ジャパネシアのオンライン学校

ネイティブが使ってる「人称代名詞」3選+相手の呼び方

こんにちは、今回のテーマはインドネシア語の人称代名詞です。

簡単に言えば、「自分」とか、「相手」といった「人の呼び方」です。

じゃあ、見ていきましょう!

Saya(サヤ):私

ここはOKですね。

友達ができて、慣れてきたらこのSaya(サヤ)をAku(アク)に変えましょう

で、相手の呼び方ですが、

Anda(アンダ=あなた)ということばを教科書で習うんですが、

日本語でも、会話の中で、「あなた」っていうことは少ないじゃないですか。

これはインドネシア語も同様で、Anda(アンダ=あなた)を日常会話で使うことは少なく、フォーマルな場面のスピーチやあいさつなどで使われるイメージです。

だから、普段の会話では、別の呼び方を覚えましょう。

目上とか、中年ぐらいの、男性にはPak(パッ(ク))、そして、女性には(Bu(ブ))

「目上って何歳?」って感じなんですが、35~40歳以上に見えたらって感じです。

それより若い人に対しては、男性はMas(「ン」マス)、Mbak(「ン」バッ(ク))

と呼びます。

で、これらの言葉を、名前の前につけると「~さん」という意味合いになります。

例えば、

ハリさんはPak Hari
ティファニーさんはMbak Tiffahni.

といった感じ。

でも、友達同士で、あまり「~さん」づけはないと思いますので、

その時には「Kamu:君」を使います。

Kamu udah makan?
あんたもう食べた?

kamuは「あんた、君」
udahは「もう~した」(完了)
makanは「食べる」

と言った感じで親しみを込めた話し方ができますね。

では、第三者のことをなんていうかというと

Dia(ディア)です。

意味は、「彼、彼女」(男性女性両方含みます。)
「あの人」って訳してもいいです。

Saya(私)、そのカジュアルバージョンの(Aku)、そして、友達を呼ぶ際のKamu(カム=君)、そしてDia(彼、彼女)。

とりあえずはこの辺を覚えておけばいいと思います。

で、こういった言葉を名詞の後ろにつけると

「~の」といった「所有」を表す言葉になるんですね。

どういうことかというと。。。

Buku:(ブク=本)

「彼女の本」と言いたい場合は

Bukuの後にDiaを置くだけ、

Buku dia(彼女の本)

となります。

かんたんでしょ?

Buku sayaだと(私の本)

Buku kamuだと(君の本)

でも、もっとカジュアルに言えば

Buku diaはdiaが「nya」に変って

Bukunyaになるし、

Buku saya は saya のカジュアルバージョンのakuにして
Buku akuにして、さらにカジュアルにするとakuがkuに省略されちゃって
Bukukuになるし、

Buku kamuもkamuが省略されちゃってBukumuになります。

ここはちょっとこれを見るだけではむずいので、

名詞の後に人称代名詞を置くだけで「所有を表す」とだけ、覚えておきましょう!

それじゃあ、Sampai jumpa!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

メルマガやSNSでは、インドネシア語学習に役立つ最新情報やコンテンツをお届け!是非チェックしてみてくださいね。