ジャパネシアの学校「JLC」という「ナゾ組織」について

オンライン日本語学校の「日本語教師」募集

今回のお仕事について

私たちは、インドネシアで日本語教育を行うスクールを立ち上げています(JAPANESIABLE)。こちらでは、インドネシアの学生たちが日本語を効果的に学べるよう、日本人講師と協力して日本語を学べる場を構築することを目指しています。

そこで、日本語教育に興味があり、インドネシアが好き、インドネシア語能力をお持ちの方にぜひ協力していただきたいなと思い、今回募集させていただきます。

開講は3月~4月を目途としております。

募集の背景

インドネシアでの日本語学習への関心が高まっています。

しかし、インドネシアでの日本語学習環境はまだ質的にも量的にも不十分だと言えます。

日本語学校はもちろんオンライン・オフライン問わずインドネシアに存在しておりますが、講師や授業の質が担保されておらず、なかなか生徒にとって助けになるような学校は少ないです。

そして、料金が高めの学校が多く、一般家庭の人がなかなか通える金額でもない現状があり、今回日本語スクールを作ることとなりました。

実は、教材に関しては、3年前からずっと作り続けており、多くの日本語教師や、インドネシア人講師の手により、ある程度独学で学べる形になってきました。

しかし講師と生徒の相互的なサービスとは言えません。

そこで、今回の学校は、一緒に話したり、切磋琢磨し、言語がもちろん、いろんな体験ができる学校にしたいと考えております。

教材の作成や授業内容の企画、そして実際にZoomで授業を行うには、実際の日本語話者の知見が不可欠です。そこで、日本語とインドネシア語の両方に精通した日本人講師を募集します。

JAPANESIABLEの目的としては、郊外の学生で日本語教室に通えない人、質の高い教育をもとめる真剣な生徒向けに、安く授業や教材を提供をするというものです。

N5~N1のレベル分け、真面目なレッスンから会話レッスンなど様々な授業を行いたいと思っております。

授業に関しては、インドネシア人講師が中心となりますが、サポートが必須です。みなさまには正しい日本語の確認や、例文などを提供したり、追加情報を与えたり、といった補完的な役割を期待しております。

そこで!インドネシアが好きな方、日本語教育を活かしたい方、ぜひ力を貸してください。

自分の日本語教師としての経験を増やしたい、あるいは、インドネシア語能力を強化したい。という方ぜひ力を貸してください。

募集要項

講師

役割: インドネシア人講師のサポート、教材作成補助、授業でのサポート(例文作成・会話)など

必要条件:
①明るくレスポンスの早い方(遅くともその日の内に返信可能な方)
②日本語能力(ネイティブレベル)、インドネシア語能力(基礎以上)
③長い期間チームとして働ける方

協力のスタイル: インドネシア人講師と二人三脚での授業作成・顔を出してOKの方、宣伝などがある場合協力していただくことがあります。

報酬: 一授業あたり2000円スタート

コミュニケーション:
①先生同士のLINEグループでの情報交換や相談(授業での疑問点があった場合や、緊急のお知らせなどをLINEグループより送らせていただきますので登録をお願いしております。)

②フェイスブックグループへの参加(スクール全体お知らせや学生からの授業内容や日本語に関する質問はこちらでやり取りいたします。)


コンテンツ制作制作 (講師をやりながらこちらをやるのもOKです)

①ポッドキャスト制作

必要条件: 明るくレスポンスの早い方(遅くともその日の内に返信可能な方)、日本語能力(ネイティブレベル)、インドネシア語能力(基礎以上)、長い期間チームとして働ける方、ある程度滑舌が良く、動画編集能力がある方。

協力のスタイル: ある特定のテーマについて話していただき、字幕(漢字にはルビも)を付けてYouTube動画にいたします。長さは15分~、インドネシア語字幕が必要となりますので、japanesiayuk(マンツーマン)のポイントを差し上げますので、講師と確認しながらインドネシア語の字幕も作り、両方が表示されるようにします、しっかりと文字が見える形がいいです。文字お越しソフト利用してもかまいません。(動画編集スキル必須)

給料:一本当たり:8000円(サムネイル+タイトル込み) / 最低月2本以上 (講師をやりながらこちらをやるのもOKです)

参考動画

※漢字にルビを、インドネシア語字幕を入れます。スタイルはお任せします。(動画内ではアバターがどうだこうだ言っておりましたが、ご自身にあったスタイルで結構です。)

②動画制作

動画制作は、顔出しはしなくても大丈夫です。動画を撮影して、あとから声を吹き込み、字幕(日本語 / インドネシア語)を付ける形となります。ある程度滑舌が良く、動画編集能力がある方。

内容としては、日本の文化、風景などの紹介(散歩からお祭りまで自由です)など、リスニング力を鍛えたり、生徒らの新たな語彙を増やす目的です。

給料:1本あたり20000円 (サムネイル+タイトル込み)/ 最低月1本以上 (講師をやりながらこちらをやるのもOKです)

参考動画

コミュニケーション: チーム同士のLINEグループでの情報交換や相談(授業での疑問点があった場合や、緊急のお知らせなどをライングループより送らせていただきますので後ほどライングループ登録をお願いしております。)

選考プロセス

  1. 第一審査: グーグルフォームによる書類選考 ※不合格者にはご連絡いたしかねます。
  2. 第二審査: 面接 (※合格者には後ほどご連絡させていただきます。)
    合格した方はのちにインドネシア人講師と私(TAIKI)と3人でお話しして、授業の進め方などを確認します。

働き方

  • 時間は相談の上、柔軟に決定します。
  • 基本一回の授業は1時間、スライドなどはインドネシア人が用意しますが、相談をしながら作ってください。文章作成や確認や訂正などを行っていただくことがあります。インドネシア人講師と協力して作ってください。
  • 講師同士のコミュニケーションはライングループが主となります。
  • 講師には、生徒が集まるFacebookグループにも参加していただきます。授業に関する質問などがあった場合、答えられるためです。

メンバーに期待すること

  • インドネシアの生徒たちが主体となる授業環境をサポートすること
  • 時間を守ること
  • 状況や空気を読めること、授業のスムーズさを最優先できること
  • 生徒や講師との円滑なコミュニケーションをとれる明るさやユーモアがあること

あなたの参加を待っています!

日本語教育に情熱を持ち、インドネシアと日本の架け橋になりたいという方、ぜひご応募ください!あなたの力が、学生たちの学びの旅に大きな影響を与えてくれると信じています。

みなさんが働きやすい環境は僕らが作りますので、ぜひ気軽にご応募してみてくださいね。

お待ちしております!

一次審査募集フォーム

※質問がある場合は、このページの下のコメント欄にお書きくださいませ。

19 COMMENTS

兼田萌愛

夜分遅くに失礼いたします。
日本語教師募集の記事を拝見しました。
興味があるのですが、申し込みの締め切りはいつでしょうか。見逃していましたら、大変申し訳ありません。

返信する
兼田萌愛

迅速なご返信ありがとうございます。
ダメ元ではありますが、応募してみようと思います。よろしくお願いいたします。

返信する
匿名

応募させていただきました。
不合格の場合も連絡はいただけるのでしょうか?
連絡がない場合、1ヶ月ぐらい経っても連絡がない場合は不合格と理解すればよいですか?
よろしくお願いします。

返信する
内田

初めまして。コメント失礼します。
現在している仕事との掛け持ちは可能でしょうか?(ダブルワークOKな職場です)

返信する
匿名

本日の時点で一次審査のフォームの回答が締め切られていたのですが、もう一次審査の回答は終了してしまいましたでしょうか⁇

返信する
足立 智子

はじめまして。本日エントリーしたくgoogleフォームをひらいたところ一次審査のフォームがクローズしておりました。もう応募は難しいでしょうか?

返信する
井浪遥

こんにちは、はじめまして。
先日応募しましたが、ポッドキャストと動画編集にも挑戦してみたく、回答の編集は可能でしょうか?
ご確認宜しくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

メルマガやSNSでは、インドネシア語学習に役立つ最新情報やコンテンツをお届け!是非チェックしてみてくださいね。