初心者の方がやっちゃいけないこと

未経験・初心者は何から勉強したらいい?

今回は、未経験・初心者は何から勉強したらいい?ということをお話ししようと思います。

動画でも話しています。

未経験者・初心者って何からすればいい??

教科書?

文法?

単語?

いろんな学ぶことがある中でどれから勉強すべきか悩んでいるという人は結構多いです。

インスタライブでもいただく悩みの中でも多かったです。

結論として、僕は

「フレーズから覚えた方がいい」

と思っています。

そのフレーズと言ってもデタラメに覚えていけばいいかというと、そうでもなくって、

自分が使いそうなインドネシア語を中心に覚えてください。

フレーズを探すのはジャパネシアの記事を読んで、見つけるのもいいですし、フレーズ集などを買って読むのもいいかと思います。

フレーズ集でおすすめはふたつあって

まず一つ目は「3パターンで決める日常インドネシア語会話ネイティブ表現」があって、初級から中級レベルなんですけども、初級の部分はかなり簡単なものからあるので、カンタンなものから覚えましょう。

そしてもう一つは「男と女のインドネシア語」というものもあります。

両方CDがついているので、発音やイントネーションも学べます。

でフレーズの中で何から覚えたらいいかといいますと

身の回りのことからです」

あいさつから始まり、

自分のことを言うための自己紹介のフレーズ、これはきっとこれから多用するはずですよね。

自分の名前の言い方、そして自分の家族や趣味の言い方を覚える。

そこからちょっとずつ枠を広げていくイメージで

次は、

自分の周り、家族のことを言うフレーズを覚える、そして、趣味を話すためのフレーズを言う、

次は、

例えば

インドネシア語をなぜ学んだのか、なぜインドネシアが好きなのか、と、もっと掘り下げたことを話すためのフレーズを覚える。

覚えるのは一人でできますが、使うためには相手が必要です。

ですので次のステップとして実際にインドネシア人に話してみてほしいです

まだインドネシア人の知り合い、友人がいない場合は、マンツーマンレッスンなどで先生を見つけて使ってみてください。

初心者の場合、先生は日本語が話せる人の方が良いです。

するときっと、疑問が出てくるはずです。

「これってインドネシア語でなんていうの?」

とか

「これってこの言い方で合ってるの?」

とか、、、

そこでフィードバックをもらって、自分のインドネシア語を直す、という作業を行います。

で、日常生活などで「この日本語をインドネシア語でいいたい!」というのがあったら、メモしておいてレッスンの際に先生に聞いてみる。で、新しいフレーズを覚える、そして他の人に使ってみる、、、といったプロセスを繰り返してください。

このプロセスを繰り返すだけで普通に簡単なコミュニケーションが取れるようになるので、ぜひ楽しみながら自分が使えるフレーズを増やしてください。

入門から初級に行く場合には、手前みそになりますが、「キックジャパネシア」を使ってください。

やっぱり、フレーズを覚えるだけで会話ができるかもしれませんが、その他の能力「読む、聞く、文法力」は鍛えられません。

今まで400人以上が利用してくださっていますけども、今の僕がもし初心者だったら確実にこれから始めます。

ネイティブの会話動画から、音声、文法解説、単語チェック機能まで、まとまった動画コンテンツなので、もっと上を目指す人は、あるいはより効率的に学習したい場合、使ってみてください。

まとめ

では、まとめます、

今回は初心者が何をすればいいかということについてお話ししました。

ズバリ、ジャパネシアを読んで、あるいはフレーズ集などで身の回りのフレーズから覚えてください。

でも、それだけでは十分じゃないです。

アウトプットですね。

実際にインドネシア人に使ってみてフィードバックをもらう、

で、あとはこのプロセスを繰り返すということをやってみてくださいね!

それでは一緒に頑張りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

メルマガやSNSでは、インドネシア語学習に役立つ最新情報やコンテンツをお届け!是非チェックしてみてくださいね。