検定にも有利!インドネシア語を独学で僕がやってること

 

インドネシア語を学ぼう!と思い立ったものの、なかなか上達が見られなかったり、実際にインドネシア人との会話となると何を言ってんのかさっぱり聞き取れなかったり、あるいは、覚えたはずのフレーズがでてこなかったり、そしてさらには一度解いたはずの問題で何度も間違えたり・・・

 

そんなことってありません?

 

僕なんて、最初一個の単語すらしらないまま、ジャカルタに乗り込んだので何度もパニックに陥ってしまいました。

 

「大学まで英語は勉強してたし、まあ、英語でなんとかなるやろ!」と調子に乗ってたのが大間違い、インドネシアに行って何度も迷子になりましたが、ほとんど英語なんて通じないし、これは独学でもなんでも勉強しなきゃヤバイ!と思ったものです。

 

そこから、いろんな本を買ったり、CDを買ったりして勉強していました。

 

たまには語学学校の先生の力も借りたり、インドネシア人の家に2か月ホームステイもしました。

 

そういった道のりの中で、このやり方だとインドネシア語を独学でも十分に学ぶことができるのでは?という方法やポイントというものを試行錯誤しながら見つけて、実際今なお僕のインドネシア語の独学方法として役立っており

 

うお~めっちゃべんきょうになる!!

 

と実感できるものをいくつか発見してきました。

 

なので、今回は独学で頑張りたい人にピッタリなやり方を紹介していこうと思います。

 

今、インドネシア語の勉強を頑張っていて、

 

「ちょっとうまくいかないな~」

とか

「インドネシア語検定C級ゲットしたい!」

とか

「インドネシア人の恋人作りたい!」

とか

「ブロックMの王様に俺はなる!」

 

といった野望の持ち主様にはぜひぜひ参考にしてもらいたいなと思います。

 

参考記事ブロックMについて気になるかたは「駐在員必見!ジャカルタ【ブロックM】のカラオケがすごい!確認しておきたいそのシステム」を読んでみてください。

 

まず、今の独学勉強方法って正しいの?

 

人間の頭ってどうしても固定化してしまって、僕も一度始めた勉強は「なんかあんまり伸びてる気がしないな~」というものでも、なんとな~~~くダラダラ続けてしまっていたりします。

 

そして、実際にインドネシア人と会話することになっても、「聞き取れない」「言葉が出てこない」という状態になって、「あれ?勉強方法間違ってたかな・・・」とションボリすることがよくあったんですよね。

 

実は、インドネシア語学習者である程度頑張った人も英語学習者である程度頑張った人も実際にしゃべれるかどうかとなると全然ダメ!といったことがたくさんあるのです。

 

そのことについては「日常会話はこれで完璧!ペラペラ+リスニング力アップの「インドネシア語脳」の鍛え方!」で詳しく述べているのですが、

 

簡単に説明すると、

 

  • インドネシア語を日本語に訳しながら読む・話す
  • 頭の中で常にインドネシア語を日本語に置き換える

 

といった癖をやめましょうということです。これは初期段階は仕方がないのですが、レベルが上がってくるにつれて脱皮するかのように、この癖から離れていかないといけません。

 

このお話に最初の段階で触れている理由は僕自身が、頑張って頑張って勉強していたにも関わらず全く現地で話せなかったから。笑

 

こんな笑えない僕の状況になってほしくなかったので、最初に少しだけでもいいですのでこのことを頭に入れておいてほしいな~と思います。

 

そして、このことを意識してもらった段階で、早速次から「僕が行っているインドネシア語の独学学習方法」について述べていきます。

 

インドネシア語の動画を見ろ!

 

いきなりですが、インドネシア語で日本のアニメがやってるの知っていましたか?

 

  • ドラえもん
  • クレヨンしんちゃん
  • ちびまる子ちゃん

 

など、日本の超有名アニメはインドネシアでも有名で、インドネシア人の若者はみんな「キャプテン翼」や「名探偵コナン」、「ドラえもん」から「ナルト」まで知ってるんですよ。

 

で、実際にテレビ放映もされていて、YOUTUBEにも動画があります。

 

とりあえずドラえもんの動画を紹介しておきましょう。

 

YOUTUBEの検索窓に「doraemon bahasa indonesia」と打ち込むとドラえもんの動画がたくさん出てきます。

 

「日本のアニメの名前+bahasa indonesia」と検索するとかなり出てきます。(※ bahasa indonesia=インドネシア語の意味になります)

 

クレヨンしんちゃんは比較的難しいですがドラえもんは比較的簡単です。でもかなり早口な部分もあるし、方言なども出てくるので、初心者の耳を慣らすにはかなり効果がありますし、僕は寝る前に毎日見ています。

 

そしてインドネシアのテレビ番組である「kelas internasional」も初心者にはおすすめです。

 

これはインドネシアのコメディドラマで面白いです。日本人を含めたいろんな国の役者がインドネシア語を話しているので結構ゆっくりしていてわかりやすい!

 

 

そしてもう少しレベルの高い勉強がしたいと思っているのであれば、「kick andy」がおすすめ!

 

これは成功者や有名人をスタジオに呼んで、インタビューをするという番組でインドネシアでは超有名です。

 

 

司会者の声も発音も良くて聞き取りやすいので勉強になると思います。動画の中で観客が爆笑しているのに僕だけ理解できずに真顔の時があるのですが・・・勉強にはなります。

 

始めはほとんど分からないと思います、が!

 

実際、動画を見てみると何をしゃべってんのかわかんない!といった状態になってしまうかもしれませんが、ここで頭に入れておいてほしいのが全部を理解できなくても全然OKということです。

 

僕がやっているのは、動画を見ていて、「あ、この単語聞いたことあるな、でも意味は分からん」といった場合、その単語をノートに書き写しておきます。

 

スペルは間違っててもOK、それをグーグルで検索してみるんです。

 

たとえば動画を見ていて「ムヌムカン」と聞こえてノートに「munumukan」と書いておきます。

 

で、あとでノートを見てこの通りの単語「munumukan インドネシア語」で検索してみます。

 

m

 

このように検索してみると・・・

 

mm

黄色でマーカーをしているところのように、グーグルのほうで正しい単語を勝手に表示してくれます。

 

これで実際に検索してみると

mmm

「menemukan」=「見つけます」という意味が出てきます。

 

そんなのたまたまだろ!!って思うかもしれませんが、高確率8割から9割ヒットしてちゃんと正しい意味が分かります。もしも、それでも出てこない場合はあきらめましょう。

 

もちろん、動画を見直して、ちゃんと意味が通るのかも確認してくださいね。

 

これには2つのメリットがあります。

 

  1. インドネシア語のリスニング力がアップする
  2. 新しい語彙を増やすことができる

 

この2つのメリットがあるのです。これを繰り返していけばインドネシア語検定C級レベルのリスニングはとっても簡単に感じますので、継続的に学習をしていくようにしましょう。

 

バタオネにおまかせし過ぎるな?

 

インドネシア語を学び始めた人が、バタオネを買って足止めを食らったという話は枚挙にいとまがありません。

 

バタオネさんというのは、インドネシア語検定にも携わっている、インドネシア語の勉強を少しでもかじっているならおそらく知っているであろう超が付くほどの有名人で、僕自身も初期段階で紀伊国屋でこの本を見つけて勉強したものです。

 

こんな感じの本
bataone

 

これをマスターすれば、C級クラスぐらいまでの問題はインドネシア語検定を解くことはできます。

 

ただね。日常会話ではほとんど使えないんです。

 

僕もこのバタオネは3周やったのですが、膨大な単語だけのページがあったり、そもそも扱うトピックが面白くなかったり、とにかく「固い」ので勉強してても楽しくないですし、必要以上にインドネシア語が難しいという印象を植え付けられちゃいます。

 

ここでマスターできる方はおそらくすごい優秀な人、だからどんどん学習していってほしいですし、今取り組んでいる人はとりあえず自分が納得するまで取り組むべきといえるでしょう。

 

ただ、「実はバタオネにお任せして心折れそうなんです・・・」といった人は何をすればいいか?と言えば「ジャパネシアを読め」と言いたいです。

 

「なんだよ!おまえのサイト見てほしいだけだろ!」と思われるかもしれませんが、僕も初心者のころは結構一生懸命にインドネシア語をバタオネを使って勉強していまし、それなりにできる自信がありました。

 

実際、インドネシア語検定の過去問をやってみても、インドネシア語検定のE級やD級ぐらいであれば全く問題なく解けるようになりました。

 

ただ、インドネシアに行ったら全くの別物。バタオネの本で学んだ知識をほとんど使うことができなかったのです。

 

これは何も、バタオネの本にが不必要であるというわけではありません。ただ、難しい文法を覚えても、現地のインドネシア人は使ってないし、ヤンティはじめいろんなインドネシア人の先生に聞いても、「バタオネ一人でやってんの!偉いね!」といわれるものの、努力と成果が結びつかずに少しもどかしさを感じていました。

 

よくよく先生に話をうかがってみると、日本人はバタオネが面白くないからやりたがらないという話をたくさん聞きました。

 

だから、もっと日常会話で使えるそして少しでも楽しく学べるようになればいいね!ということで作ったのがこのジャパネシアというサイトなんです。実際にネイティブのヤンティの声も入れて、ネイティブの発音もありますし、インドネシアに行けばどこでも聞けるような表現や文法を選んで掲載するようにしています。

 

たとえば、ber動詞の用法me動詞の用法なんかは、種類も実際に多いし、本を何ページも読んで頭に叩き込もうと思ってもなかなかうまくいかないのですが、ジャパネシアの記事であればスムーズに覚えることができるとヤンティやその他のインドネシア語の先生も太鼓判を押してくれていますので、文法関係においては当サイトを参考にしてもらえればと思います。

 

ジャパネシアで学べるインドネシア語を初歩の初歩から順番にならべた「僕がインドネシア語でネイティブに褒められるまでにやった勉強まとめ」がありますので、自分のレベルに合わせて順番に読んでいってください。

 

YANTI
毎日読んでくれてる人もいて、読むだけでめっちゃかしこくなっちゃった人もいるよ~!

 

(※ただ、バタオネしかり、そのたの本がしっくりくるという場合はそちらをぜひ使うようにして下さい。今の勉強法がなんか合わないという人だけやっていただければと思います。ある程度レベルが上がってこれば確認のために使ってみるといいです。)

 

おすすめの書籍

 

インドネシア語を学ぶために、僕は結構本を買ってきました。

 

  1. バタオネのインドネシア語講座 初級
  2. インドネシア語の辞書
  3. 男と女のインドネシア語
  4. インドネシア語レッスン初級〈1〉 ・ 〈2〉
  5. 実用インドネシア語単語集
  6. インドネシア語入門セット(キンドル)
  7. すぐにつかえる日本語-インドネシア語-英語辞典
  8. やさしい初歩のインドネシア語

 

この中でも勉強になるのはフレーズ系、

 

特に「男と女のインドネシア語」はヤンティに買ってもらって勉強しました、下ネタばかりですが非常にネイティブの表現も多く勉強になります。

 

フレーズ系は頭に入れておけば、自然とポンポンでてくるので、ものすごくコミュニケーションが簡単になりますし、頭の中で訳すこともないので、リスニングがスムーズになります。

 

ちなみに先ほど紹介したバタオネの本は「めこん」という出版社が出版しているのですがここで、本に載っている長文の音声が購入できるので、それは結構勉強になります。(難しいですが)

 

そして、こういった書籍で使われているフレーズは先ほど紹介したYOUTUBEの動画でも使われているので本の学習と動画の学習を両方行うことによって効率よくインドネシア語のレベルは上がってきます。

 

YANTI
参考書選びについて詳しく知りたい方は「【厳選】インドネシア語の勉強におすすめ参考書・書籍・勉強本をまとめたぜ!」をチェックしてみてね!

 

インドネシア語の検定は過去問を解くだけ

 

そして、インドネシア語はしゃべれる人は少ないし、これからどんどんインドネシア語検定の資格の価値は上がっていくことでしょう。

 

インドネシア語検定は「特A、A、B、C、D、E」に分かれているのですが、C級までは比較的簡単ですし、過去問を解くだけで十部に合格できると思います。

 

ただ、C級の過去問を見てみると難しい問題もあり、試験対策をしないと厳しいですので、過去問を何度も解くようにしましょう。

 

参考記事検定C級に頻出!【受動態di】を学ぶ!受け身⇔能動態の変換練習も

 

特に文法などはなかなか難しいですし、こればかりは暗記していくしかないですので、繰り返し懲りずに解いていくことでだんだんと理解が深まると思います。

 

インドネシア語検定の勉強をしようと思って、最初僕は読解は40分だからきっちり時間を計って問題を解いていたのですが、まあ、これが続かない・・・

 

40分やろうと思うとなかなか時間が取れないですし、面倒くさいのが勝っちゃうんですよね。

 

だから、少しでいいから、たとえば

 

  • 今日は長文だけを解く
  • 今日は大問3だけをやる

 

と決めて、一気に全部終わらすのではなく、少しずつ段階に分けて取り組んでいくことをおすすめします。

 

そして、絶対にやってほしいのは一度解いた問題の復習は絶対にやること!

 

これをやらないと意味がありません。

 

僕の場合は、一度間違った問題には「×」マークを付けて、完全に理解して解いた問題は「◎」を付けて、「◎」の問題は二度と解きません。

 

そして、「微妙だな~、まだ完全ではないな~」と判断したところには「△」マークを付けて、「◎」になるまで何度も日にちを空けてチャレンジします。

 

少しずつでもこの流れを繰り返すことによって、問題の解き方や傾向がはっきりとわかりますし、意外に同じような問題が出るんだな~ということもわかりますので、苦手意識というものを限りなく減らすことができます。

 

参考インドネシア語の過去問は「http://www.injcc.com/book/」で購入できます。

 

独学でのモチベーション維持はどうする?

 

mochi

本当はモチベーションなんて言葉を使うのは嫌なのですが、毎日勉強をしているとどうしてもさぼりたくなったり、今日はなんだから気が乗らないな~と思うこともあると思います。

 

僕のような元来のナマケモノはそういった傾向が非常に強いです。

 

でも、勉強をし続けることができるのには理由が3つあります。

 

  1. 優先順位を決める
  2. とりあえずやる
  3. 変な学習習慣をつける
  4. 目的を決める

 

この4つ、わかっちゃいるけどさ~ってのが本音だとは思いますが、どういう意味なのか、効果があるのか?ということを具体的に語っていこうと思います。

 

1.優先順位を決める

 

まず、何事にもまして大事なことは優先順位を決めることだと思います。

 

人生生きていれば、仕事もあるし、友達付き合いもあるし、たまにはショッピングとか旅行もしたいし、ほかにも勉強したいこともあるし・・・

 

などなど、いろんな時間を使うことってありますよね。

 

優先順位のトップに仕事がある人は仕事にお金と時間を使う傾向があるし、ショッピングが大事なのって人は、お金と時間をショッピングに費やす傾向があります。

 

だから、まずインドネシア語を真剣に学びたいと思ったなら、友達との遊びよりも、毎日やってる残業よりも、旅行に行くよりもインドネシア語を勉強することを優先してください。

 

現役インドネシア人講師にどうやって勉強すればペラペラにしゃべれるようになるのかを聞いてみた」で僕が今教わっているソニャ先生も言っていましたが、短時間でマスターしようってのがそもそもの間違いで、何事も時間をかけないとモノにならないですし、それはほかのことよりもインドネシア語学習を優先させたからこそできることだとも思います。

 

2.とりあえずやる

 

そして、次に重要になってくるのが、とりあえずやるということです。

 

とりあえず、2問解いてみる、で実際2問だけしか解かなくてもOK、で、今日はもう少しできそうと思ったら10問解いたり、一回分の過去問解くのもOK。

 

できない自分を責めてもいいことなしなので、1日休んじゃったとしても、次の日からまたやればOK。

 

最低ラインを設けておいて(たとえば1日1問、1ページなど)それをクリアしさえすればOKで、やりたかったらもっとやるし、しんどかったらやらない。

 

そして、慣れてきたら最低ラインのレベルを上げて、最低1日2問、1日2ページなどにしていくことでどんどん流れに乗ってきます。

 

やりたくないと思ってた片付けも一度手を付けると2時間ずっとやっちゃった!って経験一度はあると思います。

 

3.変な学習習慣をつける

 

これは、「1、優先順位を決める」「2、とりあえずやる」とも少し関係してくるかもしれませんが、僕自身が毎日のインドネシアの学習をあまり苦痛もなくできている理由ですのでぜひ参考にしてほしいと思います。

 

まず僕は朝起きたら昨日の晩、机に置いた2冊の本を読むところから始まります。

 

Evernote Camera Roll 20160717 220425

 

左側が「なんかの成功本」、右側が「おもしろ話集」です。

 

左がホームステイ先のインドネシア人の友達、そして右がヤンティにもらったものです。もちろん両方ともインドネシア語で書かれています。

 

これを

 

成功本は一段落だけ(一ブロックだけ)

Evernote Camera Roll 20160717 220427

 

おもしろ話は一つのお話だけ

Evernote Camera Roll 20160717 220426

たったこれだけを毎朝やります。面倒ですが10分程度で終わるのでそこまで苦痛になるわけでもありません。

 

そしてその次にやるのが作文です。日によってはかなりつたない文章を書いていて申し訳ないのですが、インドネシア語で日本の観光スポットを書いた「http://perjalanan.net/」を2016年は毎日書いていました。

 

そしてたまに、少し長めの文書の美容サイト「http://kamucantik.net/」をガッツリ更新します。

 

そして、これは少し汚い話になりますが、毎回トイレに行くたびにアイパッドを持って入って、インドネシア語を読む癖を付けています。

 

大であろうが、小であろうが、持って行ってなかなかトイレから出られない場合もあります。

 

そして寝る前には今回も紹介したドラえもんの動画を見てから寝ます。

 

これらは全部合わせても大した時間と労力にならないですが、毎日続けることによって大きな効果が実感できるようになっているので、ぜひ取り入れてもらえればな~と思います。

 

もちろん、それ以外の時間にガッツリインドネシア語検定の過去問をやったりもしているのですが、その時に学んだ単語が寝る前に見るドラえもんの動画で使われていたり、その逆があったりもするので、復習にも予習にもなっている感じでとても効率よく勉強ができてる感じがします。

 

4.目的を決める

 

「あなたがインドネシア語を勉強する目的ってなんですか?」と質問されて

 

「やはり今後の市場の伸びを予測してもですね・・・」なんて難しいこと言わなくても

 

「もしインドネシア語ができたらカッケーだろうな!」

とか

「資格取って、5年後10年後稼ぎまくってやろう!」

とか

「インドネシア人の彼女を作ろう!」

とか

YANTI
またそれか・・・

 

・・・なんでもいいですので、なんかわくわくするような目的を作ってからやってみれば、「今日は面倒だな~」「頭痛いしさぼろうかな?」と甘い言葉が自分の中から湧いて出てもこの目的を思いだして「イカン!やろう!」とまた勉強に向かうことができます。

 

もしも、まだインドネシア語を学ぶにあたって強力な目的がない!という場合には「必読!インドネシア語を勉強することのメリットを4つまとめてみた」を読んでみてください。インドネシア語しゃべれたらこんなにいいことがあるんだ~というのを感じて日々の学習に励んでみてくださいね。

 

ソニャ先生(僕のインドネシア語の先生)も「最初にインドネシア語を勉強する目的を決めてください。目的を決めたらぜったいに楽しくインドネシア語を勉強することが出来ます。」と言っていますし、確かにその通りだと僕も感じます。

 

ドラクエのレベルアップも、「ラスボスに勝つ!」とか「レベル100になりたい!」とか目的がないとやってられないですもんね。笑

 

まとめ

 

どうでしたか?

 

僕は独学で結構やってきたからこそ、この勉強法失敗したな~っていうのも結構ありました。でも僕の個人的な意見ですので、「私は独学なんて無理だから先生と一緒に勉強する」って方はそれでもいいと思いますし、そっちのほうが勉強になると思います。

 

ただ、24時間先生を雇えるわけではないですし、一人の時間にどれだけ勉強ができるかによって、語学力がどれだけ伸びるかどうかというのも決まってくると思います。

 

そのためにもモチベーションを保ちながら、変な習慣をつけて、面倒でもなんとなくやってしまう自分を作ることができればきっと、いずれはインドネシア語を習得していくこと自体も楽しくなって来ると思います。

 

そしてバタオネについては大変だけども、マスターするとかなりのレベルになりますので、できる方は、すでに購入されている方はちょっとずつでいいのでやってみて、分からないところはジャパネシアを見たり、インドネシア語の先生に聞いたりしながら少しずつ前に進んでいきましょう・・・

 

・・・っとは言ってもなかなか、インドネシア人としゃべる機会もないし、なかなか上達しているように感じないという方も多いでしょう。そういった方のためにメルマガなんかで勉強方法や勉強会の告知などをして情報共有をしているので、読んでみてもいいかな?って人は登録しておいてください。

 

インドネシア語のお勉強、、、たまには超面倒なこともありますが、一緒に頑張っていきましょうね!応援しています。

ブログで書けない話を!


ブログではなかなかかけない話をメルマガで!
なかなか集まれないインドネシアが大好きな日本人と勉強会を開いたり、おすすめの勉強方法をシェアしたり・・・
そんな情報はこちらから!
今ならプレゼント付!

1 個のコメント

  • いつも更新のたびに拝見しております。バタオネ本よりもとても参考になる情報満載で、楽しいですね。ヤンティさんのたいきさん共著本は出てないのですか?予定もありますか?ブログネタでいつか取り上げて欲しいな、と思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です