ニャんと簡単な文法!インドネシア語「nya」の使い方を例文で学ぶ

 

 

インドネシア語でよく出てくる語で特徴的なのは、「yang」、そしてもう一つが「nya」です。

 

nyaというのは単語の後ろにくっついてくるもので、僕がインドネシア語を学び始めた頃、このnyaがくっついた単語をそのまま辞書で調べてもなかなか意味が出てこなかったのです。

 

なんどもなぜだ!と思ったものです。

 

でも、このnyaの役割を覚えてしまえば、ああ、なるほど!ってなってインドネシア語をより深く理解できるようになってきました。

 

nyaってにゃんだ!

 

YANTI
nyaはとにかくたくさんの使い方があって、インドネシア語を勉強していけばたくさん出くわすことになるからね~。知る前は何かわかんないけど、知ってしまえば簡単!だから怖がる必要なし!

 

 

nyaは単語の後ろにつくといいましたが、それぞれ用法などが違います。

 

  1. 名詞+nya = (dia=彼、彼女の~)という意味になる
  2. 名詞+nya = (itu =その~)という意味になる
  3. 形容詞+nya = 名詞になる
  4. 動詞+nya = 名詞になる
  5. 特別な用法

 

TAIKI
ざっと挙げてこの5つに分類る。これだけで「なるほど!」とはならないですし、正直あんまりピンとこないと思うけど、実際にYANTIの音声を聞いて、一つ一つ細かい用法を見ていけば理解できるのでしっかりと勉強していこうぜ!

 

「名詞+nya」=「 彼、彼女の~」の意味

 

nyaが名詞の後ろについた場合には、彼の、彼女のという意味になります。

 

彼、彼女はdiaという単語なので、これが名詞の後につけばnyaに代わることがあるということです。

 

YANTI
言葉で説明していてもわかりにくいので早速例文を使って説明するよ!

 

※diaは彼、彼女、2つの意味を持っていますが例文ではすべて「彼」と訳しています。

 

Buku dia ada di dalam tas.

の本はカバンの中にあります。

  • ada(ある)
  • dalam(~の中に)
  • tas(カバン)

 

 

Bukunya ada di dalam tas.

の本はカバンの中にあります。(さっきの文章と同じ意味)

 

 

Saya pergi ke sekolah dia.

私はの学校に行きました。

 

 

Saya pergi ke sekolahnya.

私は彼の学校に行きました。(上文と同じ意味)

 

見ての通り、dia⇒nyaに代わっていますが、文章の意味は同じになります。

 

YANTI
名詞+diaよりも名詞+nyaにしたほうが言いやすいので、日常会話では基本的にnyaの方がよくつかわれるよ!

 

そして、このnyaは名詞だけに登場するわけではありません。

 

 

「名詞+nya」=「itu=その、ini=この」の意味

 

YANTI
先ほどはdiaという意味を持つといったけど、itu(その)という意味も、名詞の後のnyaは持ってるよ!

 

TAIKI
「nya」は

  1. dia
  2. itu

の2つの可能性があるってことだね。

YANTI
そゆこと!

 

 

 

Saya minum kopi itu.

私はそのコーヒーを飲みます。

  • minum(飲む)
  • kopi(コーヒー)

 

 

Saya minum kopinya.

私はそのコーヒーを飲みます。(上文と同じ)

 

 

Pesta itu sangat besar.

そのパーティーはとても大きい。

  • pesta(パーティー)
  • sangat(とても、非常に)
  • besar(大きい)

 

 

Pestanya sangat besar.

そのパーティーはとても大きい。(上文と同じ)

 

 

YANTI
ここまでで、nyaはdia(彼の)とかitu(その)といった意味を持つのだな~と理解できたね!

 

ただ、これだけではなく少し難しい「nya」の用法もあり、こちらもたくさん使われますので確認していきましょう。

 

「形容詞+nya」=「名詞」になる

 

TAIKI
形容詞って日本語で言うと「美しい」といとか「細い」とかだよね。
YANTI
そうそう、美しい「花」と言うように、名詞の詳しい説明をしてくれるのが形容詞
TAIKI
で、この形容詞が名詞になっちゃうってわけか・・・
YANTI
日本語でも、形容詞の「美しい」が「美しさ」という名詞になることってあるよね。それがインドネシア語ではnyaをつけると同じことが起きるんだよ!
TAIKI
おー、なるほどね!

 

 

Orang itu besar seperti pemain Sumo.

その大きい人は相撲のプレイヤーと同じぐらいです。

  • besar(大きい)
  • seperti(~と同じ)
  • pemain(プレイヤー、選手)※原型:main(遊ぶ)に「接頭辞pe~」が付くと「~する人」の意味になります。

 

 

Orang itu besarnya sama dengan pemain Sumo.

その人の大きさは相撲のプレイヤーと同じです。

 

YANTI
besar(大きい)がbesarnya(大きさ)に、つまり、形容詞が名詞になってるよ!

 

TAIKI
確かにね!

 

次の文章は両方名詞を使っています。

 

チェック原型(pintar)賢いの場合

 

名詞にするにはke-anで挟んでkepintaranにするかnyaを後ろにつけてpintarnyaにするかの2種類あります。

 

YANTI
ke-anは「あ!野生の【共接辞ke-an】が現れた!たたかう?にげる?」で紹介してるから読んでみてね。

 

Taiki pintarnya melebihi orang Indonesia.

タイキの賢さはインドネシア人を上回ります。

  • pintarnya(賢さ)※原型:pintar(賢い)
  • melebihi(上回る)
  • orang Indonesia(インドネシア人)

 

 

Kepintaran Taiki melebihi orang Indonesia.

タイキの賢さはインドネシア人を上回ります。

 

YANTI
じゃあ最後に少し難しい文章に触れてこの章は終わりにしましょう!

 

 

Kenaikan nilai mata uang dollar mempengaruhi mahalnya harga barang di Indonesia.

ドルの価値の上昇は、インドネシアの物価の高さに影響します。

  • kenaikan(上昇)※原型「naik」=上がる
  • nilai(評価・価値)
  • mata uang(通貨)※「mata」=目、「uang」=お金
  • mempengaruhi(影響する)
  • mahalnya(「値段の」高さ)※原型「mahal」=高い
  • harga barang(物価)※「harga」=価格、「barang」=物

 

 

そしてこういった言い方もあります。

Kenaikan nilai mata uang Dollar mempengaruhi kemahalan harga barang.

さっきの「共接辞ke-an」のことね!

ただ問題が一つ!

kemahalanでも合ってるっちゃあってるのですが、これはあまり使いません。というのもkemahalanには確かに、「高さ」という意味があるのですが、また「高すぎる」という意味も持っているからです。

へ~そういうのもあるんだ~とだけ思っておいてください。

 

 

「動詞+nya」⇒「名詞になる」

 

YANTI
通常の動詞もnyaがつくことによって名詞の働きをします。日本語で言えば「彼は走る」というのが「彼の走り」になると名詞になるよね。そんな感じだよ!

 

Bis itu berangkat pada jam 10 tepat.

そのバスは10時に出発します

  1. berangkat(出発する)
  2. jam 10(10時)
  3. tepat(ちょうど)

 

 

Bis itu berangkatnya pada jam 10 tepat.

そのバスの出発は10時ちょうどです。

 

TAIKI
あ、確かに名詞になってるね!

 

Aku menunggu kedatangan teman di Sapporo.

(私は友達の来訪を札幌で待っています)

 

datang(来る)を名詞化すると(kedatangan)

※動詞を名詞にするにはke-anで挟みます。下の文章も全く意味は同じです。

 

Aku menunggu datangnya teman di Sapporo.

私は友達の来訪を札幌で待っています。

  • menunggu(待つ)
  • datangnya(来ること、来訪)※datang(来る)
  • teman(友達)

 

 

Tahunya dari siapa ?

知ったのはだれから?

  • dari~(~から)
  • siapa(誰)

 

 

Ada tidaknya rambut tidak akan menjadi masalah yang besar.

髪の毛のあるかなしかは、大きな問題にならないでしょう。

  • tidak~(~でない)
  • rambut(髪の毛)
  • menjadi~(~になる)
  • masalah(問題)
  • besar(大きい)

 

YANTI
少しひねったけど、tahunyaもtidaknyaもこれも名詞のような働きをしてるんだよ!

 

 

そのほかの「nya」の用法

 

YANTI
今まで、そのほかにもnyaにはいろんな用法があるよ!

 

前置詞の前のnya

 

YANTI
前置詞の前にもnyaが表れる!。dengan diaなどはdenganyaという形なるということだよ!簡単だから確認していこう!

 

Yanti adalah orang terhormat, jadi orang orang harus memberi salam kepadanya.

ヤンティは高貴な人です、だから人々は挨拶を彼女にしなければなりません。

  • terhormat(高貴な)
  • hadi(だから)
  • harus~(~しなければならない)
  • memberi(与える)
  • salam(あいさつ)
  • kepada~(~に、~へ)

 

 

Saya pergi ke sekolah untuk berbicara dengan TAIKI tetapi saya tidak bisa bertemu denganya.

私はタイキと話すために学校に行きました、しかし彼と会うことができませんでした。

  • pergi(行く)
  • untuk~(~のために)
  • berbicara(話す)
  • tetapi(しかし)
  • bisa(できる)
  • bertemu(会う)

 

※ 「彼(彼女)」「それ」を示す -nya は他動詞やber動詞、,me動詞にも付きます。

 

YANTI
ber動詞は基本的に自動詞、me動詞は基本的に書き言葉に使われるけど、ここではそんなに深く意識しなくてオッケーラ!へーこんなのもあるんだ~って頭に入れておこう!

 

他動詞は目的語を取る動詞、たとえば、「食べる」と言っても「何を?」ってなりませんか?「読む」といっても「何を?」ってなりませんか?

 

要するに他動詞にはこの「何を?」ってのが必要で、この「何を?」にあたる語を目的語と呼びます。「例:本を読む⇒「読む」が他動詞、「本」が目的語」

 

Saya bertemunya di kebun binatang.

私はと動物園で会った。

  • bertemu(会う)
  • kebun binatang(動物園)※kebun(庭)、binatang(動物)

 

 

Buku ini sudah kotor karena saya setiap hari membacanya.

この本はすでに汚いです。なぜなら毎日私が読んだからです。

 

この場合のnyaはbukuのことを指しています。

 

受身の形にもつく

 

受身の形については分からない方もいるかもしれませんが、受身でも関係なくつくよ!ってだけなので確認だけしておきましょう。

 

YANTI
インドネシア語ではbacaが読む、dibacaで読まれる、diがつくと受身になるので頭に入れておこう!

 

 

Film ini ditontonya waktu Lena masih kecil.

この映画はレイナが小さい時に見られました。

  • film(映画)
  • ditonton(観られる)※原型:tonton(観る)

 

この場合のnyaはレイナのことを表しています。

 

Foto ini diambilnya di monas waktu Taiki datang ke Indonesia.

この写真はタイキがインドネシアに来た時にモナスで撮られました。

  • diambilnya(撮られる)※原型:ambil=撮る
  • monas(モナス=国家独立記念塔の名前)
  • waktu~(~の時)
  • datang ke~(~へ来る)

 

 

diambilnyaのnyaはTaikiのことを表しています。

 

 

Karena Yanti suka buku HARRY POTTER , jadi dibacanya tiga kali.

ヤンティはハリーポッターが好きなので、ヤンティに3回読まれました。

  • karena~(~なので)
  • jadi(だから)
  • dibaca(読まれる)
  • tiga(数字の3)
  • ~kali(~回)

 

dibacanyaのnyaはYANTIを指しています。

 

 

会話で使われるnyaは「強調」を表す

 

インドネシア人と会話をしていると、ものすごいnyaを使っています。

 

たしかにdiaとかituなどの意味を持っていることもあるのですが、多くの場合は訳することができない「強調」の意味で使われています。

 

YANTI
これは、例文を元に見ていこう!

 

 

Nama anda siapa ? 

あなたの名前は何ですか?

 

これは普通の文章ですよね。ただ、名前を強調したいとき、この文章にnyaを入れると次のようになります。

 

Anda, namanya siapa ? 

あなた、名前は何?

 

nyaには特に意味はないのですが、より「名前を聞きたいんだ~」と言ったニュアンスになります。

 

 

Rumah anda di mana ?

あなたの家はどこですか?

  • rumah(家)
  • di mana(どこに)

 

これもふつうの文章ですがnyaを入れてみると・・・

 

 

Anda, rumahnya di mana ?

あなた、家ってどこなの?

 

より家の場所について聞きたいといった感じ?わかりますかね?

 

YANTI
ほんのちょっとしたニュアンスの違いで、強調に気付かなくても会話としては問題ないのですが、これをマスターして実際に使いこなすことでよりネイティブに近づけるから例文を見て感覚をつかんでね!

 

Tinggi saya kira kira 150 cm.

私の身長は約150cmです。

  • tinggi(身長、高さ)
  • kira kira(約、およそ)

 

 

Saya, tingginya kira kira 150 cm.

私、身長は約150cmです。

 

 

Kamu datang ke sini jam berapa ? 

あなたは何時に来ますか?

  • datang(来る)
  • kesini(ここへ)
  • jam berapa(何時)

 

 

Kamu datangnya kesini jam berapa ? 

あなたが来るのは何時ですか?

 

TAIKI
これは何度もインドネシア人と会話してみて、頭で覚えるよりも身体で覚えたほうが良いかもね!

 

特定の言葉の一部

 

そして、最後に、よく使われるnyaを伴う言葉を紹介します。もうこれは頭に入れるしかないので、YANTIの声を何度も聞きながら覚えてみてくださいね。

 

覚えるのはこの6つ!

  1. Biasanya (普通は)
  2. Kelihatannya (~のようだ)
  3. Misalnya (たとえば)
  4. Pada dasarnya (基本的に)
  5. Sebenarnya/sebetulnya ( 実は、本当は)
  6. Pokoknya (とにかく、要するに)

 

YANTI
とりあえず、覚えておいたほうが良いこの6つ、例文と一緒に学んでいきましょう!

 

Biasanya saya bangun pada pukul setengah delapan.

普通、私は7時30分に起きます。

  • bangun(起きる)
  • ~pukul(~時)jamとまったく同じ意味です
  • pukul setengah delapan(7時半)

 

チェック「時間・時制」について勉強したい方は「簡単!インドネシア語の「時間」を時間を掛けて完全マスター」の記事を参考にしてくださいね。

 

Kelihatannya Yanti sedang memasak makanan.

ヤンティは料理しているようだ

  • sedang(~している)
  • memasak(料理する)
  • makanan(食べ物)

 

 

Saya suka makanan indonesia misalnya, nasi goreng, gado gado, sate ayam dan lain lain.

私はインドネシア料理が好きです、たとえば、ナシゴレン・ガドガド・サテアヤムなどです。

  • dan lain lain(~など)

 

 

Pada dasarnya masalahnya tidak begitu sulit ya.

基本的にはその問題はそれほど難しくない。

  • tidak begitu(それほど~でない)
  • sulit(難しい)

 

nyaはituの意味です!

 

 

Sebenarnya dia suka makan roti bakar.

実は彼はロティバカールが好きです。

  • roti bakar(焼いたパンのインドネシア料理)※roti(パン)、bakar(焼く)

 

 

Pokoknya , saya suka kamu.

要するに私はあなたがすきなの。

 

TAIKI
誰か好きな人いんの?
YANTI
ngak tahu!!(知らん!!)

 

 

まとめ

 

nyaっていうのはいろんな用法があるのが分かっていただけたと思います。

 

僕もこの記事を書いてて、ああ、そうだったな~と思いだしたりしましたが、何度も文章に触れることで、自然と使い方や訳し方は慣れてきますのでいろんなnyaに触れて、分からなかったらまたこの記事で確認していただければと思います。

 

YANTI
そんなに心配しなくてもnyaんとかニャる!!
TAIKI
そんなにそのダジャレ気に入ってんの?
The following two tabs change content below.
TAIKI

TAIKI

インドネシア語学習アドバイザー。Bahasa Indonesia Speech Contest 2016優勝、インドネシア語の勉強法というのがまだまだ難しく、何冊も本を買ったり、先生を変えなきゃいけない現状で、「どうにかスムーズに、しかも楽にインドネシア語を学べる」環境づくりをしています。インドネシア語ウェブメディア【美容メディアkamu cantik】【日本観光メディアperjalanan ke jepang】を運営中。飛行機には慣れません。

ブログで書けない話を!


ブログではなかなかかけない話をメルマガで!
なかなか集まれないインドネシアが大好きな日本人と勉強会を開いたり、おすすめの勉強方法をシェアしたり・・・
そんな情報はこちらから!
今ならプレゼント付!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

TAIKI

インドネシア語学習アドバイザー。Bahasa Indonesia Speech Contest 2016優勝、インドネシア語の勉強法というのがまだまだ難しく、何冊も本を買ったり、先生を変えなきゃいけない現状で、「どうにかスムーズに、しかも楽にインドネシア語を学べる」環境づくりをしています。インドネシア語ウェブメディア【美容メディアkamu cantik】【日本観光メディアperjalanan ke jepang】を運営中。飛行機には慣れません。