準備は完璧?インドネシア語検定の「対策講座」

【初級問題ke-31】2回繰り返す「重複語」の穴埋め問題!

(   ) saya mau mampir ke rumah kamu ya.
(  )に入る言葉を選ぼう!

a. hati-hati
b. kapan-kapan
c. jaga-jaga
d. buru-buru

 

b. kapan-kapan

Kapan-kapan saya mau mampir ke rumah kamu ya.

いつか君の家に寄って行くね。

単語たち
  • kapan-kapan(いつか)※kapan(いつ)
  • saya(私)
  • mau~(~したい)
  • mampir ke~(~へ寄る)
  • rumah(家)
  • kamu(君)
ハリからヒトコト

Hati-hati は、「気を付ける」という意味。「Hati」自体は「ハート、心臓」という意味だ。

 

Kapan-kapan は、「いつか」という意味。「いつ」という意味の「Kapan」から来ている。今回は文章に一番合うからこれが正解だ!

 

Jaga-jaga は、「念のために、万が一」という意味。「Jaga」自体は「守る、保護する、看病する」という幅の広い意味を持っている。

 

Buru-buru は、「急ぐ、急いでいる」という意味。「Terburu-buru」という形式もあり、「慌てる」という意味もある。「Buru」自体には「急ぐ」などのような意味は全く入っておらず、「狩りをする」という意味だ。

 

今回は重複語をやったけど、単語が重複すると意味が変わることがあるから、しっかりと確認しておこう!

頻出!インドネシア語の2回繰り返す重複語の意味は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください