同じぐらい高い)
  • seluas~(~と同じぐらい広い)
  • sekuat~(~と同じぐらい強い)
  • sejauh(~と同じぐらい遠い)

 

 

Anak saya sebesar Yanti.

私の子供はヤンティと同じぐらい大きいです。

 

 

Tenaga Yanti tidak sekuat Hakuho.

ヤンティの力は白鵬と同じぐらい強くはないです。

 

TAIKI
へー、白鵬よりかはそうなのか・・・
YANTI
なんで!この「se+形容詞」の場合にはdenganはつかないから注意ね!

Tenaga Yanti tidak sekuat dengan Hakuho.

これは間違いね!

 

 

4.全体を表す「接頭辞se-」

 

  • dunia(世界)⇒sedunia(全世界)
  • Jepang(日本)⇒se-Jepang(全日本)

 

YANTI
Jepangのように大文字で始まる場合には、seの後ろのハイフン「-」を入れてseJepangのようにしてね!

 

 

5.「~の後で、~の前に」など時間を表す「接頭辞se-」

 

YANTI
これは本当に文章を読んでて出てくる単語だから、単語の意味とその使い方を今覚えておこう!

 

  • sesudah(~の後で)
  • sebelum(~の前に)
  • sehabis(~の後で)

 

Sesudah kembali ke Jepang, saya akan pergi ke sekolah.

日本に帰った、私は学校に通います。

 

 

Sesudah menikah, suami istri harus berjalan senasib.

結婚した、夫婦は同じ運命を歩まなくてはいけません。

  • suami istri(夫婦)
  • senasib(同じ運命)※sama nasibと同じ。

 

 

Sebelum menonton TV, kamu harus menyelesaikan PR ya!

テレビを見るには、宿題を終わらさないといけません!

  • menyelesaikan(終わらせる)※原型:selesai(終わる)
  • PR(宿題)※pekerjaan rumahの略

 

 

Masa sih ! Sehabis makan kue, kamu makan daging sapi lagi ?

まさか!お菓子食べた後に、また牛肉を食べるの?

  • masa sih!(まさか!)
  • kue(お菓子)
  • daging(肉)
  • sapi(牛)

 

 

5.1.「~の後で、~の前に」など時間を表す「接頭辞se-」に「接尾辞-nya」が付く場合

 

TAIKI
え?nyaまで付くの・・・?
YANTI
ほーら、難しくなってきたでしょ!へっへっへ。

でも、nyaが付くと「~するやいなや」って意味になるだけだから心配しなくてもいい!さっそく見ていこう!

 

  • setibanya(到着するやいなや)
  • sekembalinya(戻るやいなや)
  • sedatangnya(来るやいなや)
  • seperginya(行くやいなや)

 

Yanti masuk angin, sekembalinya dari Indonesia.

ヤンティはインドネシアから戻ってくるやいなや風邪をひきました。

  • masuk angin(風邪をひく)
  • sekembalinya(戻ってくるやいなや)※原型:kembali(戻る)

 

 

Sedatangnya bapak Joko,para tamu tamu segera berdiri.

ジョコさんが来るやいなや、お客さんたちはすぐに立ちました。

  • sedatangnya(来るやいなや)※原型:datang(来る)
  • bapak~(~さん)※男性の敬称。
  • para tamu tamu(お客さんたち)
  • segera(すぐに)
  • berdiri(立つ)

 

YANTI
それと、さっきの「se-nya」の間に形容詞が2つ入るパターンがある!
TAIKI
え~まだあるのか・・・
YANTI
しかもその時には(できるだけ~)って意味と、(どれだけ~でも)の2つの意味を持つ!

 

  • secepat cepatnya(できるだけ早く)(どれだけ早くても)
  • sejauh jauhnya(できるだけ遠く)(どれだけ遠くても)
  • setinggi tingginya(できるだけ高く)(どれだけ高くても)
  • sebesar besarnya(最大限の)(どれだけ大きくても)
  • seindah indahnya(できるだけ美しく)(どれだけ美しくても)
  • selambat lambatnya(できるだけ遅く)(どんなに遅くとも)
  • sekurang kurangnya(できるだけ少なく)(少なくとも)
  • setidak tidaknya(できるだけ少なく)(少なくとも)
  • seramai ramainya(できるだけにぎやかに)(どんなににぎやかでも)
  • seenak enaknya(できるだけおいしく)(どんなにおいしくても)

 

YANTI
この(できるだけ~)って意味と、(どれだけ~でも)の2つの意味の違いは、文章によって意味が違ってくる!まあ例文を見てみろ!

 

Secepat cepatnya aku berlari, ngak mungkin bisa menang dari Taiki.

どれだけ速く走っても、タイキに勝つなんてありえない。

  • berlari(走る)
  • ngak mungkin(ありえない)
  • menang(勝つ)

 

 

Karena saya terlambat saya berlari secepat cepatnya.

遅れていたので、できるだけ早く私は走ります。

  • terlambat(遅れる)

 

 

Meskipun makanan itu dimasak seenak enaknya, kalau tidak baik untuk kesehatan tidak ada artinya.

たとえ、その料理をできるだけおいしく料理しても、健康に悪ければ意味がありません。

  • meskipun~(たとえ~でも)
  • kesehatan(健康)
  • arti(意味)

 

 

Kalau membuat makanan untuk pacarmu, kamu harus membuat makanan seenak enaknya!

もし、君の恋人のためにごはんを作るなら、できるだけおいしくつくらなきゃいけないよ!

 

 

Setidak tidaknya, saya tahu apa yang harus saya lakukan.

少なくとも、私は何をすべきなのかを知っています。

 

 

5.2ちょっと例外で2つ覚えよう!

 

  • sedalam dalamnya~(深く、心から)
  • sebaiknya~(~したほうが良い)

 

Aku minta maaf yang sedalam dalamnya atas perkataan yang tadi aku katakan.

私は、さっき言ったことに対して心から謝ります。

 

 

Kalau gagal, sebaiknya berusaha sekeras kerasnya.

もしも失敗したら、できるだけ激しく努力したほうが良い

  • kalau~(もし~なら)
  • gagal(失敗する)
  • berusaha(努力する)

 

 

6.限界を表す「接頭辞se-」

 

YANTI
「接頭辞se-」が付くものでさっき、「se-形容詞 形容詞+nya」で(できるだけ~)(どれだけ~でも)の2つの意味を持つよ~ってやったよね。
TAIKI
やったね。secepat cepatnya(できるだけ早く)(どれだけ早くても)とかのやつでしょ?
YANTI
そうそう、(できるだけ早く)ってのは、(できる限り早く)とも言えるでしょ。こんな感じで「接頭辞se-」には「~の限り」の意味を持つものがある。フレーズ単位で使われるから、単語とフレーズの両方を見ていこう!

 

  • setahu(知る限り)
  • sekuat tenaga(力の限り)
  • sejauh mata memandang(見渡す限り)
  • sebisa mungkin(できる限り)
  • semau gue(自己中心的な)
  • sebanyak mungkin(できる限り多く)

 

Yanti selalu bicara sekuat tenaga di dalam Japanesia.

ヤンティはいつも力の限りジャパネシアの中でしゃべります。

  • sekuat tenaga(力の限り)※kuat(強い)、tenaga(力)

 

 

Saya belajar untuk ujian sebisa mungkin.

私はできる限り試験のために勉強します。

  • ujian(テスト)

 

 

Yanti selalu marah karena sifatnya yang semau gue.

ヤンティはいつも彼の自己中心的な態度に怒ります。

 

  • marah(怒る)
  • sifatnya(彼の態度)※sifat(態度)+nya=dia(彼)
  • semau gue(自己中心的な)※gue(俺)⇒「ジャカルタ語」です。

 

 

7.ber動詞につく「接頭辞se-」は少し変化が特殊!

 

ber動詞に「接頭辞se-」が付く場合には、「接頭辞pe-」とかと同じで、少し変化が特殊になる!

 

  • berjuang(闘争する)⇒seperjuangan(戦友)
  • bermain(遊ぶ)⇒sepermainan(幼馴染)
  • bekerja(働く)⇒sepekerjaan(同僚)
  • berjalan(歩く)⇒seperjalanan(同伴者)

 

 

まとめ

 

TAIKI
うーん、とにかくいろんな形の変化があって、意味の変化があるのが「接頭辞se-」なんだな~
YANTI
何回か文章を見れば簡単に分かるから大丈夫!

じゃあ、いつも通り、今日出てきた「接頭辞se-」を使って文章作ったからちょっと読んでみて!

 

 

Yanti dan teman saya sekantor di Jakarta Setelah Yanti menikah , dia pergi ke Jepang, setibanya di Jepang di segera bekerja sebagai guru bahasa Indonesia.

Sebisa mungkin dia mengajari orang Jepang, jadi banyak orang Jepang menjadi pintar bahasa Indonesia.Oleh karena itu banyak orang Jepang berterimakasih sedalam dalamnya kepada Yanti.

Waktu itu temannya pun bekerja lagi di Jakarta sebagai guru bahasa Indonesia.Yanti dan dia merasa sebagai teman seperjuangan dan sepermainan.

Setahu saya, sejauh jauhnya mereka, mereka tetap menjadi teman.

 

単語だけをチェックする

 

訳を見る

 

YANTI
ちょっと難しいけど分かったかな!?
The following two tabs change content below.
TAIKI
暇な人。ほぼ毎朝散歩するおじいちゃんのような生活をしてます。たまに勉強会をしたり、イベントに遊びに行ったり、スピーチコンテストに出たりします、インドネシアが好きです。インドネシア人も好きです。【美容メディアkamu cantik】【日本観光メディアperjalanan ke jepang】を運営中。飛行機には慣れません。 >>詳しいプロフィール

ブログで書けない話を!


ブログではなかなかかけない話をメルマガで書いています。

なかなか集まれないインドネシアが大好きな日本人と勉強会を開いたり、おすすめの勉強方法をシェアしたりしており、自分で言うのもなんですが結構好評!な気がしてる。笑

プライベートな話とか、ちょっとした気づきもいろいろと書いています。


もっとインドネシアを知って学んで楽しもう!
今ならプレゼント付!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です