12月18日交流会を行います!

ネイティブがよく使うインドネシア語のリアクションや感嘆詞10選

こんにちは、今回はインドネシア人がよく使う、リアクションの時の言葉、感嘆詞「(感心や感動)のあまり発する言葉のこと」について話そうと思います。

実は、うまい!って思わせるインドネシア語ってこういう部分にあったりします。

例えば、日本人がインドネシア人と話して、難しい文章を読めるかどうかは実はあまり気づきにくいです。でも、何かに対して、例えば出てきた料理に対してそのインドネシア人が「うわ~、マジうまそー!」ってリアクションしたら、この人はとっても日本語が流暢だな。って思いますよね。

そんな感じで、あまり学習歴がなくても、難しい文章が読めなくても、自然なインドネシア語のリアクションを取ることは実に簡単ですので、かけた時間に対してリターンがものすごく大きいので、ぜひ覚えましょう!

今回は10個集めました。

一つ目

Asyik !:アスィッ(ク)
(意味:やった、よっしゃ)

嬉しい時のリアクションに使えますね。

例文:Asyik!Besok aku libur !(アスィーッ(ク) ベソッ(ク) アク リブール)
(よっしゃ!あした休みだ!)

※besok:明日、aku:私、libur:休み

他にも、例えば友達に「タピオカ飲みに行こう!」と誘われて、

Asyik:アスィーッ(ク)とちょっと伸ばして言えば、「ええや~ん「そのアイデア」みたいなニュアンスにもなります。

 

二つ目:Aduh…:アドゥ
(意味:ああ、、、あちゃ~)

例文:Aduh, kepalaku sakit.(アドゥ クパラク サキッ(ト)
(意味:ああ、頭痛い。)

※kepalaku:私の頭 ※kepala:頭+ku=aku:私、sakit:痛い

他にも、何かものにぶつけて「いた!」ってニュアンスで「Aduh!(アドゥ)」とリアクションを取れます。ザ!インドネシア人ですね!

 

三つ目:Ya ampun…(ヤアンプーン)
(意味:「まいったなあ」「あちゃ~」)

例文:Ya ampun… Aku lupa PR.(ヤアンプーン アク ルパ ペーエル)
(あちゃ~、宿題忘れちゃった。)

※aku:私、lupa:忘れる、PR:宿題

くわえて、

Ya ampun… jam segini baru datang.
ええ~(マジかよ)、今来た?

jam segini(こんな時間に)、baru(ようやく)、datang(来る)

 

四つ目:Gawat:ガワッ(ト)
(意味:ヤバ、ヤバイ)

Gawat! Dompet aku hilang!(ガワッ(ト) ドンペッ(ト) アク ヒラン)
(ヤバ!サイフなくしたんだけど!)

※dompet:財布、aku:私の、hilang:なくなる

 

五つ目:Bener?(Beneran?)(ブヌル / ブルラン)
(=ほんと?)

Bener(ブヌル)はBenar(ブナル):本当?の崩した形です。

ブナルより「ブヌル」の方が日常会話ではよく使われているイメージです。

で、何かを言われて、「それってホント?」と聞きたいときには?

Benar?(ブナル)(=ホント?)と聞き返すことができるし、

もっと崩してBeneran?(ブルラン)と聞くと「マジで?」といったニュアンスになります。ブヌランの方が自然ですね。

 

六つ目:Masa sih!(マッサ スィ!)
(=まさか!)

Masaは日本語の「まさか」という意味でよく使われます。

マサ!といえば「マサカ」です。覚えておきましょう!

で、後ろにジャカルタ弁の「sih:スィ」をつけたらより語気を強めることができます。

Masa sih! yang benar? Kamu suka dia?(マッサ スィ カム スカ ディア?)
(まさか!マジ?あいつのこと好きなの?)

※kamu:君、suka:好き、dia:彼、彼女

 

七つ目:Enak aja !(エナッ(ク) アジャ)
(=勝手なこと言うなよ!)

Enak(エナック)は「おいしい」という意味なのですが、Enak ajaは「勝手なこと言うな」という意味になります。

例えば、だれかとご飯言って、「今月ボーナスでしょ、あなたのおごりね!」って言われた場合、

「Enak aja!(エナッ(ク) アジャ)=「勝手なこと言うな」って言い返せますね。

何か、相手が都合のいいことを言って来たりしたら、「エナッ(ク) アジャ」と言ってやりましょう!

 

八つ目:Mau gimana lagi…(マウ ギマナ ラギ)
(意味:しゃーない)

これはそのまま覚えましょう。何か「しゃーないできごとがあれば」「Mau gimana lagi…」で行きましょう。

※mau~:~したい、gimana:どう、どのように、lagi:また、再び

 

九つ目:Kok gitu sih?(コッ(ク) ギトゥ スィ)
(意味:なんでやねん?)

これはいろんな場面で使えます。

ツッコミの際のコックギトゥスィもOKだし、だれかノリの悪い人がいたら「Kok gitu sih?」(=なんでそんな感じやねん)みたいなニュアンスでいけます。

 

十個目:Perasaan…(プラサアン…)
(意味:~っぽいんですが…)

レストランで、注文したけど、来ない。

そんな時に「Pesan saya belum datang」=注文が来ていないです。

※pesan:注文、saya:私の、belum~:まだ~ない、datang:来る

あまりに「直接的」で場合によっては相手を傷つけたりするかもしれません。

そんな時に使えるのが、Perasaan(プラサアン)です。

本来は「感情」という意味なのですが、以下のように使えます。

Perasaan, pesan saya belum datang.

これは非常によく使います。(気遣い)

(注文がまだ来てないっぽいんですが…)

と、ちょっとやわらかいニュアンスを与えることができます。

早速今日からリアクションはインドネシア語にしてください。それではSampai jumpa(またね!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

メルマガやSNSでは、インドネシア語学習に役立つ最新情報やコンテンツをお届け!是非チェックしてみてくださいね。