2020年1月12日(日)インドネシア語検定に向けて!

まだ終われない!人称代名詞の「特殊パターン」が結構重要だよって話

Hari
以前の記事で、この人称代名詞について書いたんだけど、あれには続きがあってだな。
Taiki
もういいよ!もういいよ!多いんだよ!
Hari
まだまだ終われないんだよ~。日本語と違って、インドネシア語の人称代名詞は男女の差、それと年齢層を見て使い分ける必要があるから、やっぱり複雑な部分があって、、、その、、、
Taiki
とにかく長すぎるんだよ。
Hari
短くまとめて説明するのがなかなか難しいんだよ!ってかこの前の授業の内容はちゃんと頭に入ったのかよ?
インドネシア語の「さん付け」について|「2人称」の使い分け完全版
Taiki
へっへっへ。
Hari
ということは全然入ってないんだな。

以前の記事を踏まえ、インドネシア語の人称代名詞の他の使い方、又は使うパターンについて話していこう!

この前学んだ人称代名詞はここで復習しながら学んでほしいと思う。この前は分量が多かったからさ。

Taiki
それなら聞いてやってもいいけどさ。
Hari
なんで上から目線。。。

で、今回も教科書にあまり取り上げられないインドネシア語の人称代名詞についてだ。

Taiki
ふんふん、そんな人称代名詞があるの?
Hari
ある、それは、2回繰り返される人称代名詞についてだ。

人称代名詞を2回繰り返して、複数形を表すというのはご存知のみんな知ってるよね?

Taiki
うん、「」で学んだね。
Hari
でも、実は、繰り返すことで発生する意味は複数形だけじゃないんだよ。

それを今回は中心に見ていくぞ!

繰り返す!人称代名詞の種類と意味

a. Saudara-saudara

Hari
まずは、この「Saudara」だ。
Taiki
これ、どういう意味だっけ?
Hari
これは、比較的若い男性を指す「あなた」の他に、「親戚、兄弟」という意味合いも持っている。
Taiki
どんな時に使うの?
Hari
これを2回繰り返すと、イベントのスピーチで言う「ご来場の皆さん」や「皆さん」や「皆様」や「諸君」などという意味になるんだ。
Taiki
つまりフォーマルな場面で使われるということ?
Hari
そうだな、
Taiki
よく考えると、この意味合いは普通の複数形の意味じゃない?
Hari
確かにそうだ。

日本語にするとちょっとニュアンスが変わるんだよね。その点を少し確認してみよう。

一緒に発音してみよう!

Saudara-saudara, kami ucapkan terima kasih atas kedatangannya.

皆様、お越し頂き、ありがとうございます。

  • saudara-saudara(皆様)
  • kami(私たち)
  • ucapkan(言う)
  • terima kasih(ありがとう)
  • atas~(~に対して)
  • kedatangannya(来場、来ること)※原型:datang(来る)に共接辞ke-anがついて名詞になっています。

 

一緒に発音してみよう!

Apakah saudara-saudara sudah tahu aplikasi ini?

皆さんはこのアプリについてご存知ですか。

  • apakah~(~ですか)
  • saudara-saudara(皆さん)
  • sudah~(すでに~)
  • tahu(知る)
  • aplikasi(アプリ)
  • ini(これ、この)

 

一緒に発音してみよう!

Saudara-saudara yang duduk di sana, apa punya pendapat lain?

そちらに座っている皆さん、他の意見を持っていますか。

  • saudara-saudara(皆さん)
  • yang(関係代名詞)
  • duduk(座る)
  • di~(~に)
  • sana(そこ、あそこ)
  • apa~=apakah~(~ですか)
  • punya(持つ)
  • pendapat(意見)
  • lain(他の)
Taiki
フォーマルな感じで「皆様、皆さん」と少し呼びかけるように使ってるね。
Hari
その通り、ここは問題ないはずだ、で、次のようなパターンもあるんだ。
一緒に発音してみよう!

Saudara-saudara sekalian, coba perhatikan data berikut ini.

皆様、次のデータにご注目ください。

  • saudara-saudara sekalian(皆様)※sekalian(全体、全員)
  • coba~(~してください)
  • perhatikan(注目する)※memperhatikan(注目する)の省略です。hati(心)に共接辞memper-kanがついています。data(データ、資料)
  • berikut(次の)
  • ini(これ、この)

 

一緒に発音してみよう!

Saudara-saudari, mohon perhatiannya sebentar.

皆様、ちょっとご注目ください。

  • saudara-saudari(皆様)
  • mohon(~してください)
  • perhatikannya(注目する)※memperhatikan(注目する)の省略です。hati(心)に共接辞memper-kanがついています。
  • sebentar(ちょっと)
Hari
「Saudara-saudara」というのは既に複数形を表してる、
Taiki
「Sekalian」と一緒に使われているけど。
Hari
そうだな、この言い方もよくされている。複数形を表す要素が2つもある、つまり「強調する」というニュアンスが出ているな。

で、女性を表す「Saudari」と一緒に使うこともできる、観客席に女性もいるということを思って言うものだ。

Taiki
じゃあ「Saudari-saudari」という言い方はあるの?
Hari
それは残念ながらないな。

 

b. Bapak

Hari
次に、この「Bapak」。「Bapak」を2回繰り返して、「Bapak-bapak」というフレーズだ、複数形を表すことは確かだけど、実は「おじさん」という意味もある。
Taiki
おじさん?家族としての「叔父さん」とか「伯父さん」ってこと?
Hari
そうじゃなくって「中年の男性」という意味だ。例文を見てみよう。
一緒に発音してみよう!

Tadi saya lihat ada bapak-bapak berdiri di dekat pintu.

さっき、(私は)ドアの近くに立っているおじさん(がいるの)を見ました。

  • tadi(さっき)
  • saya(私)
  • lihat(見る)
  • ada(ある、いる)
  • bapak-bapak(おじさん)
  • berdiri(立つ)
  • di~(~に)
  • dekat(近く)
  • pintu(ドア)

 

一緒に発音してみよう!

Bapak-bapak itu dari tadi lihat ke arah saya terus.

あのおじさんはさっきから私の方へずっと見ていました。

  • bapak-bapak(おじさん)
  • itu(あの)
  • dari tadi(さっきから)※dari~(~から)、tadi(さっき)
  • lihat(見る)
  • ke~(~へ)
  • arah(方向)
  • saya(私)
  • terus(ずっと)

 

一緒に発音してみよう!

Kamu sudah jadi bapak-bapak sekarang, sudah tidak cocok dengan gaya seperti itu.

(君は)おじさんになっているから、そのようなスタイルにはもう合わないです。

  • kamu(君)
  • sudah(すでに)
  • jadi~(~になる)
  • bapak-bapak(おじさん)
  • sekarang(今、現在)
  • sudah~(もう~)
  • tidak cocok(合わない)
  • dengan~(~に)
  • gaya(スタイル)
  • seperti itu(そのような)

 

一緒に発音してみよう!

Di depan ada bapak-bapak yang panggil nama saya.

前に私の名前を呼んでいるおじさんがいる。

  • di~(~に)
  • depan(前)
  • ada(ある、いる)
  • bapak-bapak(おじさん)
  • yang(関係代名詞)
  • panggil(呼ぶ)
  • nama(名前)
  • saya(私)

 

一緒に発音してみよう!

Tadi pagi ada 2 orang bapak-bapak yang cari kamu lho.

今朝、君を探した2人のおじさんがいたよ。

  • di~(~に)
  • depan(前)
  • ada(ある、いる)
  • bapak-bapak(おじさん)
  • yang(関係代名詞)
  • panggil(呼ぶ)
  • nama(名前)
  • saya(私)
Taiki
こんなの教科書に書いてねよ、
Hari
でも、日常会話でもかなり使われているんだって。インドネシア語に限っては教科書=正解!と単純解釈しないように。
Taiki
ほーーい。
Hari
「Bapak」はもうだいぶ分かってきたと思う!
Taiki
じゃあ、こんど、知らない人を呼ぶときに「Bapak-bapak!」と呼べばいいんだね?
Hari
Jangaaaan!(ダメー!)

呼びかける時には使えないんだ!おじさんを呼ぶ時は、ただ「Bapak」又は「Pak」だけでオッケーだ。

 

c. Ibu

Hari
そして、「おじさん」という意味の「Bapak-bapak」と同じように、「Ibu-ibu」にも同じ意味合いがあるんだ。
Taiki
なるほど。
Hari
「Ibu」は2回繰り返して「Ibu-ibu」と言うと、「叔母さん」又は「伯母さん」じゃなく、「おばさん」又は「中年の女性」という意味だな。その意味の例文を見てみよう。
一緒に発音してみよう!

Tadi ada ibu-ibu datang ke sini dan tanyakan tentang kamu.

さっきこっちに来て、君のことを聞いたおばさんがいたよ。

  • tadi(さっき)
  • ada(ある、いる)
  • ibu-ibu(おばさん)
  • datang(来る)
  • ke~(~へ)
  • sini(ここ)
  • dan(そして、と)
  • tanyakan(聞く)
  • tentang~(~について)
  • kamu(君)

 

一緒に発音してみよう!

Ibu-ibu itu bawa barang banyak sekali.

あのおばさんはたくさんの荷物を持っている。

  • Ibu-ibu(おばさん)
  • itu(あの)
  • bawa(持っている)
  • barang(荷物)
  • banyak(たくさんの)
  • ~sekali(とても~)

 

一緒に発音してみよう!

Siapa ya ibu-ibu itu? Dari tadi dia berisik sekali.

あのおばさんはだれ。さっきからすごくうるさいんだけど。

  • siapa(だれ)
  • ibu-ibu(おばさん)
  • itu(あの、その)
  • dari tadi(さっきから)※dari~(~から)、tadi(さっき)
  • dia(彼女)
  • berisik(うるさい)
  • ~sekali(すごく~)

 

一緒に発音してみよう!

Kamu ini sudah ibu-ibu, masa mau pakai rok sependek itu?

君はもうおばさんだから、本当にそんな短いスカート履くの。

  • kamu(君)
  • ini(~は、~って)
  • sudah(すでに)
  • ibu-ibu(おばさん)
  • masa(まさか、ありえない)
  • mau~(~しようとする)pakai(着る、履く)
  • rok(スカート)
  • sependek~(~ぐらい短い)※原型:pendek(短い)に接頭辞se-がついています。
  • itu(その)

 

一緒に発音してみよう!

Kamu suka sama dia!? Yang benar saja! Dia itu ibu-ibu lho!?

君は彼女の好きなの!?本当に!(彼女は)おばさんだよ。

  • kamu(君)
  • suka(好き)
  • sama~(~が)
  • dia(彼、彼女)
  • yang benar saja(本当に!マジ!)
  • dia(彼女)
  • itu(~は、~って)
  • ibu-ibu(おばさん)
  • ~lho(~だよ)
Hari
女性の方にはあまり好まれないフレーズだなあ。
Taiki
まあそうだな。でもジャパネシアの女性読者はとても素敵な方ばかりですからね。

Hari
何を言い出した?急に!次行くぞ。

この「Ibu-ibu」は「Bapak-bapak」と同じ頻度で日常会話で使われてるから一緒に覚えてしまおう。これも「おばさん」と呼びかけたい時は「Ibu」、または「Bu」だけでオッケーだ。

d. Mas

Hari
「Bapak-bapak」や「Ibu-ibu」と同じように、「Mas-mas」という使い方もあるんだよ!
Taiki
えー、それは知らなかったな~。
Hari
意味は「Bapak-bapak」と「Ibu-ibu」と同じだ。「Mas-mas」は「若い男性」のことを指している。
Taiki
そうなんだ、じゃあ、ハリはオレに対して「Mas-mas」と言えるということか。
Hari
それは間違いだ。「Mas-mas」は「知らない若い男性」に対してだ。
Taiki
あ、そういえば日本でも知らない若い男性に対して「兄さん」とか「お兄さん」とか言うね。
Hari
まさにそれ!「Mas-mas」も同じだ。例文を見てみよう。
一緒に発音してみよう!

Mas-mas itu dari tadi lihat ke saya terus.

あの(知らない)お兄さんはさっきから私の方へずっと見ている。

  • mas-mas(お兄さん)
  • itu(は)
  • dari tadi(さっきから)※dari~(~から)、tadi(さっき)
  • lihat(見る)
  • ke~(~へ)
  • saya(私)
  • terus(ずっと)

 

一緒に発音してみよう!

Mba, ini minuman dari mas-mas yang duduk di sana.

お姉さん、この飲み物はあそこに座っているお兄さんからです。

  • mba(お姉さん)※若い女性
  • ini(これ、この)
  • minuman(飲み物)※原型:minum(飲む)に接尾辞-anがついて名詞になっています。
  • dari~(~から)
  • mas-mas(お兄さん)
  • yang(関係代名詞)
  • duduk(座る)
  • di~(~に)
  • sana(あそこ)

 

一緒に発音してみよう!

Mas-mas itu marah karena tidak dilayani dengan baik.

あのお兄さんはきちんと接客してもらえなかったから、怒っている。

  • mas-mas(お兄さん)
  • itu(あの)
  • marah(怒る)karena~(~だから)tidak~(~しない)dilayani(接客される)※原型:melayani(接客する)の接頭辞me-が接頭辞di-に変わって受け身になっています。
  • dengan baik(ちゃんと、きちんと)

 

一緒に発音してみよう!

Tolong kasih minuman ini ke mas-mas itu ya.

あのお兄さんにこの飲み物を渡して(与えて)くださいね。

  • tolong~(~してください)
  • kasih(与える)minuman(飲み物)※原型:minum(飲む)に接頭辞-anがついて名詞になっています。
  • ini(これ、この)
  • ke~(~へ)
  • mas-mas(お兄さん)
  • itu(あの)

 

一緒に発音してみよう!

Saya lihat mas-mas itu bolak-balik di depan rumah ini dari pagi.

(私は)あのお兄さんがこの家の前で行き来しているのを朝から見ていました。

  • saya(私)
  • lihat(見る)
  • mas-mas(お兄さん)
  • itu(あの)
  • bolak-balik(行ったり来たり)
  • di~(~で)
  • depan(前)
  • rumah(家)
  • ini(これ、この)
  • dari~(~から)
  • pagi(朝)
Hari
さっき紹介した「Bapak-bapak」と「Ibu-ibu」と同じで、呼びかける時は「Mas-mas」じゃなく「Mas」だけ使えばいいよ!

 

e. Mba/Mbak

Hari
「Mba-mba」の形式もあるよ。使うパターンと意味も「Mas-mas」と同じで、「若い女性」又は「知らない若い女性」のことを指してるし、呼びかける時に「Mba-mba」は使えず、その場合は「Mba」だけでOK。じゃ、その意味の例文を見てみましょう。
一緒に発音してみよう!

Mba-mba itu bawa barang banyak sekali.

あのお姉さんはとてもたくさんの荷物を持っている。

  • mas-mas(お姉さん)
  • itu(は)
  • bawa(持っている)
  • barang(荷物)
  • ~banyak(たくさんの~)
  • ~sekali(とても~)

 

一緒に発音してみよう!

Ada 1 orang mba-mba yang beli makanan ini setiap hari di jam yang sama.

毎日この食べ物を同じ時間に買っているお姉さんが一人いる。

  • ada(ある、いる)
  • 1=satu
  • ~orang(~人)
  • mba-mba(お姉さん)
  • yang(関係代名詞)
  • beli(買う)
  • makanan(食べ物)※原型:makan(食べる)に接尾辞-anがついて名詞になっています。
  • ini(これ、この)
  • setiap hari(毎日)
  • di~(~に)
  • jam(時間)
  • sama(同じ)

 

一緒に発音してみよう!

Mba-mba di toko itu baik sekali. Dia ramah.

あの店のお姉さんはとても優しい。彼女は親切です。

  • mba-mba(お姉さん)
  • di~(~の)
  • toko(お店)
  • itu(は)
  • baik(良い、優しい)
  • ~sekali(とても~)
  • dia(彼女)
  • ramah(親切)

 

一緒に発音してみよう!

Mba-mba itu pesan Mie Ayam 5 porsi.

あのお姉さんはチキンヌードルを5人分注文した。

  • mba-mba(お姉さん)
  • itu(は)
  • pesan(注文する)
  • Mie Ayam(チキンヌードル)※mie(ヌードル)、ayam(鶏)
  • 5 porsi(5人前)※5=lima、porsi(皿)

 

一緒に発音してみよう!

Dia dan mba-mba itu minum kopi dan sarapan setiap pagi di sini.

彼とあのお姉さんは毎朝ここでコーヒーを飲んで、朝ご飯を食べている。

  • dia(彼、彼女)
  • dan(と)
  • mba-mba(お姉さん)
  • itu(は)
  • minum(飲む)
  • kopi(コーヒー)
  • dan(と)
  • sarapan(朝食)
  • setiap pagi(毎朝)※setiap~(毎~)、pagi(朝)
  • di~(~に)
  • sini(ここ)
Hari
レストランや屋台などで店員さんを呼ぶ時「Mas-mas!」や「Mba-mba!」と言って呼ぶインドネシア人も多いぞ。
Taiki
あー、確かに聞いたことあるな!
Hari
レストランや屋台で言う「Mas-mas」又は「Mba-mba」は、ただの「強調」だ。つまり、2回繰り返して言うことで相手の注目を引くということだ。

 

f. Anak-anak

Hari
最後に、「Anak-anak」というフレーズだ。「Anak」は「子供」という意味で、人称代名詞じゃないんだけど、上記のフレーズと同じ意味を持っているから、ピックアップした。
Taiki
繰り返しの記事で「Kekanak-kanakan」というフレーズがあったけど?
Hari
そうだな、「Kekanak-kanakan」の「Kanak」は「Anak」と違って、単独で使われることはなく、繰り返しの状態でいつも使われている。例えば、幼稚園という意味の「Taman Kanak-kanak」もそうだな。
Taiki
なるほど。
Hari
で「Anak-anak」だけど、複数形を表すこと以外には、「子供」という意味もある。例文で確認だ。
一緒に発音してみよう!

Dia masih anak-anak, tolong jangan marahi dia ya.

彼/彼女はまだ子供なんだから、叱らないでね。

  • dia(彼、彼女)
  • masih~(まだ~)
  • anak-anak(子供)
  • tolong jangan~(~しないでくださいね)※tolong~(~してください)、jangan~(~するな)
  • marahi~(~を叱る)

 

一緒に発音してみよう!

Anak-anak tidak boleh masuk ke ruang itu.

子供はあの部屋に入ってはいけない。

  • anak-anak(子供)
  • tidak boleh~(~してはいけない)
  • masuk ke~(~へ入る)
  • ruang(部屋)
  • itu(あの)

 

一緒に発音してみよう!

Anak-anak jangan dibiarkan main HP lama-lama.

子供に長く携帯電話をいじらせないでください。

  • anak-anak(子供)
  • tidak boleh~(~してはいけない)
  • masuk ke~(~へ入る)
  • ruang(部屋)
  • itu(あの)

 

一緒に発音してみよう!

Anak ibu sudah umur 12 tahun, jadi tidak bisa masuk dengan tiket anak-anak.

あなたの子供は12歳だから、子供チケットで入れない。

  • anak(子供)
  • ibu(お姉さん、あなた)
  • sudah(すでに)
  • umur(年齢)
  • 12 tahun(12歳)※12=dua belas、tahun(年、歳)
  • jadi(だから)
  • tidak bisa~(~できない)
  • masuk(入る)
  • dengan~(~で)
  • tiket(チケット)

 

一緒に発音してみよう!

Buku ini buku anak-anak, tidak cocok untuk anak SMP.

この本は子供の本で、中学生には合わない。

  • buku(本)
  • ini(これ、この)
  • anak-anak(子供)
  • tidak cocok(合わない)
  • untuk~(~に、~のために)
  • SMP(中学生)

まとめ

Hari
ちょっとまとめよう、「Saudara」や「Bapak」や「Ibu」や「Mas」や「Mba」などは日本語にすると、様々な意味を持っているということが分かるね。ちょっと「Bapak」と「Ibu」と「Saudara」を例にして、図にするとこうなるよ。

Hari
皆さんもインドネシア語の人称代名詞を使った経験や話や感想などを是非聞かせてくださいね。一緒にその時に生じた疑問や戸惑いなどについて話して、人称代名詞の意味と使い方の「交渉」をしましょう。よろしくお願いします^^

4 COMMENTS

Aya

インドネシア人の知り合い(成人男性)が、同い年の友達の事を話す時、”Anak” を使っていました。
でもそれは子供という意味じゃない、と言っていましたが、そういう使い方もあるんでしょうか??

返信する
Hari

どうも。ハリです。ご質問をありがとうございます。私は主にジャワ島にいますが、成人男性同士でそのような呼び方まだ聞いたことがないです。他の島の方言の影響が考えられますね。^^

返信する
TATE

Ada yang ingin aku bertanya.
Dalam bahasa Inggris “ladies and gentlemen” dalam bahasa Indonesian “Bapak-bapak Ibu-ibu” atau “Saudara-saudari” yang mana betul ?
Tolong ajarkan saya.

返信する
Hari

Halo TATE san, terima kasih atas pertanyaannya. Saya Hari.

“Ladies and gentleman” bahasa Indonesianya “Bapak-bapak dan Ibu-ibu” atau bisa juga “Saudara-saudari” ^^d

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください