ジャパネシアのオンライン学校

見るだけOK!初心者でもできるインドネシア語の文章のつくり方(修飾語、否定語)

Halo!

今回は「インドネシア語の文章を作ってみよう!」というテーマで、文章のつくり方を見ていきます。

インドネシア語の文章のつくり方は、英語とそんなに変らないように感じます。

例えば、

I don’t go to school.
Saya tidak pergi ke sekolah.

まったく並び同じですよね。

でも、ちょっと修飾語っていう「なにかを詳しく説明する言葉」の付き方がちょっと特徴的です。

たとえば日本語はインドネシア語だとBahasa Jepangといったように逆になります。

Bahasa(言葉)を修飾、つまり詳しく説明する言葉として、Jepang(日本)が後ろにくっつく。

このように、修飾語がどんどん後にくっついていくっていうルールがあります。

さっき言ったように、

「日本人」は、Orang Jepangとなります。orang が「人」、Jepangが「日本」なので、OrangをJepangが修飾している形となります。

ここはOkですね。

では、さらにCantik(美しい)を付けてみると、

Orang Jepang cantik(美しい日本人)と言った意味になります。

まだ行けますよ~~!

Itu(あの)を後ろにつけていきましょう。

Orang Jepang cantik itu(あの美しい日本人)

日本語修飾語の付き方が日本語は前からついていくのに対して、インドネシア語はその逆ってことは分かりましたか?

まあ、これは慣れますので安心してください。

では、次に「Orang Jepang cantik itu」を主語にして述語をくっつけてみましょう。

Orang Jepang cantik itu tidak pergi ke sekolah.
あの美しい日本人は学校へ行かない。

という意味になります。

Orang Jepang cantik itu(あの美しい日本人)が主語
tidak~(~しない)否定する言葉
pergi ke~:go to~:動詞
sekolahは「目的語」という部分になります。

では、もうちょっと、さっきの文章を見てみましょう。

Tidakはさっきpergi ke(=go to)という動詞を否定していましたね。

このように、tidakは動詞とか形容詞を否定します。

形容詞って何だ、っていうと、「物事の状態や性質が「どのようであるか」を表現する言葉」です。

さっき出てきたcantik(美しい)は形容詞ですね。

tidak cantikにすると「美しくない」という意味になります。

でも、名詞(=人とか場所)は否定できないんですよ。

たとえば、

Orang Jepang(日本人)という言葉さっきでてきましたね。

「日本人じゃない!」と否定したいときは、

Tidak orang Jepangって言えないんです。

日本人じゃない!っていう場合はBukan(ブカン)を使います。

Bukan orang Jepang:日本人じゃない

という意味になります。

だからこの2つの否定し、tidakとbukanの使い分けは初心者はちょっと混乱しがちです。

じゃあ、一個作文してみましょう。

Orang itu bukan orang Indonesia.

これ、訳せますか?

はい、

Orang itu bukan orang Indonesia.
「あの人は、インドネシア人ではありません。」

という意味です。

どうですか。ここまで聞くだけで完璧理解とはいかなくても、だいたいはイメージできましたよね?

あとは慣れるだけなんで、今後の動画もぜひ見てみてくださいね。

そして、いつも言っていますが、知ったこと、わかったことは使って初めて知識になります。

だから、文章を作って使ってみてくださいね!

それじゃあ、Sampai jumpa!(またね!)

2 COMMENTS

Yuka.t

この説明はほんとうにシンプルでわかりやすいです。単語をとっかえひっかえ代入していけば、インドネシア語で無限に作文ができそうです(いや、できる!)。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

メルマガやSNSでは、インドネシア語学習に役立つ最新情報やコンテンツをお届け!是非チェックしてみてくださいね。