初心者の方がやっちゃいけないこと

Hari ke-230 Musim sidang skripsi datang lagi (論文審査の季節がまたやって来た)

Halo semua, apa kabarnya? Semua pasti sehat ya. Minggu ini, tempat kerja saya mulai adain sidang skripsi.

Sebelumnya saya cuma punya tugas sebagai dosen pembimbing aja, tapi mulai tahun ini, saya juga sudah bisa jadi ketua sidang. Ketua sidang itu tugasnya pimpin sidang skripsi. Tugasnya berat banget soalnya saya harus lihat dan nilai skripsi lebih banyak. Kalau dulu saya cuma baca dan nilai skripsi dari mahasiswa yang saya bimbing aja, tapi sekarang nggak. Ini baru pertama kali saya pimpin sidang skripsi, jadi deg-degan banget.

Terus, minggu kemarin saya coba buat pisang beku lho. Waktu di pelajaran bahasa Indonesia di JLC ada salah satu murid yang cerita bahwa dia lagi suka makan pisang beku. Kata dia, rasanya enak, jadi minggu kemarin saya coba buat. Saya beli pisang pas antar Najmah ke sekolah. Waktu itu masih pagi banget, jadi agak susah cari tukang pisang. Pas di jalan pulang akhirnya saya nemu tukang pisang, tapi pisang yang dijual kecil-kecil. Saya buat pisang beku dan coba makan. Rasanya enak banget, kaya makan es krim lho. Mungkin kalau pisangnya lebih besar, rasa dan teksturnya bakal lebih enak lagi.

Terus, kemarin Najmah pulang dari sekolah bawa ikan kecil. Dia beli sekitar 5 ekor ikan. 2 ekor untuk dia dan sisanya untuk Bintang. Terus pas saya lihat, saya khawatir ikan-ikan itu mati. Soalnya dulu pernah mereka pelihara ikan tapi mati karena nggak keurus. Supaya mereka lebih serius, saya beli alat untuk kasih oksigen ke dalam air. Namanya Aerator. Terus, saya juga beli ikan lagi supaya ikannya jadi banyak. Saya beli ikan yang kecil sekitar 15 ekor. Oh ya, kami pakai galon air bekas untuk akuariumnya lho. Menurut kalian gimana? Lumayan bagus kan hehehe.

覚えたい単語!
  • Sidang skripsi: 論文審査
  • Adain: Adakan: 行う、実施する
  • Dosen pembimbing: 指導教員
  • Ketua sidang: 審査長
  • Pimpin: リードをする、仕切る
  • Nilai: 評価する
  • Bimbing: 指導する
  • Deg-degan: ドキドキしている
  • Pisang beku: フローズンバナナ
  • Cerita: 話す
  • Lagi suka: ~にハマっている
  • Jalan pulang: 帰り道
  • Nemu: Menemukan: 見つける
  • Rasa: 味
  • Tekstur: 食感
  • Pelihara: 飼う
  • Nggak keurus: Tidak Terurus: 世話してもらえない
  • Serius: 真面目に
  • Galon air: ウォーターサーバーの大きいペットボトル

Harinya Japanesia完全版はこちら

5 COMMENTS

柴田 竜治

Hari先生
教えてください。
Soalnya dulu pernah mereka pelihara ikan tapi mati karena nggak keurus.
peliharaとkeurusは入れ替えても使えますか?
pelihara=keurus? 使い方の違いを教えてください。

Pimpin: リードをする、仕切る と Bimbing: 指導する も似ていますが、
同じように使っても(置き換えても)大丈夫でしょうか?

柴田

返信する
Hari Setiawan

柴田さん、
ジャパネシアのハリです。
コメントとご質問、ありがとうございます。

Pelihara は「~を世話をする」とか「~を飼う」とかという意味を持っていて、「Urus」は「~を手配する」とか「何かの手続きをする」とかという意味を持っています。その他に、「Urus」には確かにPelihara と同じで、「~を世話をする」という意味も持っています。が、今の場合は入れ替えることはできないです。

ペットを飼う場合は「Pelihara」です。例文は例えば、「Saya pelihara kucing.」とか「Saya pelihara 2 ekor anjing.」とかです。

ペットの世話をする場合は、「Urus」が使えます。例文は例えば、「Kamu pelihara kucing, tapi kok tidak mau urus?」で、意味は「君は猫を飼っているけど、なぜ、その猫の世話はやらないの。」という意味です。

という感じで、いかがでしょうか。

返信する
柴田竜治

ハリ先生

ありがとうございました。

もう一つの質問はどうでしょうか?
Pimpin: リードをする、仕切る と Bimbing: 指導する も似ていますが、
同じように使っても(置き換えても)大丈夫でしょうか?

柴田

返信する
Hari Setiawan

柴田さん、お返事をありがとうございます。もう一つの質問を見過ごしてしまいました。すみません。

Pimpin と Bimbing の違いは、ほぼ「リードする」と「指導する」の違いと同じだと思います。

「論文の指導をする。」場合は、やはり「Membimbing skripsi.」になって、「Pimpin」に置き換えるのは難しいです。

また、「会議を仕切る」というのは、会議の流れをコントロールするという意味で、「Memimpin rapat.」はオッケーですが、「Membimbing rapat.」は文法的に問題がなくても、違和感を感じます。

返信する
柴田竜治

ハリ先生

ありがとうございます。
なかなか難しいですね。
頑張って覚えていきます。

柴田

柴田竜治 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

メルマガやSNSでは、インドネシア語学習に役立つ最新情報やコンテンツをお届け!是非チェックしてみてくださいね。