ジャパネシア定期読書会(トットちゃん)を一緒に読もう!

ジャパネシアについて

インドネシア語を使って、少しでもインドネシアにかかわる人の人生を明るく、活躍できる人を増やす。そしてその一人一人「もっと」インドネシアを好きになってもらう。これがジャパネシアの描く未来です。

ジャパネシアとは?

ジャパネシアはオンラインでインドネシア語が学べる学習サイトで、参考書に載ってない現地で使えるリアルなインドネシア語を学ぶことができます。

 

インドネシア語を分かりやすく学べるプラットフォーム

インドネシア語学習を市販の参考書で行う場合、情報が古く、「今」のインドネシアでは使われない表現・フレーズが多様されているため、いくら一生懸命に勉強をしても、現地では使えない。そういった状況がありました。

 

インドネシア語の歴史は浅く、1928年の「第2回インドネシア青年会議」にて、「インドネシア語という統一言語を使用します」という決議があり、インドネシアの公用語が「インドネシア語」という地位となりました。

 

そして、インドネシア語は非常にシンプルな言語で、難易度は世界一簡単とも言われてます。

 

FSI(米国務省機関である外務職員局)の言語の難易度調査によるとカテゴリー1よりも低い「その他」に分類されているほどです。

なのにインドネシア語が難しい?

インドネシア語は簡単なのに、インドネシア語教育の観点に関しては、10年前、20年前の参考書が当たり前のように使われて、今となっては使わない表現を一生懸命に学んでいる学習者く、現地に行くと全然わからなくて落ち込む人が多いんです。

 

プレステ5・VRゲームのこの時代に、スーファミずっとやってる感じです。

 

しかしながら、インドネシア語の進化スピードは速く、どんどん新しい表現・単語が生まれています。

 

それなのに、ウェブサイトを見たら、更新されていない古い情報ばかりで、参考書を見ても使える表現が少なく、ネイティブの講師にすら参考書を見せると「こんなインドネシア語使わないよ。」と言われる始末。

 

まったくアップデートされていないインドネシア語教育に関して少し疑問に思うことがありました。

 

ほんとに、今までちゃんと教科書通りやっても、先生からは使えない!って言われるし、本当にイライラしていました。

 

でも、それは僕だけじゃなかったみたいです。

Taiki
ネイティブのインドネシア人も「え?ナニコレ?」といったことを日本人がまじめ学んでいる。で、現地に行って何にもできない。この現状をどうにかしたいと思い開始したのが「ジャパネシア」なんだよね!
Hari
実際に現地で使えるインドネシア語、スピードの速いインドネシア語についていく最高の学習プラットフォームがジャパネシアってわけだ。
Taiki
そうだね。僕が初めてインドネシア語の学習をし始めた時に「ジャパネシア」があればなあ。
Hari
そうだな、今ではありがたいことに、ジャパネシアともっと早く出会っていればって言ってくれる人も増えたな。

 

運営者について

運営者の僕、Taikiも最初は、かなり困惑して、そのつまずいた部分をジャパネシアに残し、僕と同じような学習者が回り道をしないようにと心がけてまいりました。

 

たくさんのインドネシア語に関する質問が来て、双方向にインドネシア人と日本人がコミュニケーションが取れる場所となっており、僕自身の勉強にも役に立っております。

 

おかげ様で2016/17と二年連続でスピーチコンテストで優勝したり、ジョコウィ大統領と宮殿でお食事させていただく機会にも恵まれました。

 

2016年度(現地メディア:kompasianaより)

2017年度スピーチコンテスト

独立記念式典にて

僕はインドネシアにいたわけでもなく、インドネシアで働いた経験もなく、インドネシア人の恋人がいたことがあるわけでもなく普通の一インドネシア語学習者ですので、きっと多くの日本人学習者と同じような感じでした。

 

ですので、多くの人がつまずくところで僕もつまづきますし、まだまだ分からないことだらけですが、とりあえず頑張って学習を続けながらほかの学習者も安心して学習ができる環境づくりを2016年ジャパネシア発足以来続けています。

 

メディア掲載等(大使館主催ファムトリップについて:https://jatengpos.co.id/tak-hanya-labuan-bajo-peserta-famtrip-jepang-terpesona-dengan-keindahan-ubud/

(スピーチコンテスト優勝者特典について:https://www.kompasiana.com/genturtama/587260c9127f61e50d8fef26/kisah-warga-negara-asing-yang-tertarik-mempelajari-bahasa-indonesia?page=4

 

Hariも運営者の一人で、コンテンツ制作から、インドネシア語学習者へのアドバイスや、質問への返答などを行っております。

 

彼はダルマプルサダ大学の日本語講師で、日本語検定1級を満点で合格している、言葉のプロで、今までに何千人ものインドネシア語・日本語学習者を見てきており、実際にシーン別、例えば現地でも使えるようなフランク表現や、検定向けの硬い文章などあらゆる学習者に対応ができ、非常に親しみやすいキャラクターで、ジャパネシアのオンラインスクール、JLCの生徒とも非常に仲がいいです。

 

Hari以外にもジャパネシアには多くの日本語が堪能なインドネシア語教師が在籍しており、日本人インドネシア語学習者との交流をジャパネシアで行っております。

使えるインドネシア語が楽しく学べる

このインドネシア語のスピード感・鮮度を保ちながら、学習者が楽しく学習できるようにジャパネシアではインドネシア語の音声を多用し、ただの読み物ではなく、目で読んで、耳で聞いて学習ができるようになっています。

 

これはWEBメディアだからできることです。

 

多くのインドネシア語学習者にご利用いただいております。

https://twitter.com/eijilife/status/1251721758492614662

https://twitter.com/jepang_nesia/status/1246664640827781122

View this post on Instagram

インドネシア語の勉強再開しました✏️ 2年前、何か新しい語学したいなって思って始めたんだけど、またやる気に火が付いたので夜な夜な頑張ってます🤔 Kick-Japnesiaっていう自習サイト、スマホで見れるから、以前はcafeとかでやってました(意識高い系になりたい) 1コンテンツが短時間で終わるから、暇なとき進めようって思えるし、独特な手作り感とフレンドリーな動画が面白い(笑 @japanesia_ リンクがあるので、ちょっと覗いてみてください🎶 全くもって知識0のところから始めたから、やればやるほど読める!わかる!っていうのが快感になってます😁 JKT48の仲川遥香ちゃんのインドネシア語投稿が単語引かずに読めるようになるまで、SNSでインドネシア語で投稿できるようになるまで頑張るぞ!🙋 #おうち時間 充実中💗@japanesia_ #ジャパネシア#キックジャパネシア #インドネシア語 #kickjapanesia #インドネシア語検定 #インドネシア語勉強 #japanesia

A post shared by ぽねママ (@wa.5601) on

 

インドネシア語初心者の方も、すでに話せるけど本気で上を目指したいという人でも安心して学べるようになっています。

 

有無を言わせない圧倒的な情報量・楽しく学習できる環境、この部分がジャパネシアの強みです。

ジャパネシアの教材一覧

ジャパネシアで楽しくインドネシア語を学習できるように、ジャパネシアでは漫画から日記、昔話、それから問題集など様々な学習教材を提供しています。

インドネシア情報が満載

そして、インドネシア語だけではなく、インドネシア情報もたくさんそろえています。例えば、ビジネス・メンバー旅行記やお役立ち情報、宗教の事まで。

 

インドネシアは言葉ができればOK。というわけではなくってちゃんとインドネシア人はどんな性格なのか、宗教なのか、どんなルール、マナーがあるのか、そういった言語以外のコミュニケーションや理解も必要になります。

 

初めての方はこちらより自分に合ったレベルの学習をしたり、知りたい情報を見てみてください。

  インドネシア語の勉強
  読み物

そういった点で、インドネシアと関わる方が困ることのないように、様々な情報を網羅しています。

僕らはインドネシアと関わるあなたを応援します!

インドネシアがせっかく好き、でも言葉ができない、文化を知らないだけでインドネシアを存分に楽しめなかったり、嫌いになってしまう人もいます。

 

僕はインドネシア語を始めた時に、孤独で、仲間もおらず、やってる勉強が合ってるのかどうかもわからず不安でした。

 

そもそもやってる勉強に自信が持てずに、やってて意味あるのかな?と感じながらの勉強で効率が悪かったです。

 

こういった悩みを解決できる場所・安心できる学習プラットフォームがあったらいいな~と思っていて、それを体現したのが「ジャパネシア」です。

 

そういった思いはこちらで話していますので、ぜひ読んでみてください。

 

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

ジャパネシアのメルマガでは最新情報や
イベント情報などが受け取れます!
JLCは初月無料キャンペーン中の今お試しください!