インドネシア語スピーチコンテスト優勝しましした!【Bahasa Indonesia Speech Contest 2016】!例文付きで紹介

YANTI
おい!タイキ!インドネシア語のスピーチコンテストあるから、今すぐ動画撮って送れ!!!
TAIKI
え?なんの話?
YANTI
【Bahasa Indonesia Speech Contest 2016】ってのがあって、優勝したら、ジャカルタとジョグジャカルタに行って、宮殿にも招待されるし、ただで旅行できる!
TAIKI
オッケー!いつまでに動画送ればいいの?
YANTI
明日まで!!!だから早くスピーチの原稿作れ!
TAIKI
えーーーー、時間ないじゃん・・・

 

これが僕がスピーチコンテスト【Bahasa Indonesia Speech Contest 2016】に出場するキッカケだったのですが、たまたまヤンティがフェイスブックで見っけたらしく、それを知らせてくれてたのです。

 

内容はこのようなものです↓

インドネシア、特にインドネシア語を愛する日本の方々へ、ジャカルタから耳よりの情報を紹介いたします。

インドネシア文化センター、インドネシア大使館、および関東インドネシア留学生協会が1つになって企画する、インドネシア語スピーチコンテストがこの度行われます。

優勝の方はなんと、インドネシアへ渡航、国の宮殿で行われる独立記念日セレモニー(8月17日)への参加、ジョグジャカルタ等の文化観光に参加することができます。

オンライン選考(締め切り:2016年7月13日)->
オンライン選考の合格者発表(2016年7月18日 ->
弁論大会(2016年7月23日): インドネシア大使館 (目黒、東京)

 

へー!すごいじゃん!とは思ったものの・・・

 

でも、何を話そうか・・・いろいろテーマがあったのですが最終的に「インドネシア人の友達と文化」というテーマが話しやすそうだったので選びました。

 

そして、話す内容は、僕が2015年の10月からホームステイさせてもらった「ネンデン」というヤンティの友達の話をすることにしました。

 

nenden

 

ネンデンを表す5つの特徴

 

  1. ナマケモノ
  2. すぐに怒ってすねる
  3. いたずら好き
  4. 化粧が濃い
  5. 車の運転でしょっちゅう事故する

 

 

ネンデンの家に2か月住んでいましたが、それはもう「地獄」でした。まあその内容は後で紹介するスピーチの中で詳しく触れているのですが、どんな感じの家で、ネンデンがどんな人なのかが分かるように写真をいくつか貼っていきます。ホームステイの時のお話はまた別の時に触れようとでも思います。

 

当時ネンデンは仕事なしで、家に引きこもっていました。昔は日本語コンテストで優勝して、良い給料で日本の企業に勤めていて、JCC(ジャカルタコミュニケーションクラブ=ジャカルタにある語学学校)で働いていました。

 

古くからのヤンティの友達です。

 

IMG_1220

 

運転が荒く、車はボロボロです。一度、車に乗ったネンデンが自転車と衝突する事故があったのですが、自転車は無傷、なのに、ネンデンの車は激しく損傷したことがあり、「なぜ?」しか出てきませんでした。
IMG_1225
毎日大変で、ほぼ毎日ケンカをしましたが、大切なお友達です。
IMG_1757
そんな、ネンデンの家にすんでいろんな体験をスピーチにまとめようと思ったのです。
IMG_1758

 

動画を送ったのは朝4時ごろ、眠い目をこすりながら文章作成から動画にとって送るまでなんとか期限に間にあいました。

 

そして、3日後ぐらいに、このようなメールを受け取りました。

 

Dear Mr. Taiki Fujita,

Congratulations!

It is our pleasure to inform you that the respected judges have decided to announce you as one of our finalists for Bahasa Indonesia Speech Contest 2016.

We invite you to give your speech for the second time at the Indonesian Embassy in Tokyo. It will take place on Saturday, July 23rd 2016 from 9.30 am to 01.00 pm.

We need you to prepare documents stated below to be submitted on the day:
1. Student ID and certificate of student status issued by university (for student)
2. 2 Pass photos (4×6 cm)
3. Copy of ID card or Passport

Formal attire is not necessary. Appropriate casual attire recommended.

We look forward to meeting you in Tokyo.

If you have any queries, please feel free to contact us.

Sincerely yours,

Martina Meliana

 

僕は英語があまり読めないのですが、最初のCongratulations!で「あ、合格したんだ!」と気づきました。

 

でも、かなり原稿を読みながらの映像だったのによく受かったな~と思っていたのですが、次は本番だったので、今度こそは真剣に覚えなきゃまずいということで毎日練習していました。

 

そして迎えた本番

 

そして、当日はインドネシア大使館で行われることになったのですが、会場がそれぞれの席にマイクが付いた会議室のような感じで、すごく狭かったです。

 

で、ファイナリスト達がこのように並んで一列に座ります。

da

 

奥から2番目に座ってるのが、タイキです。緊張してますね・・・

 

席につくと、順番が書かれた紙が置かれています。

 

kami

 

10人の参加者がいるのですが、僕がしゃべるのは2番目でした。

 

いよいよ、僕の順番・・・緊張してしまって、少し文章を飛ばした所があってあちゃーっと思ったのですが、なんとか終了・・・

 

yo

(緊張からか、顔が青白いです・・・)

 

原稿は持って行ってOKです。もちろん読むだけではだめなので、確認のために、もしも忘れたときのために原稿を持っていきました。

 

スピーチの内容

 

僕が読んだスピーチの内容を音声に入れてみました。ほとんどネンデンの悪口ですが!笑

 

後で、しゃべってる内容の訳は載せています。

 

Selamat Siang, saya Fujita Taiki dari KOBE.

Saya akan bercerita tentang teman orang Indonesia dan kebiasaannya.
Tahun yang lalu pertama kali saya pergi ke Jakarta. Setelah itu saya mulai suka dan belajar bahasa Indonesia di sebuah kursus bahasa.
Suatu hari, guru saya memperkenalkan temannya kepada saya. Guru saya berkata bahwa temannya tinggal di Tanggerang. Kalau Taiki mau belajar lebih banyak tentang kebiasaan orang Indonesia dan kebudayaannya, cobalah pergi dan tinggal beberapa lama dengannya.Teman saya bernama Nenden.

Pertama, saya khawatir sekali karena dia orang muslim, tetapi saya penasaran ingin mengetahui lebih dalam tentang Indonesia dan tidak mau melewatkan kesempatan bagus ini. Akhirnya saya memutuskan untuk pergi dan tinggal di Tanggerang selama 2 bulan.

Lalu, saya pergi ke Indonesia lagi dan mencoba tinggal di rumah teman guru saya.
Rumahnya panas sekali dan banyak nyamuk serta sedikit bau karena banyak kucing peliharaannya.

Tetapi yang lebih mengejutkan saya adalah waktu pertama saya mandi. Orang Indonesia mungkin biasa mandi dengan air dingin bukan? Tapi saya tidak bisa tahan mandi dengan air dingin. Saya sangat kedinginan dan hampir masuk angin. Setiap hari saya berfikir mau pulang ke Jepang saja tapi saya coba bersabar.

Karena kota tanggerang adalah kota yang baru pertama kali saya datangi, saya belum bisa pergi kemana mana sendirian. Saya tidak tahu bagaimana cara naik angkot dan dimana ada restoran. Jadi saya selalu mengajak Ibu Nenden keluar untuk makan karena kelihatannya dia tidak memasak di rumah.

Dia selalu berkata ” Sebentar ya ! Saya harus sembahyang dulu, nanti siang kita pergi” Saya kira sekitar jam 1 siang kami bisa keluar tetapi Saya terus teruuuussss menunggunya sampai jam 3 sore akhirnya dia baru keluar dari kamarnya. Saya tidak bisa mengerti kenapa orang Indonesia tidak pernah tepat waktu ya…

Selama di Indonesia, saya sering terbangun karena suara adzan, sehingga saya kurang tidur, tapi lama kelamaan saya terbiasa dengan suara adzan itu dan menjadi terbiasa bangun pagi. Kadang kadang saya membangunkan Ibu Nenden untuk sembahyang subuh.

Karena saya belum bisa mandi dengan air dingin, maka saya sering memanaskan air untuk mandi dengan kompor.

Akhirnya saya menjadi terbiasa dengan kehidupan orang Indonesia dan tanpa terasa saya sudah tinggal di rumahnya selama hampir 2 bulan. Banyak hal yang bisa saya pelajari meskipun kadang kadang merasa lelah. Saya sudah bisa memaklumi kenapa orang Indonesia sering terlambat, kondisi rumah yang bau dengan kucing, suara adzan yang besar dan lain lain.

Dan sesudah saya kembali ke Jepang, kadang kadang saya merasa rindu dengan suasana seperti itu. Sedikit demi sedikit saya menjadi suka Indonesia.
Semakin tahu kebudayaan Indonesia, saya semakin bisa mengerti bahasa Indonesia. Sekarang kebiasaan bicara saya adalah “ Sebentar Ya!”

Sekian dan Terima Kasih

 

5分以内という制限があったので、こんな感じになりました。本番はもっと大げさにしゃべっていましたが、自分で入れた音声をもう一度聞くと気持ち悪いので、少し抑えてしゃべっています。

 

スピーチの訳文

 

ここからは何をしゃべってるのか知りたいという方に、先ほどの長い話を細かく切って、訳文を書いていこうと思います。

 

Selamat Siang, Saya Fujita Taiki dari KOBE.

Saya akan bercerita tentang teman orang Indonesia dan kebiasaannya.
Tahun yang lalu pertama kali saya pergi ke Jakarta. Setelah itu saya mulai suka dan belajar bahasa Indonesia di sebuah kursus bahasa.
Suatu hari, guru saya memperkenalkan temannya kepada saya. Guru saya berkata bahwa temannya tinggal di tanggerang. Kalau Taiki mau belajar lebih banyak tentang kebiasaan orang Indonesia dan kebudayaannya, cobalah pergi dan tinggal beberapa lama dengannya.Teman saya bernama Nenden.

こんにちは、フジタタイキです。

私はインドネシア人と友達とインドネシアの文化について話そうと思います。
昨年私は初めてジャカルタに行きました。それから私はインドネシア語が好きになり、語学教室で勉強を始めました。
ある日、私の先生(ヤンティ)が私に友達を紹介しました。先生は言いました「友達はタンゲランに住んでいます。もしもタイキがもっとインドネシアの習慣や文化について学びたければ、行ってみて、少しの間住んでみたらどう?友達の名前はネンデンです。」

 

Pertama, saya khawatir sekali karena dia orang muslim, tetapi saya penasaran ingin mengetahui lebih dalam tentang Indonesia dan tidak mau melewatkan kesempatan bagus ini. Akhirnya saya memutuskan untuk pergi dan tinggal di Tanggerang selama 2 bulan.

最初、私は心配していました。というのも彼女はムスリムだからです。でも、私はインドネシアについてもっと知りたかったし、こんなに良いチャンスをの逃したくなかったのです。最終的に私はタンゲランに行って2か月住んでみることを決心しました。

 

Lalu, saya pergi ke Indonesia lagi dan mencoba tinggal di rumah teman guru saya.
Rumahnya panas sekali dan banyak nyamuk serta sedikit bau karena banyak kucing peliharaannya.

そして、私は再びインドネシアに行き、先生の友達の家に住んでみることにしました。
家はと~っても暑い。そして蚊がた~くさんいる、さらにたくさんの猫を世話していたので少しくさかったのです。

 

Tetapi yang lebih mengejutkan saya adalah waktu pertama saya mandi. Orang Indonesia mungkin biasa mandi dengan air dingin bukan? tapi saya tidak bisa tahan mandi dengan air dingin. Saya sangat kedinginan dan hampir masuk angin. Setiap hari saya berfikir mau pulang ke Jepang saja tapi saya coba bersabar.

でも、もっと驚かされたのは、初めてお風呂に入ったときです。インドネシア人ってたぶん、普通は水でお風呂に入りますよね?でも私は水でお風呂に入るなんて耐えられなかったのです。私はと~っても寒くて、風邪をひきそうでした。毎日、私は日本に帰りたいとだけ思っていました。でも私は耐えることにしました。

 

Karena kota tanggerang adalah kota yang baru pertama kali saya datangi, saya belum bisa pergi kemana mana sendirian. Saya tidak tahu bagaimana cara naik angkot dan dimana ada restoran. Jadi saya selalu mengajak Ibu Nenden keluar untuk makan karena kelihatannya dia tidak memasak di rumah.

タンゲランという都市は私が初めて訪れたところだったので、私はまだ、一人でどこにも行けませんでした。私は、どうやってアンコット(インドネシアの乗り合いバス)に乗るのかも、どこにレストランがあるのかも知りませんでした。だから私はいつもネンデンを食事のために外に誘いました。というのも、彼女は家で料理をするようには見えなかったからです。

 

 

Dia selalu berkata ” Sebentar ya ! Saya harus sembahyang dulu, nanti siang kita pergi”. Saya kira sekitar jam 1 siang kami bisa keluar tetapi Saya terus teruuuussss menunggunya sampai jam 3 sore akhirnya dia baru keluar dari kamarnya. Saya tidak bisa mengerti kenapa orang Indonesia tidak pernah tepat waktu ya…

彼女はいつも言います「ちょっと待ってね~、私、まずお祈りをしなきゃいけないの~、お昼になったら行こうね~」。私は、だいたい昼の1時には外に出られるだろうと思っていました。でも、私はずーと、ずーーーーーーーと待って、結局夕方3時にやっと彼女は部屋から出てくるのでした。私はなんでインドネシア人は時間が守れないの?と理解できませんでした。

 

Selama di Indonesia, saya sering terbangun karena suara adzan, sehinga saya kurang tidur, tapi lama kelamaan saya terbiasa dengan suara adzan itu dan menjadi terbiasa bangun pagi. Kadang kadang saya membangunkan Ibu Nenden untuk sembahyang subuh.

インドネシアにいる間、私はアザーン(お祈り)の音で寝不足になるまでしばしば起こされました。でも、時間が経つにつれてそのアザーンの音にもなれて、朝起きることにもなれました。時々、私はネンデンを早朝のアザーンのために起こすこともありました。

 

Karena saya belum bisa mandi dengan air dingin, maka saya sering memanaskan air untuk mandi dengan kompor.

私は、まだ水でお風呂に入ることはできませんでした。だから私はお風呂に入るため、よくコンロで水を温めました。

 

Akhirnya saya menjadi terbiasa dengan kehidupan orang Indonesia dan tanpa terasa saya sudah tinggal di rumahnya selama hampir 2 bulan. Banyak hal yang bisa saya pelajari meskipun kadang kadang merasa lelah. Saya sudah bisa memaklumi kenapa orang Indonesia sering terlambat, kondisi rumah yang bau dengan kucing, suara adzan yang besar dan lain lain.

最終的に、私はインドネシア人との生活にも慣れました。そして知らないうちに、彼女の家にほぼ2か月住んでいました。時々疲れますが、たくさんのことを学びました。私は、なんでインドネシア人はしばしば遅れるのか、家が猫でくさいのか、アザーンの音が大きいのか、などを理解できるようになりました。

 

Dan sesudah saya kembali ke Jepang, kadang kadang saya merasa rindu dengan suasana seperti itu. Sedikit demi sedikit saya menjadi suka Indonesia.
Semakin tahu kebudayaan Indonesia, saya semakin bisa mengerti bahasa Indonesia. Sekarang kebiasaan bicara saya adalah “ Sebentar Ya!”

Sekian dan Terima Kasih

そして、日本に帰った後、時々、私はインドネシアのそんな雰囲気が恋しくなることがあります。少しずつ私はインドネシアが好きになってきました。インドネシアの文化を知れば知るほど、ますますインドネシア語の理解ができるようになりました。今の私の口癖は「ちょっと待って~」です。

以上、ありがとうございました。

 

スピーチ終了後

 

スピーチ終了後には、インドネシア語大使館の地下の部屋でバリ料理がふるまわれました。結果発表が気になるから、あんまりごはんも食べれないし、とりあえずいろんな人と話していました。

 

mitai

 

ファイナリストの7割ぐらいは大学生。外国人は2人ぐらい。そして男性3~4割、女性6~7割ぐらいの比率でした。

 

d

 

おいしそうな料理ですが、ほとんど食べず、20分後に元の会場へ戻ります。

 

結果発表~その後

 

結果発表の前には、今回のファイナリストに選ばれたことに対する表彰式や、インドネシア人のお話などを聞いていました。

 

そして結果発表で「一位 TAIKI FUJITA」と呼ばれたときはものすごく嬉しかったです!!

 

そのあとには、いろんな写真撮影があり、やっと帰れることになりました。

 

優勝したので、早速ヤンティに電話しました。

 

TAIKI
ヤンティ!優勝したよ!
YANTI
やっぱりguru(先生)が良かったね!

 

と言っていました・・・

 

スピーチコンテストの対策としては、いっぱい練習して、発音を正しく、できるだけ、感情を入れておれば評価が高いように感じました。ただ、文章を記憶してぶつぶつ読むだけでは勝つのは難しいですので頑張って覚えましょう。

 

独立記念の祭典に行ってきます

 

そして、8月15日から21日まで、ジャカルタとジョグジャカルタに行くことになり、一週間ほどの旅をすることになります。ジョコウィ大統領にも会えるということですので非常に楽しみです。

 

ジャカルタ・ジョグジャカルタの旅行記についてもまたジャパネシアのブログで紹介しみましたので、お時間ありましたら読んでみてくださいね♪

 

>>ジャカルタ旅行初日~2日目(前編)!ミレニアムホテルからタマン・ミニ・インドネシア インダーへ

 

まとめ

 

初めてのスピーチコンテストでしたが、優勝できて、やってよかったと思いました。スピーチの練習もインドネシア語の勉強になりますし、インドネシア語勉強中の方はぜひぜひ参加しましょう!

 

何かヤンティのアドバイスが欲しいという方はぜひぜひコメントをしてくださいね~!!

The following two tabs change content below.
TAIKI

TAIKI

インドネシア語学習アドバイザー。Bahasa Indonesia Speech Contest 2016優勝、インドネシア語の勉強法というのがまだまだ難しく、何冊も本を買ったり、先生を変えなきゃいけない現状で、「どうにかスムーズに、しかも楽にインドネシア語を学べる」環境づくりをしています。インドネシア語ウェブメディア【美容メディアkamu cantik】【日本観光メディアperjalanan ke jepang】を運営中。飛行機には慣れません。

ブログで書けない話を!


ブログではなかなかかけない話をメルマガで!
なかなか集まれないインドネシアが大好きな日本人と勉強会を開いたり、おすすめの勉強方法をシェアしたり・・・
そんな情報はこちらから!
今ならプレゼント付!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

TAIKI

インドネシア語学習アドバイザー。Bahasa Indonesia Speech Contest 2016優勝、インドネシア語の勉強法というのがまだまだ難しく、何冊も本を買ったり、先生を変えなきゃいけない現状で、「どうにかスムーズに、しかも楽にインドネシア語を学べる」環境づくりをしています。インドネシア語ウェブメディア【美容メディアkamu cantik】【日本観光メディアperjalanan ke jepang】を運営中。飛行機には慣れません。