検定C級に頻出!【受動態di】を学ぶ!受け身⇔能動態の変換練習も

 

 

受動態」って英語でも習ったことあるかもですが、もちろんインドネシア語にもあります。

 

ちょっとでもインドネシア語をかじったことをある人なら、なんとなくdiを付けたら「~される」という意味になるだけ覚えていますが、それじゃあ、全然不十分。

 

だから、受動態を覚えようと思ったら一度しっかりと勉強することをお勧めします。

 

受動態は、本や会話でもよく出てくるのですが、特にインドネシア語検定のC級に毎回のように出てきます。「この受動態の文章を能動態に変換してください。」とか、その逆で、「能動態の文章を受動態に変換してください。」とかわりとメンドイのが出ます。

 

YANTI
やだねーー!!

 

毎試験、1~2問出題されていますので、C級に合格したいのであれば落としたくないところです。

 

一度覚えてしまえばそこまで難しくないですので、勉強していきましょう♪

 

参考記事インドネシア語検定C級の合格を目指しているのであれば「インドネシア語検定C級の難易度が超簡単に?検定受けたことない僕が真剣に対策を考えてみた」も一緒に読んでみてくださいね♪

 

受動態ってナンダ?

 

能動態が受動態になるには条件があり、能動態⇒受動態になるときにその条件が必要になります。受動態を理解するためには、自動詞他動詞がしっかり頭に入っていないと理解が難しいですので、まずはそこの部分の確認から始めましょう。

受動態をしっかりとマスターするためにはインドネシア語の自動詞と他動詞をしっかりとマスターしていないといけないのでまず「【たったこれだけ!】インドネシア語の自動詞と他動詞をマスターしよう」でしっかりと自動詞と他動詞の違いや構造をしっかりと頭に入れておいてください。

 

TAIKI
んーなんとなくむずかしそうだな~
YANTI
Ngaaak!!! 一度理解できれば簡単なのよ!
TAIKI
そうとは思えないんだけどな~
YANTI
オッケーラ!説明してやろう!

Saua mengirim(=送る) surat(=手紙)「訳:私は手紙を送ります」

と言う文章があるとするでしょ。この時、memgirimの目的語はsuratだよね。

こんな感じで、目的語を持てる動詞のことを「他動詞」っていうの!で、他動詞だけが受動態に変更できるってわけ!

 

 

%e4%bb%96%e5%8b%95%e8%a9%9e%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%ef%bc%92

 

YANTI
さっきのSaya mengirim suratという文章(能動態)

  • saya=主語
  • surat=目的語

目的語が付くからmengirimは他動詞!「主語⇒動詞⇒目的語」の順番を「目的語⇒主語⇒動詞」の順番にできる。これを受動態っていうの!

TAIKI
Saya mengirim suratを受動態にすると、、、

 Surat mengirim saya」じゃないの?

YANTI
Ngaaak!!いちいち困らすな、このアンポンタン!

受動態の時にはmengirim⇒kirim(原型)になる!

で目的語が一番前に来るから、「Surat saya kirim.」が正解!

ここで大切なのはSurat saya kirim(私が送った手紙)のsaya kirimはセット、ひとかたまりとして考えること!

これが能動態(saya kirim surat)を受動態に上手に変えるコツね!だから「主語、動詞、目的語」の文章を変える場合には「目的語、(主語+動詞)」になるって覚えといて!

TAIKI
はい!分かりました!
YANTI
それでよし!じゃあ、自動詞ならどうなるか?これは、次の図を見たら受動態にできないってことが分かると思うよ!

 

%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%a9%9e%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%ef%bc%92
YANTI
目的語がない自動詞はさっきみたいに(主語+動詞)と(目的語)を入れ替えることができない!だから、受動態にはできないってことね。
TAIKI
オッケーラ!理解しました!
YANTI
ったく、手こずらせるなよ!このボケナスカボチャ!!
TAIKI
口悪いな・・・

 

 

能動態、受動態の変換のまとめ

 

YANTI
じゃあ、ちょっとさっき言ったことを簡単にまとめてみるね!
  • (主語⇒他動詞)⇒目的語(能動態)
  • 目的語⇒(主語⇒他動詞)(受動態)

※自動詞は目的語を持たないから、上の文章のように入れ替えることはできない。

 

 

「di+動詞」が「受動態」じゃないの?

 

TAIKI
おい、ヤンティ、でも、インドネシア語の授業で受動態はdiが付くって習ったよ!たとえば「dibaca=読まれる」とか・・・
YANTI
そうだね、でもdiが付く受動態と、diが付かない受動態の2種類があるの!

 

diを使う受動態とdiが付かない受動態の違いって

 

その違いは

  1. 一人称
  2. 二人称
  3. 三人称
  4. 主語(行為者)がない場合

 

YANTI
の4つに分かれるよ、

  • 1、2はさっきやった「目的語+(主語+他動詞)」の受動態
  • 3、4に「diが使われる受動態」になる受動態

こういった違いがある!

TAIKI
一人称、二人称、三人称って?
YANTI

お、お前そこからか!オッケーラ!

  • 一人称:自分(saya , kami など)
  • 二人称:相手(kamu , kalian=あなたたち など)
  • 三人称:他人(dia , mereka など)

こういうこと!

まあでも、これだけで理解はタイキだと無理だから、例文を使って説明するよ!いや、説明してあげるよ!!

TAIKI
はい・・・おねがいします・・・

 

一人称の場合

 

 

Saya membaca email dari Taiki.
私はタイキからのメールを読みます。(能動態

  • Saya(主語)
  • membaca(他動詞)
  • Email(目的語)

 

YANTI
じゃあ、この文章の順番を変えてみるよ!どう順番が変わるのかを意識してみてみてね!

 

Email dari Taiki saya baca.
タイキからのメールは私は読みます。(受動態)※直訳:タイキからのメールは私によって読まれました。

  • Saya(主語)
  • baca(他動詞)
  • Email(目的語)

 

二人称の場合

 

Kamu selalu memggoda Yanti.
君はいつもヤンティをからかう。(能動態

  • menggoda(からかう)※原型goda(からかう)

 

  • Yanti(目的語)
  • kamu(主語)
  • goda(他動詞)

 

 

Yanti selalu kamu goda.
ヤンティはいつも君にからかわれる。(受動態)

  • Yanti(目的語)
  • kamu(主語)
  • goda(他動詞)

 

 

YANTI
このように、一人称、二人称の受動態は(目的語)+(主語+他動詞)の形になるよ!

 

 

三人称の場合

 

Dia mengambil selimut yang saya pakai.
彼は私が使う毛布を取ります。(能動態)

  • selimut(毛布)
  • ambil(取る)
  • selimut(目的語)
  • mengambil(他動詞)
  • dia(主語)

 

 

Selimut yang saya pakai diambil (oleh)dia.
私が使う毛布は彼に(よって)取られます。(受動態)

  • selimut(目的語)
  • diambil(他動詞)
  • dia(主語)

 

YANTI
olehは英語で言う「by」と同じだよ!

 

主語(行為者)がない場合

 

YANTI
主語(行為者)がない場合の受動態はどのようになるのか見てみよう!

 

Makanan ini dibuat dari bahan bahan alami untuk kesehatan. Lalu dijual dalam bentuk kapsul dan dikirim ke luar negeri.
この食べ物は健康のため自然の材料で作られています。そしてカプセルの形にして売られ、外国に送られます。

  • alami(自然の、天然の)
  • kesehatan(健康)※sehat=元気(原型)
  • lalu(そして)
  • kapsul(カプセル)
  • luar negeri(外国)

 

YANTI
よく見てみて!

  • dibuat(作られる)
  • dijual(売られる)
  • dikirim(送られる)

これらのどれも、誰がその行為をしたのか、その主語がないでしょ。そんな時にもdiを付けるのよ!

TAIKI
難しいけど、なんとなく理解できる!でも完璧ではないけど・・・
YANTI
はいはい、そういうと思って、diを使った受動態の例文用意したから参考にしなさい!このウスラトンカチ!!
TAIKI
わーこわい・・・

 

Uang Taiki dicuri
タイキのお金が盗まれた

  • uang(お金)
  • dicuri(盗まれる)※原型:curi(盗む)

 

 

Barang itu dibuat di Jepang.
この商品は日本で作られています

  • barang(商品)
  • dibuat(作られる)※原型:buat(作る)

 

 

 

Kopi saya diminum oleh seseorang.
私のコーヒーが誰かに飲まれた

  • diminum(飲まれる)※原型:minum(飲む)
  • oleh(~によって)※英語のbyと同じ
  • seseorang(誰か)

 

 

練習問題

 

TAIKI
結構、受動態って面倒くさいんだね~
YANTI
うるさい!こんなもの覚えの悪いお前に教えるほうが面倒くさい!!
TAIKI
まあ、そう言わずにさ(苦笑)
YANTI
受動態はインドネシア人は自然に使えるけど、それは何回も見たり、言ったりしてるから!だから日本人でも何度も受動態に触れることで、自然にマスターできるようになるよ!

だから、今回練習問題用意したからノートとペンを用意して解いてみて、分かんなくても何度もチャレンジして頭に叩き込んでね!

 

 

Saya membaca buku dari Yanti.
(問)Bukuから文章を始める受動態にしてください。

答えを見る

 

 

Saya makan makanan yang enak ini.
(問)Bukuから文章を始める受動態にしてください。

答えを見る

 

 

Dia sedang membaca surat itu.
(問)suratから文章を始める受動態にしてください。

答えを見る

 

 

Saya mengirim dua surat untuk teman saya yang sedang tinggal di Jakarta.
(問)dua suratから文章を始める受動態にしてください。

答えを見る

 

 

Bagaimana kalau kamu membeli hadiah ulang tahun ini untuk pacar kamu?
(問)この疑問詞を受動態にしてください。(ちょいムズ)

答えを見る

 

 

Aku memperoleh bunga itu dengan gratis.
(問)bungaから文章を始める受動態にしてください。

答えを見る

 

 

Dia mengambil buku buku dan menyimpannya kembali di atas meja.
(問)Buku bukuから文章を始める受動態にしてください。

彼は本を取り机の上にもう一度戻しました。

答えを見る

 

 

Pemuda itu belum melunasi utangnya dengan alasan masih menganggur.
(問)utangnya(負債)から文章を始める受動態にしてください。

その若者はまだブラブラしているという理由で負債をまだ返済していません。

答えを見る

 

 

Aku pernah pergi ke sekolah tetapi aku tidak bisa mempelajari bahasa Indonesia yang susah.
(問)受動態にするとどうなる?(ヒント!Aku pernah~で始まります)

私は学校へ行ったことがありますが、難しいインドネシア語を勉強することはできません。

答えを見る

 

 

Aku mematikan kipas angin karena debu akan beterbangan ke tempat lain.
(問)kipas anginから始まる文章の受動態にするとどうなる?

私はほこりが他の場所へ飛び回るので扇風機のスイッチを切りました。

答えを見る

 

 

Yanti belum pernah memakai kacamata hitam meskipun matahari bersinar dengan kuat.
(問)Kacamata hitamから始まる文章の受動態にするとどうなる?

ヤンティはまだ強く太陽の光が光っていてもサングラスをかけません。

答えを見る

 

 

まとめ

 

YANTI
どうだった?受け身!難しかったでしょ!
TAIKI
難しいね。もっと単純な話だと思ってたけど、練習問題やってみると難しいな~って思った・・・
YANTI
はーーーーー!?あんなに一生懸命教えてあげたのに!?だからアンタは根性ナシのトンチンカンなんだよ!
TAIKI
んーむ、なんか今日怒ってんの?
YANTI
いやー、タイキの「受け身」が上手になるかと思って・・・
TAIKI
なるほど~その受け身か~うまい!ってバカ野郎!気づくか!
YANTI
今のノリ突込み、有効!一本にはちろん、技ありにもなりません。
TAIKI
もうええ!

 

受け身というものは、基本的な決まり(たとえば「他動詞だけ受け身のカタチになる」とか)がありますが、実際に受動態を能動態に、能動態を受動態に変換する練習問題を繰り返し解くことで慣れてきます。

 

C級問題の過去問や、バタオネにお任せ(参考書)の問題もたくさんありますし、何度も触れることで頭よりも感覚でわかるようになりますので、できる限り何回も問題を解くようにしてくださいね。

 

そして何度も言いますが、C級を受けるのであれば確実にこの「受け身」の問題は出ますので、この部分は絶対に落とさないようにしっかりと勉強してから試験に臨みましょう。

ブログで書けない話を!


ブログではなかなかかけない話をメルマガで!
なかなか集まれないインドネシアが大好きな日本人と勉強会を開いたり、おすすめの勉強方法をシェアしたり・・・
そんな情報はこちらから!
今ならプレゼント付!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です