会員になる(無料)

神田外国語大学でダルマシスワ奨学金の留学生に色々聞いてみた

どうも、タイキです。

 

先日、神田外国語大学に行ってきたんです。

神田外国語大学って?

 

神田外国語大学ってどんな大学?と思うかもしれませんが、僕の中のイメージではインドネシア語にすごい力を入れてる大学って感じを持っています。スピーチコンテストを大学主催で行ったりしています。

 

参考

このような大学です神田外国語大学のインドネシア語学科

 

僕は大学を卒業してからインドネシア語に出会ったんで、大学でインドネシア語を勉強するのってどんな感じなんだろう?という興味があったんです。

 

そんな時に、SNSつながりで神田外国語大学の学生Aさんと知り合ってお邪魔させていただいたんです。現代っ子でしょ。

 

めっちゃすごいですよ。神田外国語大学。

広いキャンパス

Aさんとの待ち合わせの間、キャンパスをグルーっと周っていました。

 

 

自然も多く、ガーデンスペースもありました。広い!

 

カマキリもいました。

 

そうこうしているうちにAさんと出会って、案内されたのがココ!

 

なんとも近代的な建物!

 

中に入るとこんな感じ。

 

そしてここに中国、韓国、ベトナム、そしてインドネシアなどのアジアの国々の建物をモチーフにしたブースがあります。モチーフというかほんまに建物の中に建物がある感じでした。

 

すごくないですか?大学ですよ!?

 

これは韓国のブース。

 

これは中国のブース。

 

それぞれのブースには生徒とその国の留学生が交流して非常ににぎわっています。

 

そして、インドネシアのブースに案内されました。

 

インドネシアブースはバリの建築様式になっています。

 

ガネーシャもいます。

 

バリの建物「そのもの」なんです。

 

お話を伺うとバリから輸入して作っているので、バリの建物そのものでした。

 

ここでは授業の宿題をする人がいたり、台湾人やスペイン人が遊びに来り・・・

 

コンカク(Congklak)(=古くから遊ばれている、伝統的なゲーム)で遊んだりしてます。

僕も初めてやらせてもらったのですが、ルールは簡単で楽しかったです。

このブースにはいろんなインドネシアの飾りや、楽器などもおかれていて、雰囲気は本物です。

 

この方は神田外国語大学の教授のSuyotoさん、スピーチコンテストやインドネシアフェスティバルなどでなどでお会いしたことがあったのですが、まさかここでもお会いするとは!

ダルマシスワ奨学金のリアルな生活

このブースでダルマシスワ奨学金でインドネシアへ行った留学生にいろいろ質問させていただきました。写真はAさんにお借りしました。

 

ダルマシスワ奨学金とは?

 

インドネシア政府奨学金(ダルマシスワ) DARMASISWA(ダルマシスワ)は、インドネシアの舞踊、音楽、芸術や工芸、そして言語の学習を希望する学生を世界各国(*インドネシアとの友好国)から募集する。

>>ダルマシスワの公式HP

 

Aさん「ダルマシスワ留学生になれば、長期滞在のビザがおりやすいそうです。」

 

タイキ「ビザが取得しやすくなるのはすごいメリットですね。Aさんが留学したときは何人の生徒が神田外国語大学から留学したんですか?」

 

Aさん「私がダルマシスワで留学に行ったときには、神田外国語大学から7人の学生が留学しました。ダルマシスワ奨学金は神田外国語大学の学生であれば通りやすいと思います。」

 

タイキ「それもうれしいメリットですね。留学先ではどれぐらい勉強するんですか?」

 

Aさん「土日休みで、一週間に5日ですね。」

 

タイキ「一日に何時間ぐらい勉強するんですか?」

 

 

Aさん「BIPAが10時~12時までです。なので結構ゆったりしてますね。」

 

タイキ「BIPAって何ですか?」

 

Aさん「BIPA(Bahasa Indonesia Panutur Asing)の略です。インドネシア政府が指定する、外国人がインドネシア語を学ぶための特別プログラム)が無料で受けられるプログラムがるんですが、ダルマシスワ留学生はこれが無料で受けられるメリットがあるんです。」

 

選べる留学プログラム

 

Aさん「私は語学修学のプログラムで行ったのですが、芸術や文化を学ぶためのプログラムもあれば、ビジネスを学ぶプログラムもあるので、インドネシアで自分が学びたいことを選ぶことができるようになっています。」

 

タイキ「それによって大学が決まるんですね?大学はどこですか?」

 

Aさん「Universitas Katolik Indonesia Atma Jaya(アトマジャヤ・インドネシア・カトリック大学)です。」

 

参考

アトマジャヤ・インドネシア・カトリック大学こんな大学です

 

タイキ「住んでた場所はどこですか?」

 

Aさん「スディルマン通り近くのコスです。」

※ コス=インドネシアの安い宿泊施設。1泊〜借りることもでき、年単位でもお金さえ払えば誰でも借りれる宿泊施設。

 

タイキ「コスの料金はどれぐらいですか?」

 

Aさん「私の場合はルームシェアだったんですが、一人部屋で2.500.000ルピア(日本円約21000円)でした。こんなコスでした。」

 

 

Aさん「私すごい潔癖症なんですね。なのにルームシェア相手のドイツ人がある日、靴を冷蔵庫に入れてて・・・」

 

タイキ「え?なんで?」

 

Aさん「なんか靴のバクテリアを殺すとか言ってました。笑」

 

タイキ「潔癖症だったらルームシェアは結構大変じゃなかったですか?」

 

Aさん「そうですね、ルームシェアの相手に毎日ごはんなどを作ってたので、ちょっと疲れましたね。向こうの我が強かったから私も断れなくて・・・」

 

タイキ「外国人とのルームシェアはいろいろと難しい部分もありそうですね。」

インドネシアへ留学ならダルマシスワ奨学金

インドネシアへ行っている間はなかなか仕事をすることは難しいし、その時の生活費などは不安が残ると思いますが、日本円にして2万円ちょっとぐらい毎月もらえます。

 

もちろん生活費がまかなえるわけではないけど、食費程度にはなると思いますし物価の安いインドネシアでは結構大きなお金です。

 

集中してインドネシアに住んで語学を学ぶのであれば、ダルマシスワ奨学金を利用するのは良いかもしれませんね。

 

募集要項はインドネシアの領事館のホームページに載っているのでチェックしてみてくださいね。

 

参考

2016/2017年度ダルマシスワ(DARMASISWA)奨学金在大阪インドネシア共和国総領事館HP

 

そして、今高校生でインドネシア語を学びたいと思っている人は神田外国語大学を狙ってみるのもいいですね!

 

集中的にインドネシア語が学べる環境が整ってます。

 

神田外国語大学の学生さん、先生、ありがとうございました。

 

近くに住んでいる人は遊びに行ってみてくださいね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です