ジャパネシアのオンライン学校

インドネシア語【必修】助動詞4選を例文付きで学ぼう!

こんにちは!

今回のテーマは「助動詞」です!

動詞にくっついて意味を付属する働きを持っています。

英語で言えばCan(できる)とか、そういうものです。

日本語だと勉強します に 「できる」という助動詞がつくと

「勉強できる

になりますね。

で、今回は3つのよく使うインドネシア語の助動詞について見ていきましょう!

 

\Mau(マウ)/

意味は「したい、ほしい」

これ欲しい?
Mau Ini?(マウ イニ)

たんご…※mau:ほしい
ini:これ

欲しければ

Mau!!(マウ~!)

いらなかったら

Nggak mau.(ンガッ(ク) マウ)
いらない。

と言えばいいです。

ちょっと長めの文章で見てみましょう。

Saya mau belajar bahasa Indonesia.
(サヤ マウ ブラジャール バハサ インドネスィア)
私はインドネシア語の勉強をしたいです。

たんご…※mau~:~したい
belajar:勉強する
bahasa Indonesia:インドネシア語

では次、

 

\Bisa(ビサ)/

Bisa(ビサ):できる

英語のCanと同じですね。

Dia bisa bicara bahasa Indonesia.
(ディア ビサ ビチャラ バハサ インドネスィア)
彼はインドネシア語を話すことができます。

たんご…dia:彼、彼女
bisa~:~できる
bicara:話す
bahasa Indoneisa:インドネシア語

で、bisa何ですけど、dapatって単語も同じように「~できる」という意味で使えるんですね。

両方ともよく使われているので学んでおきましょう。

まず、dapatは本来「得る、ゲットする」という動詞なんです。

Saya dapat buku itu.
(サヤ ダパッ(ト) ブク イトゥ)
私はその本をゲットした。

みたいな感じです。

たんご…※saya:私
dapat:ゲットする
buku:本
itu:その

じゃあ、bisaと同じように使うdapatの例文を見てみましょう。

Orang itu dapat bicara bahasa Indonesia.
(オラン イトゥ ダパッ(ト) ビチャラ バハサ インドネスィア)
あの人はインドネシア語を話すことができる。

ですね。

このdapatは「bisa」と置き換えても大丈夫です。

 

\Harus(ハルス)/

では三つ目Harus~(ハルス):~しなければならない

です。

Kamu harus makan banyak ya!
(カム ハルス マカン バニャッ(ク) ヤ)
(君は)たくさん食べなきゃだめだよ!

たんご…※kamu:君
harus~:~しなければならない
makan:食べる
banyak:たくさんの

 

Kamu harus bicara bahasa Indonesia di sekolah ini!
(カム ハルス ビチャラ バハサ インドネスィア ディ スコラ イニ)
(君は)この学校では、インドネシア語を話さなきゃいけないよ!

 

たんご…※kamu:君
harus~:~しなければならない
bicara:話す
bahasa Indonesia:インドネシア語
di~:~で
sekolah:学校
ini:この

\Tidak usah(ティダッ(ク) ウサ)/

で、「しなくてもいい/する必要がない」っていう場合は、

Tidak usah(ティダッ(ク) ウサ)を使います。

Kamu tidak usah makan durian.
(カム ティダッ(ク) ウダ マカン ドゥリアン)
(君は)ドリアン食べなくてもいいよ。

たんご…※tidak usah~:~しなくてもいい
makan:食べる
durian:ドリアン

OK!

Kalian harus belajar bahasa Indonesia!
(カリアン ハルス ブラジャール バハサ インドネスィア)
みなさんはインドネシア語の勉強をしなきゃいけませんよ!

それじゃ、Sampai jumpa!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

メルマガやSNSでは、インドネシア語学習に役立つ最新情報やコンテンツをお届け!是非チェックしてみてくださいね。