ジャパネシアのオンライン学校

絶対に使いまくる!「~してください」など頻出インドネシア語命令形3選

今回はインドネシア語の命令文について話します。

命令文は簡単に言えば、相手に命令する、つまり何か行動をうながす言葉ですね。

フレーズをいくつか覚えるだけですぐに使えるので、一緒に学びましょう。

 

\Tolong(トロン)/

Tolong(トロン):~してください

これ、Tolong!(トロン)と叫べば
Help meの意味になるって以前、言いましたね。

これを命令形の時には使います。

文章のつくり方はカンタン!

後ろに動詞を付けるだけ

Tolong masuk.(トロン マスッ(ク))
入ってください。

※masuk:入る

Tolong buka pintu.(トロン ブカ ピントゥ)
ドアをあけてください。

※buka~:~を開ける
pintu:ドア

Tolong panggil taksi!(トロン パンギ(ル) タクスィ)
タクシーを呼んでください。

panggil~:~を呼ぶ
taksi:タクシー

で、Tolongを使った命令文は非常に丁寧な形です。

友達にお願いするときにはもっとカジュアルでいいと思います。

 

\-lahも使える/

Tulislah bahasa Indoensia.(トゥリスラー バハサ インドネスィア)
インドネシア語を書きな。

これは、Tulis(トゥリス):書く
という動詞の後に-lahを付けて命令形にしています。

あとは、よく聞くのが

Makanlah!(マカンラー)
食べな!

「makan:食べる」に-lahがついて命令形になっています。

丁寧に言いたければ、Tolong makanでいいわけです。

でも、Tolong makanってあまり言わないですね。

相手に行動を促す際には、Silahkan(スィラカン)というフレーズを使います。

 

\Silahkan(シラカン)/

意味は「どうぞ~してください」

という意味です。

Silahkan makan.(スィラカン マカン)
どうぞお食べください。

Silahkan masuk.(スィラカン マスッ(ク))
どうぞお入りください。

イメージつかめましたか、相手に「どうぞ」と行動を促す際に使える言葉です。

「どうぞ!」と言いたい場合は一言「silahkan」と言えばいいです。

で、

このsilahkanをもっとカジュアルにしたければ、Coba(チョバ)を使えばいいかと思います。

 

\Coba(チョバ)/

聞いたことありますか?

Coba(チョバ):試す、やってみる、トライ
といった意味です。

だから、

Coba makan(チョバ マカン):食べてみ!

といった意味になるので、これは友達とか年下には使ってもいいですね。

じゃあ、聞きたいことがありましたら下のコメント欄より、

Silahkan tanya apa saja!(なんでも聞いてくださいね!)

※tanya:聞く、質問する
apa saja:なんでも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

\もっとインドネシアを知りたいひとはこちら/

メルマガやSNSでは、インドネシア語学習に役立つ最新情報やコンテンツをお届け!是非チェックしてみてくださいね。