まずはコレでインドネシア語をマスター

もう迷わない!インドネシア語の時間表記の表し方と言い方!

タイキ!起きろ!

何時だとおもってんだい!

YANTI

TAIKI

ったくなんだよ!まだ午前じゃねーか。
午前には人は起きるものなんだよ、時間は有限会社なんだよ!

YANTI

TAIKI

有限だけでいい。会社はいれなくていい。
え?あ、え?

とりあえず、時間は大事にしろ!

今日はインドネシア語の時間について説明するからちゃんと聞いときな!

YANTI

TAIKI

時間と言えば「○時×分」とかのあの時間?
そうに決まってんだろ。いつ始める。

ヤンティの時限爆弾はあとどれぐらいで爆発する?

YANTI

TAIKI

えっへん。

それでは先生、早く授業の方をお願いいたします。

と、その前に、絶対に数字の知識は必要になるのでまだ数字の記事を読んでない人はチェックしておいてね!

YANTI

【保存版】インドネシア語の数字の読み方とその覚え方

「~時」を表す「~jam」「~pukul」

「jam~」と「pukul~」をまず確認しておこう!

これは両方とも「~時」を表すの。

YANTI

TAIKI

なんで?違いはあるの? 
意味も使い方も同じ。でも「jam~」の方がよく使われるね!

たとえば、6時と言う場合は、「jam enam」あるいは「pukul enam」って感じになるよ!

YANTI

「jam enam」と「enam jam」の違い

 

TAIKI

「jam enam」で「6時」って意味ね・・・カンタンカンタン!
でしょ?

「jam enam」で「6時」だね?

じゃあ、「enam jam」は?

YANTI

TAIKI

え?そのパターンもあるの?
モロチン!

「enam jam」だと「6時間」って意味になるんだよ。

YANTI

TAIKI

へーそうなんだ。

じゃあ、「enam pukul」=「6時間」もオッケーだね?

ダメ!!それはできないのよ。「~時間」と表すことができるのは「~jam」だけね!

YANTI

 

 

ここまではOK?

YANTI

TAIKI

了解了解!よく分かったぜ!

 

インドネシア語で「午前」と「午後」はどう言う?

 

じゃあ、次に「午前」と「午後」はインドネシア語でどのように言うかを見ていこう!

タイキ、これはどう言うと思う?

YANTI

TAIKI

んー、英語で言えば「am」とか「pm」があるよね?

こういったのがインドネシア語でもあるんじゃないの?

おいおいセンスがないのはその顔だけにしてくれや。

ほな行くで!

YANTI

TAIKI

なっ、なんで急に関西弁・・・
インドネシア語では時間の後ろに「朝」「昼」「夕」「夜」をつけて時間帯を指定するんだよ。

YANTI

 

インドネシア語の「時間帯」は次の4つで表される
  1. pagi (朝)
  2. siang(昼)
  3. sore(夕方)
  4. malam(夜)

 

これをさっきの「6時」=「jam enam」につけてみると・・・

6時」=「jam enam pagi

6時」=「jam enam malam

のような感じになるの。

YANTI

TAIKI

うーん、なるほどね!

あ、でもさぁ、たとえば「10時」、これって人によっては「朝」って人もいるだろうし、「昼」っていう人もいると思うんだけど・・・

厳密に「pagi」は何時から何時まで!siangは何時から何時まで!!ってキッチリ決まってるわけじゃなくて、まあザックリでオッケーラ!

インドネシア人全然気にしない!

あえて言えばこんな感じかな?大体でOKだけど・・・

YANTI

 

インドネシアの時間指定はこんな感じ

 

※スマホとかにダウンロードして覚えてね!

一覧表にしてみたよ!

スマホの人は横にスライドできるからチェックしてみてね~。

YANTI

一度ざーーーーーと目を通してみてね!
※スマホは横にスライドできます。

 

pagi(朝)siang(昼)sore(夕方)malam(夜)
jam lima pagi
(朝5時)jam enam pagi
(朝6時)jam tujuh pagi
(朝7時)jam delapan pagi
(朝8時)jam sembilan pagi
(朝9時)jam sepuluh pagi
(朝10時)
jam sebelas siang
(昼11時)jam duabelas siang
(昼12時)jam satu siang
(昼1時)jam dua siang
(昼2時)jam tiga siang
(昼3時)
jam empat sore
(夕方4時)jam lima sore
(夕方5時)jam enam sore
(夕方6時)
jam tujuh malam(夜7時)
jam delapan malam(夜8時)
jam sembilan malam(夜9時)
jam sepuluh malam(夜10時)
jam sebelas malam(夜11時)
jam duabelas malam(夜12時)
jam satu malam(夜1時)
jam dua malam(夜2時)
jam tiga malam(夜3時)

 

実際にpagi, siang, sore, malamをつけてみよう
  • 午前6時⇒pagiを後ろにつける⇒ jam enam(6) pagi
  • 午後6時⇒soreを後ろにつける⇒jam enam(6) sore
  • お昼1時⇒siangを後ろにつける⇒jam satu(1) siang
  • 夜の9時⇒malamを後ろにつける⇒jam sembilan(9) malam

 

分かった?

YANTI

TAIKI

オッケーラ!そんなに難しくないね!
いいね!じゃあ、早速一緒に発音して確認して慣れていってね!

YANTI

 

一緒に発音してみよう!

Jam sebelas siang.

午前(お昼の)11時。

  • jam~(~時)
  • sebulas(11)
  • siang(昼)

 

一緒に発音してみよう!

Jam sepuluh malam.

夜10時。

  • jam~(~時)
  • sepuluh(10)
  • malam(夜)

「~分」はどうあらわす?

 

そして、次に確認すべき点は「~分」ね!

「~分」は「menit」であらわされるんだよ。じゃあ、例文だ~~!!

YANTI

 

一緒に発音してみよう!

Lima menit.

5分。

  • lima(5)
  • ~menit(~分)

 

一緒に発音してみよう!

Limabelas menit.

15分。

  • limabelas(15)
  • ~menit(~分)
ここまではOK?

YANTI

TAIKI

オッケーラ! やっぱりオレって天才なのかな~。神武以来の・・・
んなわけないだろ、将棋で言えばオマエは・・・うーん・・・

YANTI

TAIKI

どうせ「歩」って言いたいんだろ?
お前に「歩」はもったいない、「捨て駒」だな!

次行くぞ!ジャパネシアの捨て駒!

YANTI

TAIKI

捨て駒っていうなー!

 

何時何分という時に使う「lewat」という単語

 

今までに「~時」というのと「~分」というのをやったね。

「~時~分」と言う場合には「lewat」という単語を使うよ!

YANTI

TAIKI

「lewat」ってどういう意味?
「~過ぎの」という意味。

たとえば「1時5分」は「jam satu lewat lima menit」になる。

YANTI

TAIKI

なるほど、「1時から5分すぎた」といったような意味になるんだね?
そうそう、これは簡単だね!

別の時間でも見てみよう!

YANTI

 

「6時42分」をインドネシア語で!

Jam enam lewat empat puluh dua menit.

6時42分。

  • jam~(~時)
  • enam(6)
  • lewat~(~過ぎの)
  • empat puluh dua(42)
  • ~menit(~分)

 

TAIKI

余裕余裕!

 

「30分」と「15分」の言い方

 

一緒に発音してみよう!

Tiga puluh menit.

30分。

  • tiga puluh(30)
  • ~menit(~分)

 

TAIKI

ふつーじゃん・・・
でも、30分は、別の言い方があるんだよ、それが次!

YANTI

 

一緒に発音してみよう!

Setengah jam.

30分。

  • setengah(半分)※setengah jam=1時間の半分⇒「30分」
  • jam(時)

 

日本でも「○時」というように、30分を言うときに「」っていうでしょ?

インドネシア語で言えばこれは「setengah jam」なのよ。

YANTI

 

一緒に発音してみよう!

Lima belas menit.

15分。

  • limabelas(15)
  • menit(分)

 

実はこれも別の言い方があって・・・

YANTI

 

一緒に発音してみよう!

Seperempat jam.

15分。

  • seperempat(4分の1)
  • jam(時)

 

seperempat(4分の1)

つまり「seperempat jam」は「1時間の4分の1」ということで「15分」になるんだよ!

YANTI

TAIKI

ほうほう~! 難しい単語だな~。
実はこの「seperempat」は「se per empat」に分けることができる、「se」=「satu」、つまり「1」の省略でperは「毎~、~ごと」の意味、そして残りは「empat」これは数字の4だね。

YANTI

TAIKI

あ!ほんとだ!satu per empat・・・

だから4分の1なのか!

そういうこと!

じゃあ、「30分」と「15分」の言い方をまとめてみるよ!

YANTI

 

「30分」と「15分」の言い方
  • 30分=tiga puluh menit=setengah jam
  • 15分=limabelas menit=seperempat jam

 

30分は「半分 」、「2分の1」の意味を持つ「setengah」を使う!

15分は「1時間の4分の1」の意味を持つ「seperempat」を使う!

YANTI

 

MEMO

「se」は「satu」の省略形。「例:satujuta=100万⇒sejutaに変形可能」

頻出するし触れんとしゃーない【接頭辞se-】の意味と正しい使い方

 

「45分」のインドネシア語特有の言い方

 

TAIKI

あ~めんどくせ~な!

別に「15」分なんだから「lima belas menit」でよくない?

なんだよ、「seperempat」って、長いし使いにくいわ!

Nggaaaak boleh!!!!!(ダメ!!!!)

だって、「45分」を示す時にもこの「seperempat」は使うんだから!

YANTI

TAIKI

そのパターンもあるのか・・・
じゃあ、一緒に見ていこう!

YANTI

 

一緒に発音してみよう!

Empat puluh lima menit.

45分。

  • empat puluh lima(45)
  • menit(分)

 

次はseperempatを使った「45分」の言い方ね!

YANTI

 

一緒に発音してみよう!

Jam satu kurang seperempat.

0時45分。

  • jam
  • kurang(マイナス、足りない)

 

TAIKI

えーっと、ごめん。

さっぱりわからん。「kurang」って出てきたぞ!なんじゃこれは・・・

 

kurangは(マイナス、足りない)っていう意味、Jam satu kurang seperempat.の場合・・・

「Jam satu=1時」(kurang=マイナス)「seperempat(15分」=答え!

分かった?

YANTI

TAIKI

あ、なるほど!

1時ー15分=0時45分ってことね!

あー、なんで時間を表すのに「引き算」するんだよ・・・

最初はそう感じるかもしれないけど、慣れたらこっちの方が言いやすいよ。

YANTI

 

TAIKI

うーん・・・どうだかな~。
実は、さっき見た「setengah」も引き算になってるんだよ?

YANTI

TAIKI

ん?どいうこと?
問題!

「jam setengah tiga」

これは何時でしょうか?

今ジャパネシア見てるあなたも考えてみて!

YANTI

TAIKI

jam~(~時)、setengah(半分)、tiga(3)だから

3時半じゃないの?

Nggaaaaaaaak!!!!!!(ちがーーーーう!!!!!)

「jam setengah tiga」は「3時の半分」ってニュアンス!だから、「2時半」になるの!

「jam setengah tiga」=「2時半」

これが正解!

YANTI

TAIKI

マジ!

慣れるのに時間がかかりそうだな・・・

でもでも!ルシに、時計を使って時間を教えてもらったから復習のため、確認のためにチェックしてみて!

 

インドネシア語の「時間」に関するフレーズ集

 

TAIKI

そインドネシアに行くと時差も違えば日照時間も違ってくるから、インドネシアではたくさん時間を聞くことがあるんだよね~。
その時の質問は「Jam berapa?」=(ジャム・ブラパ?)になるよ!

「berapa?」=「いくつ?」っていう意味ね!

YANTI

 

一緒に発音してみよう!

Sekarang jam berapa ?

今何時ですか?

  • sekarang(今、現在)
  • jam berapa(何時)※jam(時間)、berapa(いくつ)

 

一緒に発音してみよう!

Sekarang jam setengah tiga.

現在2時半です。

  • jam setengah tiga(2時半)※tiga(3)の半分(setengah)で2時半という意味になります。

 

一緒に発音してみよう!

Jam delapan kurang seperempat.

7時45分です。

  • delapan(8)
  • kurang(不足、足りない)
  • seperempat(4分の1)
なにぼけーっとしてる!

疲れたと思うけど。短い文章からラスト頑張ってね~!

YANTI

 

一緒に発音してみよう!

Tolong datang ke sini jam tiga tepat.

3時ちょうどにここへ来てください。

  • tolong(~してください。)
  • datang(来る)
  • ke sini(こちらへ)
  • jam~(~時)
  • tiga(3)
  • tepat(ちょうど)※英語で言えば「o’clock」

 

一緒に発音してみよう!

Dari rumah sampai Grand Indonsia makan waktu kira kira berapa menit ?

家からグランドインドネシアまでおよそ何分かかりますか?

  • dari ~(~から)
  • rumah (家)
  • sampai ~(~まで)
  • Grand Indonsia(グランドインドネシア、インドネシア最大級のモール)
  • makan waktu(時間がかかる)※makan(食べる)、waktu(時)=英語のwhen
  • kira kira (およそ)
  • berapa menit(何分)※berapa(いくつ、いくら)、menit(分)

 

一緒に発音してみよう!

Kira kira empat puluh lima menit.

およそ45分です。

  • kira kira (およそ、約)
  • empat puluh lima(45)
  • menit(分)

 

MEMO
tepat(ちょうど)という表現は日本人がインドネシア人と仕事をするときにはよく使います。
ヤンティもそうですが、インドネシア人は時間にルーズですので注意する時には以下の表現が使えます。

 

一緒に発音してみよう!

Tepat waktu.

時間通りに。

  • tepat(ちょうど)
  • waktu(時間)

 

一緒に発音してみよう!

Ketepatan waktu.

時間厳守。

  • ketepatan(正確、精密)
  • waktu(時間)

 

「7時45分」をインドネシア語で!

Jam tujuh lewat empat puluh lima menit.

  • jam~(~時)
  • tujuh(7)
  • lewat~(~過ぎの)
  • empat puluh lima(45)
  • ~menit(~分)

 

7時45分はJam delapan kurang seperempat.でもOKだよ!

YANTI

 

「12時45分」をインドネシア語で!

Jam duabelas lewat empat puluh lima menit.

12時45分。

  • jam~(~時)
  • duabelas(12)
  • lewat~(~過ぎ)
  • empat puluh lima(45)
  • ~menit(~分)

 

これはもう一つの言い方があるよ!

別パターンの言い方なんだったっけ?

YANTI

 

「12時45分」をインドネシア語で!

Jam satu kurang seperempat.

12時45分。

  • jam~(~時)
  • satu(1)
  • kurang(マイナス)
  • seperempat(4分の1)

 

一緒に発音してみよう!

Kemarin jam berapa kamu tidur ?

昨日何時に寝ましたか?

  • kemarin(昨日)
  • tidur(寝る)

 

一緒に発音してみよう!

Aku tidur jam setengah duabelas.

私は11時半に寝ました。

  • aku(私)※sayaと同じ
  • tidur(寝る)
  • jai~(~時)
  • setengah duabelas(11時半)※setengah(半分)、duabelas(12)

 

一緒に発音してみよう!

Duapuluh menit lagi filmnya dimulai.

20分後、その映画が始まります。

  • duapuluh(20)
  • ~menit(~分)
  • lagi(~その後) ※いろんな意味があります。
  • filmnya(その映画)※film(映画)+nya=itu(それ、その)
  • dimulai(始められる)※原型mulai(始まる)が受け身となっています。

 

意味がいっぱい!saja・lagi・jugaの使い方で一気にネイティブに近づけ!

 

一緒に発音してみよう!

Pelajaran selesai satu jam setengah lagi.

あと一時間半で授業は終わります。

  • pelajaran(授業)
  • selesai(終わる)
  • satu jam(1時間)
  • setengah(半分)
  • lagi(後)

 

TAIKI

あー、もうこんな時間、終わろう・・・
長すぎたかな?

YANTI

TAIKI

やばいっしょ、もうダメ・・・

 

これからは時計を見るたびにインドネシア語で表現するクセをつけておきな!

そうすれば、1か月もあれば十分にマスターできるからさ!

YANTI

 

2 Comments

匿名

TAIKI 様
selamat siang..kenalkan nama saya Mika Murai.
タイキさん、こんにちは。
初めてコメントさせて頂きます。
私は、主人の海外赴任により昨年12月に帯同来イし、来月には来イ1年になります。
現在、JCCではなくABACにてバハサ勉強中…ですが、ここの所ドライバーさんとのやり取り(行き先や何時に迎えにきて下さい程度)が少しずつ出来るようになってきたせいか、勉強に対する意欲が低下しておりました。
インドネシア語の辞書を引く頻度も極端に減りダラダラ過ごしてる感じです。
でもやはり、インドネシアにせっかく居るのだから最低でもE検定合格したい、日常会話をもっとスムーズにこなしたいとインターネットを見ていたらタイキさんのブログにお会いしました。
読んでるだけで面白くて、独学勉強法等とても参考になります。
接頭辞se,me動詞…sajaって「だけ」だけじゃないのー!なんて…色んな意味があって頭の中混乱してた今日この頃でした。これからスクールでもme動詞に入るので更に混乱しそうですが、タイキさんのブログを参考にさせて頂きながら気持ち新たに頑張ります!
単語…覚えるの大変ですが、語彙数増やしてインドネシア人の方々と会話が楽しいと思える様になりたいです。
長文になり失礼しました。
タイキさんのブログでバハサに向かうヤル気スイッチ押して頂いた様です。
terima kasih banyak!! saya semangat ya.

返信する
TAIKI

コメントありがとうございます。

インドネシアに住んでいて、語学学校にも通ったことがありますが、と~ってもインドネシア語を勉強するのには良い環境だと思います!
ですので、どんどん運転手さんにも話しかけて、ジャパネシアで学んだフレーズなどを使っていただければと思います!

インドネシア語検定E級とはいわず、D級も、ジャパネシア読むだけでも十分に狙えますので頑張っていただければと思います。

me動詞・・・慣れるの大変だと思いますが、頑張ってくださいね!!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください