ライブ授業・過去授業見放題・手帳付き・1980円/月(初月無料)

検定にもよく出る!インドネシア語の類義語・反対語

 

Ayu
今回は類義語&反義語、これは本当に検定で出てくるから、ちょっと紹介しておくね!
Taiki
検定ではどんな風にでるの?
Ayu
例えば、○○の単語の類義語は何?みたいな感じで、C級以上になると問題もインドネシア語ってことがほとんどだけど、かなりの確率でこの手の問題は出てるからちゃんと学んでおこう!

Taiki
おお、あまり聞きなれない単語だね。
Ayu
Sinominが類義語、Antonimが反義語だよ。

Ayu
今回はSulitとGampangの類義語から始めたよ。

Ayu
例文を使って確認もしよう。みんな分かるかな?

Taiki
Tajir=お金持ち、Melarat=貧乏なんて初めて聞いたよ。
Ayu
この手の問題が検定で出たらラッキー!だって、知ってるだけで点をかせげるんだから!
Taiki
なるほど。

Taiki
こんな感じで類義語を比較しながら確認ができるからきっと頭に入るね。
Ayu
で、私の授業では最後に聴解練習があるの。
Taiki
聴解、つまりリスニングか。
Ayu
私が読んで、それを理解してもらうというもの。やっぱり耳を慣らすことは重要だからね。

Taiki
類義語・反義語、それから聴解練習まで、かなり検定向けだね。
Ayu
そうそう、もちろんネイティブと上手に会話するためにもきっと役に立つよ。
Ayu
ジャパネシアの検定対策を一緒にやるとなおよし!ぜひ頑張ってね!
【読むだけで合格率アップ】インドネシア語検定C級対策の決定版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください