あ!野生の【共接辞ke-an】が現れた!たたかう?にげる?

 

最近ポケモンGOが流行っているので、なんにでも「野生の~」とつけたがるタイキです。

 

YANTI
おい!
TAIKI
あ!野生のヤンティが現れた!!!ポケモンGOやってるかい?
YANTI
なんだ、「野生」って!なんだ「ポケモンGO」って・・・よし、こうなったら勝負だ!
TAIKI
!!!???
YANTI
いけ!共接辞ke-an!!君に決めた!!!!
TAIKI
おい!絶対、ポケモン知ってるでしょ、何なんだ??
YANTI
なんだかんだと聞かれたら、答えてあげるが世の情け、世界の平和を守るため・・・
TAIKI
ロ、ロケット団!!・・・ってもうええ!!
YANTI
おだまり!ムサシ
TAIKI
俺がムサシ?だったの?じゃあお前誰だよ!

 

えーと、無駄な前書きが長くて、かなりひんしゅくを買っているであろう当サイトジャパネシアです。すみません。

 

さてさて、インドネシア語を読んでいると、ポツポツ出現する「共接辞ke-an」なのですが、共接辞っていうのは接頭辞と接尾辞がセットになっているもので「頭にke、最後のおしりにan」が付くのでこのように呼ばれます。

 

入門、初級レベルではまだ勉強しなくてもいいですが、少しインドネシア語ができて、ke-anによく出くわすようになった方はぜひ意味の確認をしてもらいたいと思います。

 

特に、インドネシア語検定(中でもC級以上)を受けようと思っている方は、文法問題でもよく出て来るので学習しておきましょう。

 

参考記事インドネシア語検定のスコアアップを目指したい方はこの記事と一緒に「インドネシア語検定C級の難易度が超簡単に?検定受けたことない僕が真剣に対策を考えてみた」お読みください。

 

YANTI
もし、ke-anができればホワイトホール、白い明日が待ってるぜ!にゃーんてな!!
TAIKI
おい、いつまでポケモン引きずってる!あと、「にゃーんてな」は俺に言わせてくれよ・・・(この会話意味分からない人、申し訳ねえ・・・)

 

「ke-an」の間には単語の原型が入ります。たとえば「panas=暑い」は「kepanasan=暑さ」になります。

 

その際に意味が変わるのですが、その変わり方が様々で、ややこしい・・・

 

ちょっとまず動画を作ってみたのでご覧になってください。

 

 

「共接辞ke-an」が付いた時の意味の変化

 

YANTI
でも、慣れると簡単!大きく分けると4つになる!多い順に紹介するからひとつひとつチェックしていこう。

 

  1. 名詞になる
  2. ~すぎる
  3. 被害や受身
  4. 例外、特別な意味を持つ

 

1.名詞になる

 

「ke-an」で挟まれた単語を見つけたらとりあえず「名詞」と考えてみるのがいいです。もちろん原型の単語の意味を知っていることが前提ですが、原型を名詞化するだけで意味が通じることが多いです。

 

だからどれだけ原型から名詞を想像できるか?ここがポイントになります。

 

YANTI
例を見るとイメージできると思うから、チェックしてみて~!

 

  • sehat(元気な)⇒kesehatan(健康)
  • tinggi(高い)⇒ketinggian(高さ、高度)
  • ada(ある)⇒keadaan(状況)
  • menang(勝つ)⇒kemenangan(勝利)
  • mewah(豪華な)⇒kemewahan(豪華)
  • sayang(いとしい)⇒kesayangan(愛する人)
  • simpul(結ぶ)⇒kesimpulan(結論)
  • percaya(信じる)⇒kepercayaan(信仰)
  • nyata(明らかな)⇒kenyataan(事実)
  • tenang(静かな)⇒ketenangan(静けさ、平穏)
  • nyaman(快適な)⇒kenyamanan(快適さ)
  • bersih(清潔な)⇒kebersihan(清潔さ、衛生)

 

TAIKI
なるほど~!簡単に意味の変換ができるものもあるけれど、simpul(結ぶ)というのがkesimpulan(結論)になったりするのはちょっと難しいね。
YANTI
そうだね~、この部分は慣れが必要だけど、変換するときに「~のこと」ってつけると意外に意味通じるからとりあえず、「~のこと」ってつけてみて!
TAIKI
ん?どういうこと?
YANTI
たとえばね「sehat(元気な)⇒kesehatan(健康)」だと、「元気」から直接「健康」に変換することは難しいよね。だから「元気」⇒「元気なこと」ってすれば、「元気なこと」⇒「健康」になるってわけ!だとしたら連想しやすいよね。
TAIKI
ほうほう、なるほど~

 

多くの場合は「名詞に変換」するだけで意味が通じちゃうke-anなのですが、中には特殊な意味に変化する場合もあります。

 

ですので、名詞化できない場合には、次の2~4の訳し方を当てはめる必要があります。

 

2.~すぎる(terlalu)

 

  • besar(大きい)⇒kebesaran(大きすぎる)
  • manis(甘い)⇒kemanisan(甘すぎる)
  • malah(価格が高い)⇒kemahalan(高すぎる)

 

YANTI
これなんかは市場とかレストランとかでよく使われるよ!

 

3.被害や受身を表す

 

YANTI
さっきの「~すぎる」と同じぐらい使われるのが「受身・被害」のke-an。結構インドネシア語検定にも出てくるけど、覚えてしまったら簡単だからしっかりとマスターしよう。この変化をする単語は限られるよ!

 

  • hujan(雨)⇒kehujanan (雨に降られる)
  • panas(暑い)⇒kepanasan (暑さに苦しむ)
  • tinggal(住む、残る)⇒ketinggalan ~ (~に取り残される)
  • copet(スリをする)⇒kecopetan ~ (~をスられる)
  • banjir (洪水)⇒kebanjiran (洪水の被害に遭う)

 

TAIKI
天気とか災害に関するものが多いのはチェーーック!!!

 

ただし!「被害」だけじゃなくて「ただの受身」もある

 

bagi(分ける)⇒kebagian (配分をもらう、分け与えられる)
sampai(届く、つく)⇒kesampaian (達成する、叶う)

 

「自然にそうなること」のke-an

 

無意識的にそうなってしまうようなこと(自発と言います)もke-anで表現されます。受身とまでは言えないかもしれませんが、なにかに影響されて自然にそうなってしまうという点で受身に近いのでこちらで紹介します。

 

lihat(見る)⇒kelihatan (見える)
dengar(聞く)⇒kedengaran (聞こえる)
tidur(寝る)⇒ketiduran(うたたね)
malam(夜)⇒kemalaman(「気づいたら知らないうちに」遅れて夜になってしまう)

 

YANTI
意図せずに」見えたり、聞こえたりするってことね!

 

4.例外:特別な意味を持つ「ke-an」

 

少し難しい文法「共接辞ke-an」ですが、1~3まである程度理解できていたら日常会話で困ることはないです。

 

ただ、ke-anには例外もあるので、しっかり学びたい方は頭に入れておきたいところ!しかも、ポツポツインドネシア語検定では出てくる可能性があるので、まだまだやってやるぜい!って方は読んでみてください♪

 

国とかに関係する「ke-an」

 

  • warga negara(国民)⇒kewarganegaraan (国籍)複数語だけどke-anが付きます。※原型:warga(メンバー)、negara(国)
  • berhasil(成功する)⇒keberhasilan (成功)
  • pemimpin(リーダー、指導者)⇒kepemimpinan (リーダーシップ)
  • duta(公使、使節)⇒kedutaan (公使館) ⇒kedutaan besar (大使館)
  • raja(王)⇒kerajaan (王国)
  • camat(群長)⇒kecamatan (郡)

 

~「色」っぽい

 

YANTI
色っぽいってヤンティのことか?
TAIKI
違います。説明お願いします。
YANTI
オッケーラ!「色」をke-anで挟むと~「色っぽい、~色がかった」って意味になるんだよ!その時に色は2回繰り返す!次のように!

 

  • putih(白)⇒keputih-putihan(白っぽい、白みがかった)
  • merah(赤)⇒kemerah-merahan (赤っぽい,赤みがかった)

 

 

否定が付く「ke an」

 

tidak adil(不公平な)⇒ketidakadilan(不公平)※tidak~(~でない)、adil(公平)

 

特別な「ke-an」

 

pulau(島)⇒kepulauan(諸島)

 

YANTI
インドネシアにはたくさん島があるからkepulauanって単語はよ~く出てくるよ!

 

練習問題

 

最後に、今日出てきた「ke-an」の単語などを交えて練習問題にしてみたので、文章の中でke-anがどういった意味を持つのかを答えてみてください。

 

もちろん、一度この記事を読んだだけで全部分かる必要はないですので心配せず、何回か「訳と単語を確認する」をクリックしたりして頭に叩き込んでくださいね。

 

Kesehatan ayah sangat baik jadi tidak usah pergi ke rumah sakit.

訳と単語を確認する

 

 

Gedung kedutaan besar Jepang sangat besar dan indah.

訳と単語を確認する

 

 

Kenaikan harga barang Jepang sangat aneh.

訳と単語を確認する

 

 

Kemanusiaan dia sangat baik.

訳と単語を確認する

 

 

Keberadaan Ichiro sangat besar untuk tim Jepang.

訳と単語を確認する

 

 

Kecantikan dia sangat menarik.

訳と単語を確認する

 

 

Kepribadian seperti dia jarang ditemukan.

訳と単語を確認する

 

 

Celana ini kekecilan untuk dia.

訳と単語を確認する

 

 

Dia kehilangan pekerjaan.

訳と単語を確認する

 

 

Saya kecurian dompet di Bali.

訳と単語を確認する

 

 

Suara anak anak itu kedengaran , meskipun mereka ada di sekolah.

訳と単語を確認する

 

 

Wajah kamu kebiru-biruan!

訳と単語を確認する

 

 

まとめ

 

どうでしたか?ke-an・・・

 

  1. 名詞になる
  2. ~すぎる
  3. 被害や受身
  4. 例外、特別な意味を持つ

 

こうやって分類すると難しく感じますが、基本的には「名詞」か「~すぎる」になります。ですのでもしke-anの単語に出会って、意味が分からない場合は「名詞」か「~すぎる」で考えてみてください。

 

TAIKI
ke-anって難しいと思ってたけど何度も見たことある単語もあるし、自然に覚えちゃってるのもあるな~、だけどまだまだ分からないものもあるからちゃんと勉強しなきゃ!
YANTI
でしょ?慣れたらそんなに難しくないし、ke-anで挟まれた原型を見ればなんとなく意味は分かるようになるからそんなに心配しなくてもオッケーラ!ヤンティもう疲れたからポケモンセンターで休んでくる!
TAIKI
・・・・・・・・・・・はーい!いってらっしゃーい!

ブログで書けない話を!


ブログではなかなかかけない話をメルマガで!
なかなか集まれないインドネシアが大好きな日本人と勉強会を開いたり、おすすめの勉強方法をシェアしたり・・・
そんな情報はこちらから!
今ならプレゼント付!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です