インドネシア語の勉強を始めてしばらくたった、ジャパネシアの入門者向けのブログ読んだり動画を見たりして、店員さんと会話ができた、楽しかった!友達と話せた、うれしかった!

 

悩みながらもちゃんと成長している実感ができている。

 

最近はオンラインインドネシア語でちょっとしたおしゃべりもできるようになった。

 

結構楽しい!

 

でも、

 

上手く話せないことが多い

インドネシア語が速くて聞き取れない

文法がニガテでちょっと避けている

 

だから、インドネシア人に話しかけられて、ちょっとした挨拶を交わした後、

 

「インドネシア語上手だね~。」と言われて

 

「Iya,,, Sedikit saja~~.」とちょっと笑いを取って、それ以上の発展はしない、そもそもそれ以上が怖い。

 

ギクっとしたあなた、大丈夫です。みんな通る道ですから!

 

実はこういったことを解決するために書きました。

 

今回はJLCの初級コースについての無駄なく【脱初心者】を目指すためのコツをお伝えできればと思います。

 

こんなことありません?

\言いたいことを難しく考え、頭がグッチャグチャ。。。/

言いたいことをインドネシア語にしようとするとなぜか難しく考えてしまって、頭がパンパンに。。。

結果、言葉が出てこず会話も弾まない。→会話怖い。。。

そんな人は「できる限りシンプルな表現」を探してください。

とはいっても自分で簡単にできることではないですよね。

そこでおすすめなのが「瞬間インドネシア語作文」です。

瞬間インドネシア語作文は「スピーキング」に特化した教材です。

日本語→インドネシア語の順番で読み上げられるので慣れてきたら音声をダウンロードして聞き流しすることもできます。

会話が苦手、続かない、うまく文章を組み立てられない方におすすめです。

日常会話やスラングはもちろん、特定の文法など「一動画一テーマ」で学ぶことができます。

固い表現も、カジュアル表現も交えて作っており、シンプルフレーズなのでそのまま実際の会話に応用しやすいです。

何気ない日常会話の場面、何か質問する時、このような場面で自然に出てくる言葉を増やすことで会話力は一気にアップします。

実は、初級段階では新しいことを覚えるよりも、先に覚えたであろうことを何回も使うことに注力したほうが 会話の上達は早くなります。

シンプルフレーズも多いし、様々なシチュエーションで使えるインドネシア語を1000フレーズも用意しており、シンプル表現を心がけていますのでぜひ使い倒してください。

\え?ついてけない。。。/

次によく聞く悩みがネイティブのスピードについていけない問題です。これはスピードだけではなく、語彙が分からない可能性もあります。

僕も複数人で話してて、自分だけ取り残されて存在を消す、わかってないけど「うんうん」うなずいたりなんかして、そんな苦い経験がたくさんあります。

これはつらい。笑

「聞き取れなければ」スピーキングをする機会すら巡ってはこないんです。

だからこそリスニングは重要です。

初心者がインドネシア語恐怖症にならないためにJLCリスニング教材を作りました。

テスト形式にしておりすぐに解答・解説を確認できます。

CDを毎回セットしたり、パソコンからスマホに入れるなんて面倒じゃないですか。

だから、すぐに聞けるし、端末でのダウンロードも可能にしてニガテなリスニング文章はいつでも聞くことができるようにしています。

初級者向けのリスニングコースは「短いインドネシア語のセンテンスに対して、もっとも自然な返答を選ぶ。」というものです。

写真があった「入門者向けリスニング」と違い「音声のみ」となります。

短い文章なので解きやすいが、瞬時に聞いた文章をイメージする能力が問われます。

解けば解くほど慣れてくるので毎日少しずつやっていきましょう!

\ちゃんと喋る人なんていない問題/

検定のリスニングや教科書のCDなどを聞いていると、めちゃくちゃ「ゆっくり・はっきり・丁寧に」読み上げてくれます。

こんなこと、実際の会話場面ではありえません。

ネイティブ同士の会話は略されるし、冗談も多いし、スラングも多用されており、教科書とのギャップがものすごいです。

このような話し方に慣れなければ、ネイティブの自然な会話はいつまで経ってもわかりません。

あんなに勉強したはずのインドネシア語が日常会話に登場する可能性は低く、逆に日常会話でしか使われない表現というものが存在します

なるべくネイティブの日常会話を聞くためにYouTubeを見たりドラマを見たりしてもわかるはずがありません。

だって知らないから。笑

この「おそらく全インドネシア語学習者が抱えるであろう悩み」を解決したいと思い作ったのが「ケンとユキのめらぷてぃ☆」です。

こちらは「カジュアル表現」に特化した動画教材です。

日本語訳がすぐに確認でき、単語テスト機能もついているので楽しみながらネイティブのインドネシア語を学べます。

日常表現を学べるほか、翻訳家でもありJLCの翻訳授業を担当しているAmy林講師の文法講座があります。

そのトピックで出てきた文法を学ぶことができます。

JLC翻訳授業で担当でインドネシア語の翻訳家である林講師の文法解説付き

この文法解説、絶対に見てください!めちゃくちゃわかりやすいです!さすがAmy林講師。

僕はAmy林講師の講座の生徒でして、その教え方の上手さはもちろんですが、人当たりの良さや学習者目線に立って教えてくれる優しさにほれ込み「ぜひジャパネシアでも教えてください!」とお願いしJLCの講師として参加してもらいました。

ケンとユキのめらぷてぃ☆の文法解説では日本人学習者がつまづきやすい難解な文法、例えば共接辞のme-kanや、接頭辞memper-などはもちろん、教科書ではなかなか扱わない文法の解説などめちゃくちゃわかりやすく解説されています。

何度読んでもわからない文法書を読むぐらいであれば、この文法解説を1度見てください。

きっと初級者レベルから上級レベルの方まで役に立つはずです。

コロナでなかなかインドネシアに行けない昨今、ケンとユキと一緒にインドネシアライフに入り込んで、存分にインドネシア語のシャワーを浴びて、楽しんでもらえればうれしいです。

無料でエピソード1~15話まで公開中(全152話)

\もちろん地道な基本学習も/

初級者向け語彙・文法は穴埋め問題で、入門者向けよりも少しレベルは上がって、検定で言えばD級レベルの語彙・文法が問われます。

並び替え問題や類義語・反義語なども問われます。なお、文脈で判断しなければならないため短い文章を正しく読む知識も問われます。

地道な学習ですが、解答後すぐに解説・日本語訳が見られるので面倒な辞書で調べたり、いちいちつまづくことがないので気軽に問題を解くことができます。

問題数は随時追加しております!

\初級者向けのおすすめ授業​​/

初級者向けの授業はTias講師「初級者向け授業」とAmy林講師の「読解翻訳授業」です。

入門者向けよりも少し難しいので、簡単なインドネシア語を読めたり、会話ができる方におすすめです。もちろん最近インドネシア語を始めたばかりの方にもおすすめで、毎回違ったトピックに応じた学習で、様々な分野で使われるインドネシア語や表現を知ることができます。

読解翻訳授業はAmy林講師とティファニー講師の二人体制で、講師がピックアップした記事を一緒に読み進め、日本人だけでわからない箇所はインドネシア人講師のバックアップの元、一緒に楽しく解消してもらえます。

長文が苦手だったり、一人で長文をするのはつらすぎる。。。そんな方はぜひご参加ください。もちろん「見るだけ参加」もOKです!

Tias講師はソロ地区で日本語学校の教師をしております。初級レベルの授業を担当しており、資料なども用意しております、読解から文法学習まで幅広い学習を行っております。

ぜひ参加してくださいね!

積極的に脱初心者を目指しましょう!

コメントする