告知!札幌にインドネシア語教室「ちょばちょば」を開講!

突然なのですが、札幌にてインドネシア語教室を開くことになりました。

 

場所は札幌からすぐ近くの中島公園駅から徒歩一分ほどのアクセスは最高です。

 

で、先生は誰が務めるのかというと、ヤンティが先生をやります。

 

YANTI
みんな~よろしくね!!

 

で、このインドネシア語教室を作るにあたって、僕がどんどんわがままを言って、「こんなインドネシア語教室があったらいいな~」というのを全部盛り込んだ教室になりました。

 

タイキが理想とするインドネシア語教室って??

 

そこで、今回のインドネシア語教室はこの以下の僕のワガママを言って作ってもらいました。

 

  1. 絶対に安く!
  2. 目的に会った授業ができる!
  3. 教師のレベルが高い!
  4. アクセス良好!

 

これらのことをすべて盛り込んでいます。

 

というのも、僕自身がインドネシア語教室に通っていて、なんとなく料金が高いな~と感じていたり、場所が遠いな~と思ったり、おいおい、日本語もままならないのに教師はちょっと無理じゃない?といった先生と出会ったり、といったいろんな経験があったからです。

 

たとえば、インドネシア語教室は一時間当たり安くても4000円程度してしまいますし、高いところだと、一回の授業料が8000円もしてしまいます。

 

そんな教室通えるかい!って話で。。。

 

そこで、できたのが「ちょばちょばインドネシア語教室」なんです。

 

「ちょばちょば」ってナンダ??

 

どんな名前にしようか・・・と迷っていたのですが、インドネシア語で響きが良くて、これから頑張ろうって意味も含めてこの名前になりました。

 

cobaは「試す、トライする」って意味を持っています。

 

だからこれからインドネシア語を学ぼうと思ってる人が、少しでもインドネシア語がしゃべれて、インドネシアに行く方や、好きな人、旦那や妻がインドネシア人という方がインドネシア語の勉強をチョバできるように!という思いを込めて名付けました。

 

そんなこんなで、最近は僕が北海道まで足を運んで、ヤンティと一緒にホワイトボードなどを買いに行ったりして忙しくしていました。笑

 

そしてやっと準備が整ったので、札幌でインドネシア語を学びたいと思っている方がいればぜひ連絡をいただければと思います!

 

ちょばちょばインドネシア語教室のシステム

 

で、ちょばちょばインドネシア語教室ってどんなシステムなのかを紹介していきましょう。

 

一回の授業は2時間、料金は4000円(※入会金は5000円)

 

格安にこだわりました、2時間にしたのは、一時間だったら絶対に時間がたりないから。笑

 

もしも、一時間半が希望の場合は3000円からでも対応しています。本当に安い!

 

そして、テキストなどは、自分で使っているものを使いたいならそれでもいいですし、こちらで用意してほしいならそれも可能です。

 

先生は今の所ヤンティが一人でやります。

 

ヤンティは、ジャパネシアのこのブログではふざけまくって、うざいと感じるかもしれませんが、実際は、、、えーっと、、、その通りです。。。笑

 

ただ実力は非常に高く、日本13年住んでおり、日本語はペラペラ、そしてインドネシア最大のインドネシア語教室JCC「ジャカルタコミュニケーション」で教師も長い間つとめており、非常に明るく楽しく勉強ができるのできっとすぐに上達します。僕もヤンティの教え子の一人で、今回の教室のHPを作る際にも口コミを書かせていただきました。

 

YANTI
みんなよろしくね~~!!

 

無料体験実施中

 

そして、最初はどんな感じで勉強をするのか?ヤンティって本当に大丈夫なヤツなのか、ということが不安になってきてしまうかもしれませんが、そんな人にも安心してきていただけるように一時間の無料体験を実施していますので、ぜひぜひお気軽に着てみてくださいね!

 

>>札幌のちょばちょばインドネシア語教室のHPはこちら

ブログで書けない話を!


ブログではなかなかかけない話をメルマガで!
なかなか集まれないインドネシアが大好きな日本人と勉強会を開いたり、おすすめの勉強方法をシェアしたり・・・
そんな情報はこちらから!
今ならプレゼント付!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

TAIKI

インドネシア語学習アドバイザー。Bahasa Indonesia Speech Contest 2016、2017優勝、インドネシア語の勉強法というのがまだまだ難しく、何冊も本を買ったり、先生を変えなきゃいけない現状で、「どうにかスムーズに、しかも楽にインドネシア語を学べる」環境づくりをしています。インドネシア語ウェブメディア【美容メディアkamu cantik】【日本観光メディアperjalanan ke jepang】を運営中。飛行機には慣れません。