Persiapan Mendaki Gunung

テスト
資料

   Pada libur awal tahun nanti, PT. Sakura mengadakan kegiatan mendaki gunung. Pak ___(a)___ bagian meminta setiap karyawannya untuk (1)membawa barang yang diperlukan. Paijo dan Koji tergabung dalam satu kelompok, bersama dengan Sari dan Emi. Setelah itu, ___(b)___ menentukan barang yang harus dibawa. Sehari sebelum keberangkatan, Paijo (2)datang ke rumah Koji untuk membantu menyiapkan barang yang harus dibawa.

Paijo : Halo Koji, apakah barang-barangmu sudah siap? Apa mau saya bantu?
Koji : Hai Paijo. Aku belum selesai menyiapkan barang-barangku. Terima kasih sudah mau membantu.
Paijo : Apa kamu mau membawa jaket? Sepertinya suhu di gunung cukup dingin, sekitar 15°C.
Koji : Oh, menurutku itu tidak ___(c)___ dingin, jadi sepertinya tidak perlu.
Paijo : Baiklah, bagaimana dengan kopi ? Untuk diminum saat melihat bintang di gunung.
Koji : Saya akan membawa teh untuk minumannya. Kopinya untukmu saja.
Paijo : OK, terima kasih. Bagaimana dengan makanannya?
Koji : Saya ingin membawa onigiri yang (3)banyak saja.
Paijo : Wah, kalau begitu saya akan bawa ayam bakar ya.
Koji : Asik, ada ayam bakar, Terima kasih.

   Setelah itu, barang-barang tersebut dimasukkan ke dalam tas masing-masing yang sudah terisi dengan baju dan celana. Agar tidak bangun kesiangan, Koji memutuskan untuk menginap di rumah Paijo.

*Bangun kesiangan = 寝坊する

 次の年始休暇に、サクラ株式会社は登山イベントを行う。課長は各従業員に必要な物を持ってくるように求めた。パイジョとコウジはサリとエミと共に1つのグループとなった。その後、彼らは持っていくべき荷物を決めた。出発の前日に、パイジョは持っていくべき荷物の準備を手伝うために、コウジの家を訪れた。

Paijo : よう、コウジ、荷物の準備はもうできた?何か手伝おうか?
Koji : やぁ、パイジョ。 僕の荷物の準備がまだ終わらないんだ。手伝おうとしてくれてありがとう。
Paijo : ジャケットは持っていくの?山の温度は15℃くらいで、かなり寒いみたいだよ。
Koji : あぁ、僕にとってはそんなに寒くないから持っていく必要はなさそうだ。
Paijo : 分かったよ、コーヒーはどうする?山で星を見る時に飲む用に。
Koji : 僕は飲み物はお茶を持っていくよ。そのコーヒーは君ね。
Paijo : オッケー、ありがとう。食べ物はどうする?
Koji : 沢山おにぎりを持っていくよ。
Paijo : わぁ、じゃあ僕は焼鳥を持っていくよ。
Koji : やった~、焼き鳥があるんだ。ありがとう。

 そして、それらの荷物を上着とズボンが入った、それぞれの鞄の中に入れた。寝坊しないように、コウジはパイジョの家に泊まることにした。