ジャパネシアのオンライン学校

初心者でもスグ質問ができちゃう!インドネシア語の「疑問詞」

Halo, selamat siang(こんにちは)

今回はよく使うインドネシア語の「疑問詞」について見ていきます。

この動画を見るだけですぐに質問ができるはずなので、見たら早速使ってくださいね!

まず、

 

\Apa:アパ(=何)/

これは以前の動画でもやりましたね。

Apa itu?(アパ イトゥ)
それ何?

※apa:何、itu:それ

で、答え方たとしては、

Ini HP saya.(イニ ハーペー サヤ)
これは私のスマホです。

で、普通の文章も語尾を上げると、疑問文になっちゃいます。

例えば、

Kamu orang Jepang.(カム オラン ジュパン)
君は日本人です。

kamu:君、orang Jepang:日本人

この文章は語尾を上げると、

Kamu orang Jepang?(カム オラン ジュパン↑)
君は日本人ですか?

と、疑問文になっちゃいます。

では、次に

 

\誰=Siapa:スィアパ(=誰)/

Dia siapa?(ディア スィアパ)
彼女は誰?

※dia:彼女

疑問詞は前に付けても後ろについてもOK!

Siapa orang itu?(スィアパ オラン イトゥ)
あの人は誰?

人の名前を聞くときは、

Namanya siapa?
(名前は何?)

※namanya:名前

名前は「何」の「何」がsiapaに当たります。

日本語訳では「何」なので、Apa「何」を使いたくなりますが、
人の名前を聞く際にはNamanya siapa?となります。

でも、物の名前を聞く際には

Namanya apa?(ナマニャ アパ)

となります。この使い分けは、初級レベルでは間違えやすいので気を付けましょう。

では、次に、

 

\Mana:マナ(=どこ)/

このManaは「前置詞」とセットになるこが多いです。

例えばDi mana?:ディマナ(どこ)

diは英語のatと同じです。

他にも

Ke mana?:クマナ(どこ)

もう少し文章を長くしましょう。

Di mana rumah kamu?(ディ マナ ルマ カム)
君の家はどこ()?

※rumah:家、kamu:君

Orang itu pergi ke mana?(オラン イトゥ プルギ ク マナ)
あの人はどこ行くの?

※orang:人、itu:あの、その、pergi:行く

Kamu datang dari mana?(カム ダタン ダリ マナ)
君はどこから来たの?

※kamu:君、datang:来る、dari~:~から

Kamu datang dari mana?と聞かれたら、こう答えることができます。

Saya datang dari Jeang.
私は日本から来ました。

 

\まとめ/

今回は、

Apa:何、Siapa:誰、Mana:どこ

の3つを見ました。

たぶん、一番使用頻度が高い疑問詞だと思います。わからないことがあったら聞ける能力は今後役に立ちますので、しっかりとマスターしてくださいね!

それじゃあ、Sampai jumpa!(またね!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

メルマガやSNSでは、インドネシア語学習に役立つ最新情報やコンテンツをお届け!是非チェックしてみてくださいね。