12月18日交流会を行います!

勉強にやる気でない、ブランクが開いちゃった人

最近しばらくインドネシア語を勉強してないな~とか、なんかまた始めるのが面倒だな~と引き延ばしちゃってる人向けの動画です。

語学の勉強ってずっとやらないといけないのが大変なんですよね。

で、一度辞めちゃうと、かなり再開するのが面倒になっちゃう、という悩みがあります。

今回はそういった方向けの話です。

まず、前提として、自分にとってインドネシア語が本当に必要なのか、生活の中で優先順位が高いのかどうかを一度確認した方が良いと思います。

仕事の方が大事、今は子育てに専念したい、という方で、別にインドネシア語がそこまで優先順位は高くないという方は特にいますぐやる必要はないのかな、と思います。

より必要性を感じた時とか、もっとやりたい!と思えた時にやる方が良いと思います。

では、次、やらなきゃいけないんだけどやれない。。。という方にアドバイスを送るとすると、

ハードルをすごく落として下さい。

というのも、よし勉強再開だ!となってやる気満々で、最初の2日は頑張るけど、3日目にまた元に戻ってしまうケースがあるからです。

なので、ハードルをすごく落としてください。

具体的に言うと勉強時間は5分ぐらいでいいと思います。

それがしんどかったら教科書を開くだけ、とか、何かYouTubeでインドネシア語の動画を見るだけ、とかその程度で十分です。

何か、「これなら毎日やってもそんなに苦じゃないな」というものを見つけて、一日の間に短い時間でいいのでそこに時間を割いてほしいと思います。

ほんのちょっとでいいから時間を割く、ということがミソで、

毎日何かしらインドネシア語をやるという時間を持ってください。一日何もインドネシア語を考えなかったという日をなくしてください。

慣れてきたら、一カ月ぐらいたてば、きっと習慣になってるので自然ともっと難しいことやりたい、とか、もうちょっと時間を伸ばしても別にいいかな、ってきっと思えます。

勉強の中でわからないことに出くわしたり、インドネシア人との会話でつまづくと、なんとなく解決したいな、というポジティブな考えも出てくると思います。

でも、その継続中に一日何もできなかった、という日がないように、おすすめは朝いちばんに朝活として何かやること。

例えば、起きてすぐスマホを開いて、インドネシア語の動画を寝ながら見るとか、単語10個やるとか、

これだと夜のみに行って、ねちゃった…みたいなことはなくなりますよね。

もう一つ対策を挙げるとすると仲間を見つけることです。

日本人だけではなくインドネシア人だって日本語を勉強しています、

みんな頑張ってるって意識すれば自然と身が引き締まるものです。

ジャパネシアの交流会などで知り合った学習者どうしでたまに会ったり、しゃべったりしたら、「きっとあの人だって頑張ってるし自分も!」となるはずです。

では次に、一日さぼってしまった場合の解決策を考えてみようと思います。

これは簡単で次の日に勉強を再開するということです。

別にさぼったっていいので、いちいち悲しくなったり、自分を責めたりしないでください。

自分を責めてしまうと「もういいや」ってなっちゃいますので、また再開してください。

で、勉強途中で、わからいことだらけになってしまうとジャパネシアに自由に質問してください。

ジャパネシアの質問箱」というのがあるので、すぐ解決して次行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

メルマガやSNSでは、インドネシア語学習に役立つ最新情報やコンテンツをお届け!是非チェックしてみてくださいね。