2020年1月12日(日)インドネシア語検定に向けて!

SNSで話題!ソロで日本人経営の「たこ焼き屋」にティファニーが潜入!

日本語Bahasa Indonesia

みなさん!ちわっす!

 

Tiffahniです。みんな元気~~~?

 

分かりますか?ここはソロですよ。私が住んでる場所・・・

 

ええと、何やら?今日は?ソロで超人気のたこ焼き屋があるということで、早速遊びに行ってみよううと思います。SNS見たらめっちゃ繁盛してて、気になってしかたないんだよな~。

 

ああ、昨日の夜からたこ焼きが頭から離れねえ。ってなわけで早速行くぞ!

ってか、考えてみればヘルメットもたこ焼きの形だ。早く食べた~~い!

よし、準備万端っと。

バイクのメーターもたこ焼きの形・・・腹が、腹が減った。

 

じゃあ、早速バイク飛ばすぞ!ついてこい!

家からなんと10分!キターーーーーー!!!!!

こんなローカルな場所にホントにあるのか・・・

 

Wow!!! TAKOYAKI(たこやき)ってかいてある!!!

めっちゃ可愛いじゃん!!! TUTUP(閉まってる)だけど入ってみよう!

お~~!仕込みが始まった!店長の仕込みが始まってる!日本人だ。お邪魔しまーす!

お!生地作ってる!

おおおー、まさかソロで日本のたこ焼きが見れるとは!

かつお節キターーー!!!

ビ・・・美味・・・ってか、え!気づいたらお客さんで一杯!

大繁盛でお客さんでごった返しています。

にしてもこの人込みはすごいな・・・

 

ちょっといろいろ聞いてみたいけど、忙しすぎて、聞けない・・・どうしよ・・・

Tiffahni!待ちます!

お、たこ焼き以外もあるのか!待ち時間に食いまくるぞ!

ちょっと厨房も撮らせてもらいました!

本格ラーメンもペロリ!

ってか夜じゃん、あ、あのーちょっと話聞かせてほしいんですけど・・・

お、もう少しで終わるから~~。待ってて!

お!了解です!

というわけでインタビューをさせてもらったよ!

今日はすみません、ずっとお邪魔してました。たこ焼き美味しかったです!

いろいろ聞かせていただきたいんですが、名前はなんとおっしゃいますか?

Hadaさん
Hada Hiroshiといいます。
なんで「たこ焼き屋」を始めようと思ったのでしょうか?
Hadaさん
私の料理がおいしいから「売ってみたら?」と妻に言われたんです。最初は学校の生徒たちにだけ販売していました。

たこ焼き1個、中身なしで500ルピア(日本円で5円程度)で。それから、タコを入れて値段をちょっと上げて販売してみたんです。

いつから本格的にたこ焼きを売り始めたのですか?
Hadaさん
ええと、2019年の7月からですね。
すべての工程をハダさんが行ってるのですか?
Hadaさん
ラーメンを作る時には手伝ってくれる人がいます。たこ焼きに関してはまだ任せられる人がいないですし、違う人が作ることによって味が変わってしまうのは避けたいと思ってて、、、あ、餃子も私が作ってます。

餃子もあるよ!

なるほど、どうりでめちゃくちゃ忙しいわけだ。。。

あ、そういえば、どこでたこ焼きの作り方を学んだんですか?

Hadaさん
日本人は自分でたこ焼きを焼くから、結構みんな作れますよ。笑
ああ、そっか!笑

でもたこ焼きって、インドネシアではメジャーではないし、材料をそろえるのが大変だと思うのですが、材料はどうやってそろえていますか?

Hadaさん
インドネシアのオンラインショップで買っています。実は、日本の味とかなり似ているんですよ。
そうなんですね!

あ、お店を始める前、ハダさんは何をしてらっしゃったんですか?

Hadaさん
養鶏場で働いていました。で、インドネシアに来て、ブラブラするのがいやだったんで、家を作るアルバイトをよくしていましたね。
え?お仕事されてたんですか?

ということは、インドネシア人とコミュニケーションを取らなきゃいけないと思うのですが。。。その、どうやってコミュニケーション取るんですか?

Hadaさん
スマホで。グーグル翻訳を使ってコミュニケーション取ってましたよ。
こ、この人すごい。。。

旅行客もほとんどいない「ソロ」という場所を選んだのはなぜですか?

Hadaさん
あ、それは妻の故郷がソロだったからです。最初はブカシに住んでいたのですが、暑くて、空気も臭かったのでソロに来ました。ああ、もうブカシには戻りたくないですね。
じゃあ、ずっとインドネシアにいるってことですね。日本が恋しくならないですか?冬の日本とか素敵じゃないですか!
Hadaさん
ハハハ、最初は私もそう思ってましたよ。毎日暑くて、ここにずっと住めるのかな~って思ってたけど、朝晩は涼しいし、今はもう慣れちゃいましたね。
じゃあ、日本を懐かしく思うことって何でしょうか?
Hadaさん
ああ、生卵は懐かしいですね~。

ほら、ここだと生卵は食べられないじゃないですか。あ、あと魚釣りもやりたいなあ、日本だと釣りスポットとか、魚の種類が分かりますけど、ここだとさっぱりです。

生卵はインドネシアで食べるとちょっと危ないですね。。。

じゃあ、インドネシアで好きな食べ物ってありますか?

Hadaさん
あ、インドネシアのフルーツはおいしいですね。ミーアヤムも好きですよ。屋台から家に帰る途中によくミーアヤムとかナシゴレンとか買ったり、、、あっ、あとミーゴレンを買います!
えー、ほとんど私と同じ感じの食生活ですね!

今ではこんなに人気なこのたこ焼き屋さんですが、人気の秘訣ってズバリなんですか?

Hadaさん
実は、日本語ができる方もいらっしゃるんです。彼らはインスタに料理をアップしてくれて、それが売り上げにつながっています。開店当初は一日に2箱たこ焼きの生地を準備すればよかったのですが、今では15箱は必要になりましたね。
ス、すごすぎ、インドネシアのSNS拡散力!

なるほど!そういえば、インドネシア語ができないって言ってましたけど、できなくて困ることってないんですか?

Hadaさん
ないです。困った時は妻が助けてくれますし、このあたりの方はみんな私に親切にしてくれるので問題ないです。Tiffahniさんのように優しいですね。みんな。
え?(〃▽〃)ポッ

えっへん!あ、奥さんとはどこで出会ったんですか?

Hadaさん
会ったのは日本です。子供も4人いるんですよ。一番上は18歳になります。下はまだ小学生です。
日本で出会ったんですね。幸せですね!

じゃあ、最後の質問にさせていただきます!このままこれからもたこ焼き屋さんをやられるんですよね、将来やってみたいこととかあるんですか?

Hadaさん
もちろん、これからももっとおいしいたこ焼きを焼き続けたいと思ってます。で、インドネシアに家も建てたいですね!

まとめ

奥様の古郷がたまたまソロだったからたこ焼きをソロではじめたというハダさん。

まさか、グーグル翻訳を使って、最初はコミュニケーションをとっていたのには驚きました!

SNSで流行っているのを知って急に思いついたインタビュー企画でアポなし突撃させていただいたにもかかわらず、閉店後にインタビューまで答えてくださってハダさん。優しすぎます!テリマカシー!

場所

また、ローカルで面白いことがあればTiffahni!突撃します!

 

ぜひ足を運んでみてね!

Halo semua! ‘Met siang!

 

Saya Tiffahni. Pa kaba~~~r?

 

Tau gak? Di sini kota Solo. Tempat saya tinggal…

 

Hari ini mau ngapain ya? Di Solo ada toko takoyaki yang terkenal banget jadi saya mau pergi ke sana. Kalau lihat di sosmed sih laris banget, sampai jadi penasaran~

 

Aaaah, dari kemarin malem gak bisa berhenti mikirin takoyaki. Kalau begitu langsung kita cabut yuk!

Btw bentuknya helm kayak takoyaki ya. Pengen cepet maka~~n!

Ok, persiapan mantap!

Meteran motornya juga berbentuk takoyaki…. pe, perutku lapar.

 

OK, langsung kita cus! Yuk ikut!

Dari rumah cuma 10 menit! Ini dia!!!!!

Beneran ada di tempat terpencil gini..?

 

Wow!! Ada tulisan TAKOYAKI!

Lucunya~~! Masih tutup sih tapi coba masuk ah!

Ohhhh! Persiapannya sudah dimulai! Bapaknya sudah mulai siap-siap nih! Orang jepang ya. Permisiiii!

Oh! Sedang membuat adonan ya!

Ooooohhhh, gak nyangka bisa lihat takoyaki Jepang di Solo!

Katsuobushi! Yeeeey!!!

E… enak… eh! Baru ngeh kalau pembelinya sudah banyak!

Laris sekali dan penuh dengan pelanggan.

Banyak sekali orang berkumpul…

 

Pingin tanya ini itu sih, tapi sibuk sekali, jadi gak bisa tanya-tanya… gimana donk…

Tiffahni! Akan terus menunggu!

Oh, selain takoyaki ada yang lain ya! Sambil nunggu makan yang banyak ah!

Ambil foto dulu!

Ramen asli Jepang juga lahap dimakan!

eh udah malem kan… ma, maaf, boleh saya tanya-tanya dulu…

Bentar lagi selesai kok! Tunggu ya!

Oh! Siap Bos!

Jadi saya dikasih kesempatan untuk mewawancarai penjual takoyaki di Solo yaitu Bapak Hada!

Maaf saya mengganggu terus hari ini. Takoyakinya enak banget pak!

Hari ini saya ingin tanya-tanya ke Bapak. Bapak namanya siapa?

Hadaさん
Nama saya Hada Hiroshi.
Kenapa bapak mulai berjualan Takoyaki?
Hadaさん
Kata istri masakan bapak enak jadi kenapa tidak coba jualan saja.

Awalnya jualan hanya untuk murid murid sekolah. Jual takoyaki tanpa isi seharga 500 untuk 1 biji. Lalu coba jual pakai isi gurita dan harganya dinaikkan sedikit.

Sejak kapan mulai berjualan takoyaki pak?
Hadaさん
Hmm, sejak Juli 2019 ya.
Semua kerjaan bapak yang kerjakan?
Hadaさん
Ada orang yang membantu membuat ramen.

Untuk takoyaki belum ada orang yang bisa saya mintai tolong, karena kalau orang yang membuat berbeda rasanya bisa berubah juga. Oh ya, gyouzanya juga saya yang buat.

Buat gyouza juga ya!

Hadaさん
Untuk ramen sudah ada yang membantu. Untuk Takoyaki belum ada yang bisa membuatnya dengan benar. saya tidak mau rasanya berubah karena orang yang membuatnya berbeda. (gyouza juga bapak yang buat)
Oh gitu, pantesan sibuk sekali ya…

Ngomong-ngomong, di mana bapak belajar cara membuat takoyaki?

Hadaさん
Orang Jepang suka membuat takoyaki sendiri, jadi semuanya bisa bikin hahaha
Oooh gitu ya! Hehe

Tapi di Indonesia takoyaki bukan makanan umum kan, saya pikir akan susah untuk mendapatkan bahan-bahannya, dari mana bapak mengumpulkan bahan-bahan takoyakinya?

Hadaさん
Saya beli di toko online. Sebenarnya, rasanya mirip dengan rasa di Jepang.
Oooh begitu!

Sebelum membuka toko, bapak melakukan pekerjaan apa?

Hadaさん
Saya bekerja di peternakan ayam. Lalu saya ke Indonesia. Saya tidak suka menganggur, jadi saya kerja paruh waktu di pembangunan rumah.
Eh? Bapak bekerjaa?

Kalau begitu, bapak harus berkomunikasi dengan orang Indonesia kan.. Bagaimana caranya?

Hadaさん
Pakai smartphone. Komunikasinya pakai Google Translate.
Ba, bapak ini luar biasa…

Di Solo kan tidak banyak turis yang datang lalu kenapa memilih di sini?

Hadaさん
Soalnya kampung halaman istri saya di Solo. Awalnya tinggal di Bekasi, tapi panas sekali, udaranya juga bau jadinya pindah ke solo. Saya sudah tidak mau kembali ke Bekasi ya..
Soalnya kampung halaman istri saya di Solo. Awalnya tinggal di Bekasi, tapi panas sekali, udaranya juga bau jadinya pindah ke solo. Saya sudah tidak mau kembali ke Bekasi ya..
Hadaさん
Hahaha, awalnya saya juga berpikir begitu. Saya pikir, setiap hari panas, apa bisa terus tinggal di sini ya… Tapi pagi dan malamnya sejuk, dan saya juga sudah mulai terbiasa.
Kalau begitu, hal apa yang bapak rindukan di Jepang?
Hadaさん
Aah, saya rindu dengan telur mentah.

Kalau di sini telur mentahnya tidak bisa dimakan kan? Oh, saya juga suka memancing ikan, kalau di Jepang saya tau tempat memancing, dan juga jenis-jenis ikannya, kalau di sini sama sekali tidak mengerti.

Makan telur mentah di Indonesia sedikit berbahaya ya…Bapak suka masakan Indonesia apa?
Hadaさん
Saya suka buah-buahan Indonesia! Mie Ayam juga saya suka. Pulang dari warung saya suka beli mie ayam, nasi goreng, mie goreng juga suka!
Wah, sama dengan makanan saya ya pak!

Sekarang toko bapak sangat terkenal kan, menuruk bapak apa rahasianya?

Hadaさん
Sebenarnya, ada orang yang bisa berbahasa Jepang yang datang ke sini.

Dia meng-upload foto ke Instagram, makanya penjualan jadi meningkat.

Awal membuka toko kami cukup menyiapkan 2 kotak adonan takoyaki sehari, kalau sekarang perlu 15 kotak.

Luar biasa.. kemampuan penyebaran di sosmed Indonesia!

Begitu ya! Omong-omong, bapak bilang tidak bisa berbahasa Indonesia kan, apa tidak ada hal-hal yang menyulitkan?

Hadaさん
Tidak ya. Saat ada yang susah istri membantu saya, orang-orang sekitar juga baik kepada saya jadi tidak ada masalah. Semuanya baik. Seperti Tiffahni.
Hehe! (〃▽〃)

….Oh ya, bapak bertemu istri di mana?

Hadaさん
Ketemu di Jepang. Saya ada anak 4. Yang paling tua usia 18 tahun. Yang kecil masih SD.
Pertanyaan terakhir! Bapak bisa berjualan terus takoyaki seperti sekarang ya, apa ada hal yang ingin dilakukan di masa depan?
Hadaさん
Tentu saja saya ingin terus membuat takoyaki yang lebih enak lagi! dan saya juga ingin membangun rumah di Indonesia.

Kesimpulan

Bapak hada, pembuat takoyaki di Solo, kampung halaman istrinya.

Gak disangka, bisa berkomunikasi dengan menggunakan Google Translate saja!

Lihat toko viral di sosmed, lalu tiba-tiba saja kepikiran datang dan minta izin untuk wawancara, bahkan sampai toko tutup Pak Hada juga tetap mengizinkan dan menjawab interview dari saya. Bapak baik sekali! Terima kasih!

Lokasi

Kalau ada hal yang menarik lagi di sekitar Solo, Tiffahni akan langsung menuju ke sana!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください