JLCクリスマス企画を行います!

Hari ke-1. Apa Harinya Japanesia?

Halo, apa kabar semua? Sebelumnya saya perkenalan diri dulu ya. Nama saya Hari. Saya dan Taiki adalah administrator dari akun Harinya Japanesia ini. Mulai hari ini saya akan tulis cerita tentang saya lewat Harinya Japanesia ini ya. Saya tulis pakai bahasa Indonesia yang gampang dan saya berusaha tidak pakai imbuhan, jadi kalian pasti bisa mengerti. Coba baca dan tiru bahasa Indonesia saya ya. Kalau ada bahasa Indonesia yang susah, kalian bisa tanya ke kami. Silakan tanya apa saja dan kapan saja.

どうも、皆さん、お元気ですか。まず、自己紹介しますね。私はハリです。私とタイキはこのHarinya Japanesiaアカウントの管理者です。今日からこのHarinya Japanesiaを通して私についての話を書き始めますね。私は簡単なインドネシア語を使います。そして接頭辞を使わないように努力しますから、皆さんは絶対理解できます。私のインドネシア語を読んでみて、真似してみてくださいね。難しいインドネシア語があったら、皆さんは私たちに質問することができます。どうぞなんでもいつでも聞いてください。

Sekarang saya tinggal di Tokyo, tapi akhir bulan ini saya mau pulang ke Indonesia. Setelah sampai di Indonesia, saya akan tulis cerita di Harinya Japanesia ini kira-kira 1 minggu 1 kali, tapi kalau ceritanya banyak, mungkin bisa lebih dari itu. Saya cerita tentang keseharian saya, jadi pasti ada banyak kata bahasa Indonesia yang bisa kalian tiru. Belajar bahasa Indonesia memang susah, tapi kalau kalian coba tulis atau bicara dari hal yang mudah secara rutin, kalian pasti bisa bicara pakai bahasa Indonesia lebih cepat. Tidak perlu hafal banyak kata, tapi yang penting bisa pakai kata-kata yang kita tahu dengan maksimal.

今は東京に住んでいますが、月末にインドネシアに帰ります。インドネシアに着いてから、このHarinya Japanesiaに話を週に1回位書きます。しかし、話が多かったら、もっと書くかもしれないです。私は自分の日常について書きますから、皆さんが真似できるインドネシア語がたくさんあるはずです。インドネシア語を勉強することは確かに難しいですが、定期的に簡単なことから書いてみたり、話してみたりしたら、絶対インドネシア語を使ってすぐ話すことができると思います。たくさんの言葉を覚えなくてもいいです。大事なのは知っている言葉を最大限に使えることです。

Hari ini saya tulis bahasa Indonesia yang sedikit susah ya, tapi santai saja, untuk ke depannya saya tulis yang gampang kok. Ok, sampai nanti ya.

今日はちょっと難しいインドネシア語を書きましたね。しかし、安心してください。今後は簡単なものを書きますから。じゃ、またね。

コメントで質問してね!

気になること、分からないこと、単語でも文法のことでもなんでもいいから、記事の下のコメント欄に自由に書いてみてね。

僕たちはきっと返事を書くからさ!

次の記事

14 Comments

濱田

ジャパネアの進化が凄いことになってますね。ハリ日記は画期的で感動です。次を楽しみにしています。

返信する
marie

Selamat malam!
いまlessons12を勉強中の者です。
すごく勉強になります!
ありがとうございます。
dariが難しいなぁと感じました。
最初の段落の3行目adminstator dari~(何でdariなんだろう…)
2つ目の段落の6行目mungkin bisa lebih dari itu(前置詞…通過して、の意味でしょうか?)
11行目の~atau bicara dari hal yang mudah~(dari halでtentangと同じような感じでしょうか?)
宜しくお願いしますm(_ _)m

返信する
TAIKI

marieさん、
あざます!
dari=「から」、英語で言えばfromで訳しがちですけどね。
結構それだけでない訳し方も存在するんですよ。
この場合はdari=「の」って感じ。

lebihは「もっと、より」って意味で、lebih dari(~以上)といった意味になります。

dari hal yang mudah=「簡単なことから」
って意味ですね。
dari hal=「ことから」

p.s.
この場合はdari=「から」なんだ。。。
んーー、難しい。説明うまくできてるかわかんないからハリさんにも聞いてみよう。笑

返信する
Hari

皆さん、初めまして。ハリです。コメントや質問などをありがとうございます。嬉しいです。

濱田さん、コメントをありがとうございます。是非日記を読んでください!^^

Marie さん、Dari 難しいですね。

Taiki の説明、結構いいんじゃないの。

Dari みたいに、インドネシア語の単語が日本語にするとこのように意味の幅が広くなることが多いと思います。

Dari の基本的な意味は、以下の文章に出てくる Dari で、「から」という意味です。

Belajar bahasa Indonesia memang susah, tapi kalau kalian coba tulis atau bicara DARI hal yang mudah secara rutin, kalian pasti bisa bicara pakai bahasa Indonesia lebih cepat.

他の例文も見ましょう。

Dia bekerja dari jam 7 pagi sampai jam 5 sore.
彼は午前7時から午後5時まで仕事をします。
Saya jalan dari Tokyo sampai Yokohama.
私は東京から横浜まで歩きます。

そして、この Dari ですね。

Saya administrator DARI Harinya Japanesia.

この Dari は確かに自分が所属しているところを述べる時の「の」に近いです。他の例文:

Saya ketua dari tim ini.
私はこのチームのリーダーです。
Dia anggota dari tim ini.
彼はこのチームのメンバーです。

最後に、この Dari です。

Setelah sampai di Indonesia, saya akan tulis cerita di Harinya Japanesia ini kira-kira 1 minggu 1 kali, tapi kalau ceritanya banyak, mungkin bisa lebih DARI itu.

この Dari の解釈は、Taiki が説明した通りです。勉強する時は、単独の単語としてより、Lebih と一緒に Lebih dari という固まりとして覚えた方がいいですね。

Marie さんよくDari のバリエーションを観察できたんですね。すごいです。この観察力を活かし、是非インドネシア語で話したり書いたりしてみてください。それに対してフィードバックがもらえると最高ですね。頑張りましょう。

返信する
marie

そうか!考えつきませんでした。
ありがとうございます。
dari奥深いですね。
長い文が読めると、達成感と、すごく上達したような気がしていい気分。笑
毎日少しずつ頑張りまーす。

返信する
青木

Hariさん、タイキさん、ほんとに…毎回、私の心の声が聞こえてるのかと思うぐらい…いろいろと新しい勉強方法をありがとうございます!
検定対策を…と思ってたら、読解力を高めるのにちょうど良さそうな…難しい単語は少ないのに…意味がわからなかった部分も多くありましたが…単語を1つ1つ日本語に直さないで意味を捉える練習になりました。少しずつですが、理解出来てくると楽しくなりますね!これからも楽しみにしています。

返信する
Hari

青木さん、コメントをありがとうございます。日本語もそうですが、インドネシア語も独自の流れがあります。そのうち分かりますので、是非一緒に頑張りましょう ^^/

返信する
けん

初めまして、よろしくお願いします
簡単な質問させていただきますが、本によって違いあり迷いましタ。プルクナルカンとクナルカンの使い方教えてください

返信する
Hari

Halo Ken san,
ご質問をありがとうございます。

Perkenalkan と Kenalkan の違いですね。

教えた経験と母語話者としての経験から言いますと、インドネシア語は、接辞が多いほどフォーマル度が増すということがあると思います。ですので、上記の単語の場合、Kenalkan の方がカジュアルということが言えます。

意味合いに関しては、それほど変わらないと思います。

Perkenalkan, nama saya Hari. と Kenalkan, nama saya Hari. から伝わることは同じですね。

使い方に関しては、上記のように初対面で使えます。使うパターンはいろいろありますが、いくつかご紹介します。場面は初対面の人と話す時にしましょう。

– Kenalkan, nama saya Hari.
– Kenalkan, saya Hari.
– Halo, kenalkan, saya Hari.

※ Kenalkan のところをPerkenalkan に置き換えてももちろんオッケーです。
※ 先ほど書いたように、Kenalkan は カジュアルで、Perkenalkan はフォーマルです。

ちょっとワンアップしますと、実際の会話では、Kenalkan は Kenalin で言われることもあります。これは Kenalkan よりカジュアルな形式で、普通の会話ではよく使われます。

また、Kenalkan と Perkenalkan は他の人を紹介する時も使えます。使うパターンはこんな感じです。

– Kenalkan ini teman saya. (友達を他人に会わせながら言う感じです。)
– Kenalkan ini teman saya, namanya Tanaka san. (紹介される友達の名前を言うこともオッケーです)

フォーマルな場面では、Perkenalkan に変えてもオッケーですが、変えずに Kenalkan を使っても大丈夫です。そもそもインドネシアで普通の会話ではフォーマルな場面はあまりないと思います。^^

こんな感じですが、いかがでしょうか。

返信する
青木

こんにちは。ずっと放置していて…検定前に慌ててやりだしてます…いきなり、つまづきました。(^^;;
辞書がなくスマホのアプリで調べてるせいもありますが…selelahが「疲れた」…とでます。Selelah sampai di Indonesia…訳はインドネシアに着いてから…となりますが…どう言う意味がふくまれてるのでしょうか?imbuhanも「貼ります、接辞」ってでます。翻訳アプリだと限界があるのか…インドネシア語の解釈は奥が深いですね(^^;;

返信する
Hari

青木さん、どうもお久しぶりです。
おそらく selelah ではなく setelah なんですかね。setelah sampai di Indonesia の訳は、その通り、「インドネシアに着いたら」です。

返信する
青木

え〜スペルが間違ってたんですね〜お恥ずかしいです(^^;;もしかして…ハリ先生…日本の生活が疲れて帰るのかと思いました(^^;;笑
ハリ先生の絶対にわかるようになるという言葉を信じて頑張ります(^^)

返信する
Hari

青木さん、
スペル間違いは、私もよくやっちゃいます。^^;
日本の生活は楽しかったですよ。是非また行きたい!
インドネシア語を一緒に頑張りましょう!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください